FC2ブログ
≪ 2018 10   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2018 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

昔の女性は

夫からの求めに拒むことは

滅多になかったという

だからこそ 子沢山が多く

離婚も少なかったのかもしれない





夫婦円満だからという意味ではなく

妻の我慢によって 夫が浮気することを 食い止め

子沢山ゆえに シングルマザーなど考えられなかった

そんなところだろうか





今時は

妻は 夫の求めに あっさり拒み

里帰り出産という名目で 1年も家を空けるらしい

果てには 夫は浮気三昧

妻は 実家の丁重なおもてなしと

気疲れしない 気心知れた空間に

すっかり居心地の良さを満喫し

そのまま離婚するという





羨ましい・・・





そんな勇気ある決断ができる

今の若者が 羨ましい

決して 嫌味ではなく

心底 羨ましい





今でこそ 中年夫婦世代も

夫の夜の営みに

無理をして 付き合うこともなくなったが

それでも

昔気質の年配女性は

新婚夫婦に 物申す






「たとえ 気乗りしない日があっても

 ある程度 受け入れなきゃダメよ」

「妊娠してる時はね 体位を変えてでも

 夫の求めに応じて 浮気させないようにしなきゃダメよ」






男の浮気は どうやら女のせいにされてるらしい

要は 男なんて猿で どうしようもない生き物だから

いちいち それに対して正論をぶつけたって

意味ないの! と?






言われる側の男も 散々である






でも そういう知識のない女性

それも 決して若い女性とは限らない中年女性でも

そういった古めかしい考えを否定し

正論を振りかざして 離婚に至ってるケースがある






男の性を知る由もない女性

そして

さらに酷いのが

女性の性を知らない男性の方が

多いこと





たとえ 恋人や夫婦の関係でも

女性なら誰しも 性に対して 常に万全態勢とは限らない

それは 物理的、精神的な生理の周期に限ったことではなく

まして ケンカの最中なら 尚更

いきなり 下半身を触られても その気になるわけがない

ところが

男性は そんな女性の気持ちがわからない

何故なら 男性は下半身を触られれば

その気がなくても その気になってしまう生き物だからだ

気持ちとは裏腹に 体が反応してしまう

それなら女性だって・・・そう男性が思うのも

無理はない





それでも 女性は

気持ちから入らないと 性行為に至るのは難しい






深夜

寝ている私の下半身に いきなり手を伸ばし

下着の中に指を入れてくる夫

背を向けるように寝返りを打って拒むと

今度は 布団の中に潜り込み

下着を脱がせて クンニが始まる






気持ち悪い・・・そして 痛い

私をイかせようと 布団の中の熱さに耐え

汗だくになり 必死だ

でも その気がない私は

夫のヨダレで濡れるのは 外側だけ

愛液は一滴も出ない





いい加減 気持ち悪くなり

夫の頭を 押しのける

すると モゾモゾと上半身に上ってくると

何分も 乳首を下で転がしている

ずっと・・・

そのうち ゾワゾワとした鳥肌と

体が拒絶反応を起こし

イライラし始める





手で 乳首を隠し 拒絶すると

夫は 目的の場所を探し いきり立ったモノを

私めがけて 押し入れる

乾いている私の花弁は巻き込まれ

安易に挿入を許さない痛みとなって

恐怖を与える

無理矢理 押し行ったところで

中は もっと乾いているから

炎症を起こすほどの痛みとなる






夫だけではないだろう

保健体育の教科書、エロ本、AV・・・

自分は 未経験じゃない

知識もある

そう思ってる男性は 多いと思う





でも 女性の気持ち

女性の性

女性の体について

本当に知っている男性は

果たして 何人いるだろう






ある程度 長年連れ添ってきた夫婦は

ある日を境に

無理して 義務と演技を続けなくていいことを知り

解放されたように

仲のいい同居人になる





そこまで到達できるのが 理想かもしれない






ただ 全ての女性が

このパターンとは 限らない






夫以外の男性になら

溢れるほどに 愛液を漏らし

声を抑えきれないほど 感じ

何度でも カラダを重ねたいと

そう思う女性がいるのもまた 事実






今では 知識のない夫のおかげで

子宮のなくなった私は

性行為ができないと思われ

夜な夜な襲われることは なくなった





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ
関連記事


この記事へコメントする















現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
[ジャンルランキング]
恋愛
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
148位
アクセスランキングを見る>>
QR