FC2ブログ
≪ 2018 10   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2018 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

出会った頃とは 明らかに違う優しさ

一度目は踏み潰され

二度目は別れのキスに泣き

またこうして目の前にいる【調教師】

8年目となるこの関係に

今は 恋人のようなデートで

締めくくる彼





会計を済ませ

ホテルのドアを開ける前

キスをする彼





「何 食べたい?」

ホテルを出 車を走らせながら

彼が聞く





食事を済ませ 店を出てからも

「ドライブでもしますか」

会話を終わらせることなく

時間を作ってくれる





デートの最中

随所随所で見せる 小さな優しさに

大きく感動している私

出会った頃より 彼が 数段大人になったと感じるのは

私が保護者的な親目線で見ているということかしら





もしかしたら

私が年齢を重ねたことで

小さな優しさに気付けるようになったのか

優しさに飢えてるから 余計に感動するのか





とにかく

彼と会ったあとは ここ最近 満足感が半端ない

幸せを感じ

時間が惜しまれ

余韻に浸っては胸を焦がし

そして

いずれ来るであろう 別れを想像しては

落ち込む





好きになるということは

別れることに 異様に恐怖を覚え

他の男性と会う気にもなれず

いつか来る別れに不安を抱き

悦びだけでなく 悲しさも抱えることになるということを

50を目前にして 知る





彼のどこがそんなに いいのか

毎日 分析しながら

人を愛する気持ちを知り

愛する人と結婚してる人たちを羨み

最後には

彼のこととは別に

不自由な残りの人生に 疑問さえ感じる





賢い我慢を選んでる自分は

果たして 正しいのか

勇気ある自由を選んでる人たちは

果たして 幸せなのか





人を好きにならなければ

疑問にも 不安にも

ならなかっただろうに





今は 彼との時間に

素直に喜び 感謝して過ごそう





ところで

ブログを更新したあとは

必ず 彼の更生が見られるのは

気のせいだろうか





試しに・・・

「一緒に 花火が見たい」





と 締めておこうか






にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ
関連記事


この記事へコメントする















現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
[ジャンルランキング]
恋愛
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
148位
アクセスランキングを見る>>
QR