≪ 2018 06   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2018 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

目の前で オナニーで果てる【調教師】

マーキングと称し 私のお腹に飛び散らせる

そこまでは 暗がりの部屋 夢中になってる彼の行為で

私のお腹の傷には 気づいていない





お腹の上の彼の痕跡を拭き取ろうと

傷に気づかれないように 背中を向けたのに

ティッシュを持った彼の優しさが 私のお腹の傷を

見つけることになる





私のお腹を拭き取りながら

彼の手が止まり

「どうしたの?」

「・・・女じゃなくなった」

「いつ? こんな大きなこと・・・」

「半年位前」

「え・・・全然・・・知らない・・・何があったの?」





別々に シャワーを浴び 服を着ると

ベッドに座ってる彼が

手を伸ばし 私を彼の足の間に招き入れ

立ってる私を見上げ 話の続きを問う





「何があった?」

隠し通せない大きな手術跡に観念し

以前からの生理不順

その原因

そして手術に至ったことを

静かに話し始める

すると意外や 彼は黙って聞いている





夫に話すより ずっと頼もしく 守られてる優しさを感じる

面倒なことを抱えてしまったという夫の表情とは大違い

体を気遣ってくれる彼に 私は安心して身を任せる





そこからの話は なかなか会おうとしなかった言い訳やら

まだ排卵のある体で 以前より濡れやくなって困ってる自慢やら

婦人科系のリスクが無くなり ストレスフリーで快適やらの

とにかく 問題がないことをアピールしまくる私





怖かったのかも知れない

女性としての魅力がなくなり

彼が離れていくことが





帰りの車

会わなかった月日分の話が 止まない





私の車のところまで来ると

「もう少し ドライブする?」

「する!」

まだ 離れたくない

話し足りない

触れ足りない

彼が 同じ気持ちであることに

嬉しさしかない





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ
関連記事


この記事へコメントする















現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
[ジャンルランキング]
恋愛
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
55位
アクセスランキングを見る>>
QR