≪ 2018 06   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2018 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

久しぶりに 【調教師】と会ったことで

心も体も フワフワと浮わつき

逢瀬を思い出しては トロけるように

ボーッとしてしまう





満足感は 肌を重ねたことだけではない気がする

ゆっくり会話できたこと

嬉しい言葉を 浴びたこと

私のために お金を使い

時間を使い

労力を使う

そして 気持ちを汲んで

私のために考えてくれることだけでも

嬉しい





若い頃なら

そんなことは 男として当たり前で

もっと 私を楽しませてくれないと満足できないと思ってた





自分の思うように

やってくれない

してくれない

と ないものねだりばかりで 欲張り

感謝の気持ちが芽生えないのが

若さの象徴

失う怖さもなく 上から目線で

もっともっとと どんどん刺激を求めてた





それが

会えない苦しみや 悲しみ 寂しさを経験すると

連絡が来るだけでも

会えることだけでも

自分のために 行動してくれるだけでも

嬉しくて 感謝しかない

今の幸せを 今だけの幸せを

大事にしようと 自然と謙虚な姿勢になる





それでも

そんな フワフワした 謙虚な気持ちも

二日も経てば また欲求に支配される

そして その寂しさが 不安を呼び

不満を募らせ

余計な 不和をもたらす





そんな寂しさに 慣れるまでが

また 時間を要する






すぐにまた 会いたくなる

会ったばかりなのに もう肌の感触が恋しい

本物の恋人同士なら

すぐにでも また会いたいと言っても

可笑しくはないのだろう

でもそこは違うのが 私たちの関係であり立場





今度の平日休み 暇なんだけど

この間会ってから まだ 1週間も経っていないしな・・・

そんな 恋する乙女心に支配されたり





もう不正出血の生理に悩まされることもなく

いつでも どんと来いの状態に

万年盛りのついた猫のように 徘徊して歩きたいほど





これは 嬉しい悲鳴なのか

それとも 危ない予兆なのか

セーブの利かない 淫乱オバサンを

持て余す





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ
関連記事


この記事へコメントする















現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
[ジャンルランキング]
恋愛
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
55位
アクセスランキングを見る>>
QR