FC2ブログ
≪ 2018 08   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2018 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

「アイがフェラ嫌いなのは知ってるけど 俺には通用しないから」

【面白そうな人】の俺様な態度に 私のMが 従順に彼の股間に顔を埋める




女に男のツボを教え 女の収入を副業にしていた彼は

私にその話をしながら 以前私にも教えを説いた そして

「一緒に組まないか? アイなら需要あると思うよ」

意地っ張りな私は その誘いを断り 未だに男性への奉仕的収入には

足を踏み入れていない

「丁寧だね 疲れたら手を使えばいいのに・・・」

「・・・・・」

「あぁ・・・性欲湧いてきた」

女の私と会っても その気が無かったことに

彼の言葉の端々から 読み取れる

「性欲無いなんて 羨ましいよ」

本気とも嫌味とも取れる言葉を 彼に投げかける

そんな彼に 私までつられて乾いてくるから

たっぷりと唾液をつけ 彼に跨り ゆっくりと腰を沈める




イケない体質を払拭したいのと 時折調子がいい時を期待し

彼にも期待をかけていたが 動いて欲しくない時ほど 男は動きたがる

元々濡れが悪かったことで 擦れる度 痛みが伴っていく

今日は・・・無理かな

「イっていい?」

「うん」

諦め 痛みに負けて 彼を抱きしめる

そのまま 眠りにつく二人




時間が気になり 時々目を覚ます度に

腕枕をしている彼の手の温もりを ずっと私の肩に感じ

彼の優しさに また眠りについていた

結局 目を覚ますまで私を抱きしめていたことで

私は急に 自分の置かれてる立場を道徳的に客観視してしまう

「優しくされると こんなオバサンでごめんとか 胸が小さくてごめんとか

 急に我に返っちゃうよ・・・」

「何言ってんのww 嫌だったら嫌って言うし 気い使うなよ」

それまでは 男なんて やれりゃ~いいだけの 

故に 女も やらせてあげてる風な 高飛車に感じていたのが

若い子が 他にいっぱいいて 胸の大きな女性もいっぱいいて

どうして私なんかと・・・なんて 申し訳なくなるなんて

優しくされないと気づかないほど 麻痺していたのか




「イってないでしょ?」

「うん いいよ いつものことだから」

「イったことあるよね?」

「うん 上で///」

覚えてた・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ
関連記事


【六本木ナンパ@ナンパ無双さま】
来訪ありがとうございます
ブログを読み コメントさせてもらおうとしましたが
名前とアドレス未記入でエラーになりますので
こちらにて失礼します

ナンパ師ブログは 以前から好きで見ていましたが
お気に入りのナンパ師が ナンパもブログも休止していたので
ブログから遠ざかっていました

女性への視点が勉強になったり
可笑しな話ですけど 私にも男性気質があるようで
同調したりと 別世界とは思えない領域に感じています

【】
はじめまして!街ナンパというブログを運営しております
ナンパ無双と申します。

心理がていねいに描かれていて、ついつい読み込んでしまいました。
ぜひ続きが見たいブログです。

私のブログもぜひご覧になってください。
この記事へコメントする















現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
[ジャンルランキング]
恋愛
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
69位
アクセスランキングを見る>>
QR