FC2ブログ
≪ 2019 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2020 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

おうちに帰った・・・ww

【調教師】に会うと 結局それまでの寂しさを忘れ

またそれを 彼に訴えることも無く 上機嫌になって帰って行く私




「帰らなきゃ・・・」

「お風呂は?」

「入らない」

だって 彼の匂いが消えちゃう・・・

「一緒に入ろう~」

「・・・・・」

自分で寂しがり屋を公言してた彼

嘘くさいけど そこを可愛いと思えるのは 私に大きな息子がいて

思わず重ねてしまうから・・・




「洗って」

「・・・・・」

「もっとこう・・・」

「あn・・・あ・・・ん・・・あ・・・」

ボディソープの滑りの良さに 抱きしめても抱きしめても

すり抜ける儚さが・・・興奮をもたらす

直々に指導されちゃ~・・・しょうがないなぁ・・・

彼を後ろから抱きしめ 私の小さな二つの丘で彼を愛撫

背中からお尻へ お尻から太ももの裏まで

抱きしめながら 大きくな~れ 固くな~れ・・・願いを込めて




見事復活した彼を後ろから受け入れ 鏡に手を着いて

苦しさに声を漏らす

水面に響き渡る 甲高い声と 無声の喘ぎは

更に彼を興奮させ 隣の小さな穴へと目覚めさせる

彼に襲われる嬉しさ 痛みの興奮 消えかける理性

時間が・・・無い




離れたくない時間が・・・終了





にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ
関連記事


この記事へコメントする















現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
[ジャンルランキング]
恋愛
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
44位
アクセスランキングを見る>>
QR