FC2ブログ
≪ 2018 10   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2018 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ずっと 同じ布団で寝てれば

夫婦は 長く上手くいくから





嫁ぐ時の 実家の母の助言・・・





そう娘である私に言うくらいだから

父と母は 同じ布団で寝ていた

そう 今となっては過去形

今では 孫と寝ることを理由に

隣り合わせではあるけども

別々の布団に 寝ているらしい





それでも母は

41歳で子宮筋腫による子宮摘出後も

父と一緒の布団で寝起きを共にし

術後まもないときも

股スリで 夫婦生活を乗り切ったと

私に打ち明けてくれた

そんな親を尊敬し 目標としていたが

現実は・・・

そんな甘いものではなかった





私と夫の場合

楽しい会話もなく

口を開けば説教じみて

努力を認められるどころか

夫でありながら 嫁ぎ先で敵視される関係





別にそれでも構わないと思っていた

ただ

そんな夫の態度に

いつもニコニコ交わしている妻が

夜も ニコニコ受け入れる・・・

なんてことは 到底 出来ず

子作り 子育ても終盤になるころ

態度は 拒まなくても

体が 拒否反応を示すようになり

徐々に 我慢も限界に達し

単身赴任を機に 布団どころか

寝室を別々にすることを決めた





それは 殊のほか快適で

夜な夜な 襲われる不安もなく

好きなエロ動画を見ながら

激しい絶頂を繰り返すオナニーに没頭できるという

ストレスフリーの時間となった





怖かったのは

子供が遠征で家を空けるとき・・・

静かに寝室を覗き込み

誘いに来る夫





妻が 夫に対して

気持ち悪さを感じ

体も脳も 官能的になれなくなったら

もう 男と女の関係では ないのだ





夫婦という名の友達

主従関係の同居人

終活を迎える同志





だからって

すぐに離婚なんて 考えていない

だからこそ

離婚しなくても 同居できる策を

色々と 考える




そして 自分の決断が

あながち間違いでもないことを

他の夫婦や そういったエッセイを目にして

確信する





寝室を別にするからこそ

離婚せずに 長く続けられる同居生活





お互いの空間を尊重し

干渉せずに 認める

それが 理想ではあるけど

そんな今時の考えまでは

さすがに頭でっかちの夫には

理解してもらえないけど

そんな夫婦が 今時は珍しくないこと

中年どころか 壮年 高年に至るまで

そういったケースがあることを知れば

納得するだろう





そこまでして

結婚生活を続ける意味は?

我慢する人生より

残りの人生 もっと自由を楽しんだら?

なんて 他人事に簡単に言う人もいるけど

それは メリットよりも デメリットが勝ってる時の話





賢い女なら

重大な決断は

メリットを最大限利用してからでも

遅くないと

知っている





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ
関連記事


この記事へコメントする















現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
[ジャンルランキング]
恋愛
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
148位
アクセスランキングを見る>>
QR