FC2ブログ
≪ 2018 10   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2018 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

小休止の最中

不意に襲う性欲





【調教師】も 私の突然の猛攻撃に

面食らう

自分でも予期せぬ欲求なのだから

他人である彼からすれば 驚きであり

嬉しいサプライズ

彼が勃とうが勃たまいが 関係ない

ただ 彼の体をむしゃぶりつきたくなっただけ

そんな私の行為に応えようと

彼も 携帯でオカズを探し

それを見ながら 己を奮い起たせようとする





恥じらいも忘れ 彼の上で 揺らす腰

「すごい いやらしい動き」

突如訪れた波を逃すまいと

波音を立てながら 更なるビッグウエーブを待つ





彼の耳元で 微かに漏れる喘ぎ

「イキそ?」

「・・・・・」

なんとも答えられないタイミング

そして 彼に黙って

静かに迎える 絶頂





私の動きは止まり 彼に全体重を預ける

すると 確かめるように私の脇腹に

指をなぞらせる

「ひゃぁ~・・・」

「・・・笑」

「やめて・・・」

「イった?」

「・・・・・」

イク瞬間 彼は私の背中に手を回し

うっすら汗ばむのを確認していた





「でも 終始汗ばんでたよ?」

「そうなの?」

だって ずっと気持ちよくて

イキそうで イかないから・・・





「お先に失礼しました」

「ずるい」

そう言って 彼は自慰を始め

ほどなく 私のお腹にマーキング





彼が ただティッシュを私に渡すのではなく

お腹に飛ばした彼のものを拭き取るのは

男としての優しさ

それをできる男は 決して多くはない





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ
関連記事


この記事へコメントする















現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
[ジャンルランキング]
恋愛
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
85位
アクセスランキングを見る>>
QR