≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バスルームに行き 洗い流す

私の中から ヌルヌルと泡立った液体が 床に流れていく

私の愛液とも違う 濃厚な彼の分身





先に満足した【調教師】の彼は

いつものようには 私に興味を示さない

バスルームでの遊戯も 湯船での愛撫も

キスまでも おあずけ

これだから 男は・・・

つまらない

射精してしまえば あとはどうなろうが

知ったこっちゃないんだ

むしろ 俺に触らないでくれ

そんな感じでしょ?





お風呂から出ると 彼はオンラインゲームに興じる

「こうしてゲームしてる男って 女はどう思うの?」

・・・ふ~ん

一応 自分を客観的には 見てるんだ?

「ゲーム好きの女なら一緒にできるだろうし・・・」

「やらない人は?」

「つまらないと思うんじゃない?」

「アイは?」

「私の場合は そういう男だって諦めてるから 別に何とも思ってない」

「ふ~ん」

「趣味にまで どうこう言われたくないから 他人にも言いたくない」

「ふ~ん」





前にも こんなシーンは あった

彼は 手持ち無沙汰になった私を小脇に抱きながら

ゲームを続けた

そんな さりげない優しさに嬉しくて ゴロゴロと甘えた

「大きな猫みたいだ」

猫好きの彼が 猫好きの私に言った一言は

最高の褒め言葉

たとえ意味が違っていても

君の猫になれるなら 喜んでなろう

そう 喜びを噛みしめた





何をするでもない

何を感じるでもない

そんなに多くは望まない

ただ 同じ気持ちで一緒に過ごせることが 幸せ

不満や 不安

疑心や 嫉妬

そんな感情がない生活が 望み

それを共有できる人に出会えたら

素敵でしょ?

こんなのは オバサンの考えね(笑)

だって

若い時は 外出を望んだり

ときめきを 求めたり

愛を 欲しがった

でも

年齢を重ねると

信頼感や やすらぎが一番だと知る





と 思いながらも

いたずら好きの私が ジッとしてるわけがない

彼が ゲームに夢中になってるのをいいことに

彼の下半身を弄び始める





既に1度イってるから 勃たないかな・・・





萎れて 小さく折れてるジュニアを

優しく手で包み そっと握り 小指から人差し指まで

順に圧力を加えては 緩める作業を施す

そして 私の挑戦が始まる

手を使わずに 舌で持ち上げて 口に含み

赤ん坊が乳首を吸うように 舌と上あごでゴクゴクと

彼のモノを喉元奥まで飲み込んでいく





すると 徐々に 私の口は 大きく開かれ

口いっぱいに感じる硬さと太さに変化していく





十分な勃ちを確認し

私は すかさず起き上がり 彼に跨がる





勝った・・・・





彼は 意に介さない様子で ゲームを続けている

私は そんな彼を無視し 彼の上で揺れ始める

自由なひとり遊び

まるでオナニーなのに

なんて気持ちのいいダッチなの?




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ
関連記事


この記事へコメントする















現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
[ジャンルランキング]
恋愛
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
121位
アクセスランキングを見る>>
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。