FC2ブログ
≪ 2019 12   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2020 02 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

今の女性たちは

夫が嫌になると

はっきりと拒絶する




それでも 手を出そうものなら

寝室を別にする

そう ちょうど子供たちが独立し

子供部屋が空いている

そこへ 独り優雅に 大の字になって

いびきをかこうが 寝言を言おうが

誰にも気兼ねせずに 寝られる




何なら 夜通し スマホで

男性らのように エッチな動画も

見放題なのだ




ここまでに至った原因は 何だろう

一度は諦め 夫を受け入れようと

頑張っていたはずなのに

離れてしまった心と体は

戻る気さえ もう起きない




もしも 無人島に夫と二人きりになったら

そこは どうだろう

諦めて 身を寄せ合って 生きていくんじゃないかしら




一度離婚した夫婦が

ひとり年金生活ができなくなって

寄りを戻すという

熟年再婚は 身近にいる




きっと 誰にも相手にされなくなったら

しょうがない・・・なんて思いながら

戻れる場所に 安堵するんでしょうね




遊びもほどほどにしておかないと

いつまでも若くはないのだから

老後が独りなんてことになったら

まして 病気にでもなったら

目も当てられない




でも実際は

不倫生活をしていた女性が

一生独身で 独りになったとき

その明るい社交的な性格から

近所の人に お世話になりながらも

最後まで 優雅な独身生活を送って逝ったのを

知っている




他人に迷惑をかけても

独りで生きていくという図々しさは

大事だ

むしろ その図太い神経がなければ

独りでなんて 生きていけないだろう




と 何の話をしてるんだろう・・・ww




その老婦人は 年齢よりも若く見え

スタイルもいいから 洋服が映えていた

後に コラーゲンの瓶が家中にたくさん見つかり

努力なくしては やはり女子力は保てないのだと

魅せられた気がした




彼女は たとえ既婚者にでも愛され

女性としての質を 上げていったのでしょうね

好きでもない夫と一緒にいても

そんな風に 女っぷりは上がらないでしょう




となると

いくつになっても 女っぷりを上げていると

夫に愛されてると思われるか

恋人が居ると思われるか

それは 世間で夫への不満を口にしなければ

前者だと思われるのかもしれない




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


出会い系サイトの住人が

腫れ物に触るよう・・・いや

触らないように ひっそりと息をしている




今話題の 既婚者の不倫

皆 他人事ではないことは わかってる

今さら 騒ぎ立てることでもない日常茶飯事

ただ 当事者は顔の知られている方たちだから

叩かれやすいのでしょう




サイトの住民は 男の浮気を容認している

むしろ 今時は 女の浮気も容認している

特に 妻が妊娠中や育児真っ盛りの時期なんて

浮気の通常運転なのは 承知の上




昔は 妻が 夫に浮気されないよう

身重でも 夫を受け入れたり

手や口で 処理してあげるのは

代々 人生の先輩方が教授してきたこと




でも 今の女性は どうだろう

自分が こんなに大変な思いをしている時に

自分だけ処理するなんて許せないと思うのでしょうね




もしも逆の立場だったら・・・

女性は浮気をせずに 我慢できるのだろうか?

そりゃあ 各々の理性ある道徳心の問題だと言うなら

これ以上は 言うことはないが

浮気願望がある人なら

目の前に 据え膳されたら

食わずにはいられないだろう




男性の生理は 薄い人でも月一と言われる

健康な一般男性なら 週一から週二と

昔は言われていた

今の男性は 性欲がなくなってきてるというけれど

どうだろう




オナニー処理で済ませている人もいるでしょう

そんな中でも 女性の肉体で処理したい

性欲のある男性は 今でもいるわけで

その中の既婚男性は 相手の女性によっては

需要がある




その相手とは

同じく 性欲のある人妻や熟女

経済的に援助が欲しい女性

まだ怖さを知らない うら若き女性

需要があれば やはり供給ということなのでしょうね




テレビでは 絶倫という言葉まで出てきていたが 

何も体だけが欲しいとは 限らないのではないだろうか

妻に放っとかれてる夫なら

もしかしたら 優しさ 思いやり 癒しだけでも

感じたいと思ってるのかもしれない




女性なら ときめきや刺激が欲しいと 聞く

ワイルドな野獣を求めてると思いきや

恋人風味のデートを 夢見てる人も・・・

夫とは叶わない事を してみたいのでしょうね




そんなこんなで

こんなこと リアルでは話せない

黙秘を続ける中年女の私




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


自意識過剰

自惚れ

天狗

勘違い




でも そんな自己暗示をかけることは

良い方向に進むこともある




周りにチヤホヤされ

たくさんの男性から 求められ

なんだか 道行く知らない人からも

私を見ているような 視線を感じる




そんな 勘違いなイタイ自惚れでも

女性には 大事!!!




男性からの視線を意識するだけで

身だしなみに 注意し 力も入る

自分は モテると思うことで

色気は出るし ツヤも出るし 愛液も出る




ただ

他人に迷惑をかけては ダメね

自分を 魔性の女とでも思ってるのか

清純派を忘れて

自分の方が女としての魅力があるということを

ひけらかし 露骨に 自慢する

もうその時点で

清純派でも 魔性でもないのだけど




男なんて

可愛い女なら 誰でもいいのよ?

顔が可愛い女

可愛らしく振舞う女

都合のいい可愛い女

すぐに股を開く可愛い女

要は そこ




それを 女は

男の方から言い寄られたから

自分に魅力があるとか

いっぱい体を求めてくるから

自分が愛されてるとか

愛の言葉を交わし 優しくしてくれるから

自分だけを特別に思ってくれてるとか

勘違いも甚だしい




窮地に追い込まれれば

男なんて 本性が出るのよ

家庭を壊す気なんて無かった

ただの 浮気だった

ってね




でも 浮気相手の女は

みるみる 綺麗になるから

不思議




だから

自己暗示も 大事なのよ




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


【公務員】と会う時の 最近の私は

貪欲




彼と抱き合い繋がって絶頂を迎えたい

いつから そんなことを望むようになったのか

以前の私なら 諦めていたのに

彼となら 可能性が高いことを実感すると

その楽しみで 気持ちが高ぶり

会いたくなるのかも知れない




短い時間でも 必ず2回戦臨む彼だから

長く楽しむ彼だから

その時間の中でなら チャンスは ある




いつものように 1回戦を終え

シャワーを浴び ベッドに戻ると

また 彼の腕の中にいる




何度でも受け入れられる体に

彼は気付いているのだろうか

愛撫もそこそこに

私の望みを叶える




何度か 絶頂を味わううち

コツをつかみ始めた私は

彼のための行為と

自分のための行為とに

時間を使うようになっている




でも これが1回戦で終わりだったら

不満を残して 帰ることになるのだろうか




そして 彼は

いつまで 私に興奮してくれるのだろう





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


女性から

フェラをするタイミングって・・・




きっかけがないと フェラに挑めないのは

私だけだろうか

露骨に男の下半身に

女性の頭を持っていく男性は

わかりやすいが

一方的に 愛撫をされる側でいると

フェラしなくていいのかしら・・・と

少しばかりの珍しさを感じ

気付けば フェラなしでフィニッシュ

というのが 最近の【公務員】とのパターン




それが

体を抱き上げられ 彼の上に持ち上げられると

私からの愛撫を望んでいると 察するのが私

彼が私にするように 首筋から耳たぶへ

わざと荒い息遣いを入れながら 舌を這わせる

そのまま 肩 胸 脇腹と

徐々に 下半身へと降りていく




テレビの AVをつけっぱなしにしていると

女優さんの喘ぎ声を オカズに

私たちは 次第に自分のことのように 興奮していく

自分の声なのか テレビ画面の中の女優の声なのか

静かな部屋に 響き渡り

やがて私たちは 激しさを増していき

汗を滲ませる




彼も 私と同じ 声を発しない

気持ちいいのか よくないのか

どこを どうして欲しいのか

ただ 息遣いを読み解いて・・・

反応を確かめる




今日の私は 彼を咥えて離さない

そんな日も あっていいのかなと

いつも同じじゃ 飽きるでしょ

でも

こんな女性は 彼にとって 好みかしら

それとも 淫乱な女性は嫌かしら




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


大原麗子さんの

あの可愛らしい顔と声で 言いたい気分

「少し愛して 長ーく愛して」




本当は 軽い付き合いよりも

気持ちのいい重さで たくさん愛されたい

少しばかりの嫉妬心を 笑いながら口にするのなら

嬉しさで 甘えたくもなる

反して

しつこい 勘違いな重圧の独占欲は

気持ち悪く 怖いけども




主たる 体の関係も

相性抜群で 長いお付き合いになるのが理想だけど

SEX自体の 長い行為が好まれるかといえば そうでもなく

早漏 遅漏と ほどほどが良いのは当たり前

それは 受け止める女性側に委ねられているから

個人差で時間でも表せない




でも

「長ーく愛して」 なんて素敵なセリフ

言ってみたいものだ




珍しく 日曜に会う【公務員】は

長く 何度も愛してくれる貴重な存在




日曜当日 楽しみにしていた矢先

フリーなはずだった時間も 予定が狂い

短い時間となることを伝えると

急かすでもなく 焦るでもなく いつも通りの

でも時間配布する素振りを見せる彼




私の話ばかりを聞く彼に

一方的に話しかけるしかないのは

いつものこと

試しに 黙って見つめていると

彼から 話し始めるどころか

抱き寄せられる

言葉より 体との会話が欲しいのか

口下手なのか




即 ベッドインの要求を断り

彼をシャワーへ促す

彼のシャワーを待っている間

珍しくテレビを付け

更に珍しく AVを見ていると

ムラムラとスイッチが入る私




その日の私は

激しく愛して いやらしく愛して

そんな気分になった




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


仕事を終え スマホを手に取ると

真っ先に確認するのは

LINE




この時間に連絡をくれる【公務員】に

すっかり 慣らされてる自分が居る

会える期待と

会わない安心

真逆であり 矛盾

会えるとなると 嬉しい反面

普段のケアの疎かで 万全な態勢ではない不満

だから

連絡がないことで 安心する面も




そんな日々の中

夜に飲んでいると 珍しくLINE

「何してます?」

「飲んでる」

「明日って 何してます?」

「何もないよ 二日酔いの予定以外はw」

気持ちよく酔ってるところに

嬉しいLINEとなれば

聞かれてもいないことまで返し

誘われたい気満々さを出す




「じゃあ明日 二日酔いで僕と付き合ってください」




そうとなれば 遅くまで飲んではいられない

途中から アルコールをセーブし

いつもは日付が変わるまでウロウロする繁華街を

2軒目に行かずに 10時前には帰宅

すぐにお風呂に入り 入念なケアと

マニキュア ペディキュア・・・




こうして 女を磨いてる時間が 楽しい

でも

前ほどの ときめきやドキドキが無くなったのは

緊張しない相手だからなのか

慣れたせいなのか

私の年のせいなのか




気負う緊張感は味わいたくないが

肌にハリや ツヤをもたらす ときめきは

いつまでも 持ちたいと

願わずにはいられない




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


松坂桃李さん主演の映画

「娼年」を見ながら

女性客に高い評価を得た理由が

理解できた




ほぼAV男優役柄張りの演技に 圧倒

あそこまで体当たりな演技をして

単に 松坂桃李さんのSEXを見たなんて言う人がいたら

軽蔑でしかない




SEX経験者なら 見ているだけで

疑似体験ができるほどの リアルさ

自分に自信がない人なら

お金で松坂桃李役の「リョウ」を 買い

女としての欲望を満たしたいのではないだろうか




最初 同級生の「メグミ」は

彼の行動に理解を示さず 軽蔑と落胆

嫉妬もあったのかもしれない

最後には 理解したように見えたが

上辺だけの 理解に見えた

でもそれは 若さゆえの理解の浅さを

私たち視聴者に 見せたのかもしれない




この映画を 20代30代の若い頃に見ていたら

きっと 「メグミ」程度の理解でしかなかっただろう

SEXの経験 時間の経過で

やっと この作品 この映画 この監督の表現している内容に

ついていけるようになったのだと思う




「失楽園」「愛の流刑地」などもそうだが

女の秘めている悩み 辛抱 強さに

視聴者は同調し

その逃げ場としてのSEXに 共感してしまう




日々満たされ 幸せ満足度 100%の人など

いないからこそ

こういう内容に 惹かれるのでしょうね

表向きは そんなこと おくびにも出さない人たちでも




そんな意味で

他人のSEXに とやかく言って欲しくないなと

放っておいて欲しいなと

映画の中の 「メグミ」に 言いたくなった私

でもそれは 「メグミ」の恋心も 垣間見えていたから

正論で彼を 戒めたかったんだろうことは

理解できた




石田衣良さんの作品

「娼年」と合わせ

「逝年」 「爽年」 も読んでみたくなった




実際

「娼夫」を買えるかといえば

買えないけどね

綺麗な男ほど 女に自信を失わせるものは

ないもの

だからこそ 一度手に入れたら

謙虚に 自惚れず 舞い上がらず

大事にしていかなきゃ・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


出会い系、SEX、浮気、不倫・・・

お金絡み・・・




傍から見たら

欲望のために 理性を捨てて

または お金で

ただ 闇雲にセックスをしているだけの

動物的関係なのでしょうね




理性を持ち 道徳を重んじる

さほど 性欲もない人から見たら

汚らわしい 不潔な 不貞行為




でも

その不貞行為をする人たちが 一概に

特段 ドラマティックな不倫をしたいとか

誰でもいいから とにかくセックスをしたいとか

異性がいないと 精神的に安定しないとか

そんな人たちばかりではないと




普段はもちろん そんな素振りを微塵も感じさせない

そんな大それたことなどしなさそうな普通の人が

大多数なのではないだろうか

そして

本当に賢い人は その秘密を誰にも言わず

理解ある人を相手に選び

無理なく 危険を伴わない程度に 遊ぶのでしょう




そういう秘密を持つことで

精神的にバランスを保ち

遊び心と 刺激と 背徳感とで

不満な部分を補ったり

生きがいを見出したり




だから

セックスばかりしているとは 限らない

話すだけでも

食事をするだけでも

メールをするだけでも

もしかしたら 存在だけでも

満足しているのかもしれない




それを

セックスがいいからとか

カラダがいいからとか

まだ自分はイケてるからとか

そんな理由ばかりで 遊んでいると思うのは

違う




こんなこと

わからなくていい

わかろうとしなくてもいい

寄り添わなくても

飛び込んで来なくてもいい




ただ 放っておいてくれさえすれば




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「短い時間でも 会ってくれてありがとうございました」

「こちらこそ ありがとう」

時間が短かったことに気付いたのは

ホテル料金を見て




シャワーも お風呂も 食事も

ベッドインまで フルコースなのに

【営業マン】との 同じ短い時間とは思えない

【公務員】との 時間の過ごし方




それは

相手に 焦りの表情や

素っ気ない態度が 見られないことで

こんなにも違うのかと知った




会話もした

スキンシップもした

ベッドも 決して短い時間ではなかった




むしろ こんな短い時間に

お金を使うなんて・・・

男の人にとっては 時間じゃないのかしら

スッキリすれば 時間が短かろうが 長かろうが

気にならないのかしら




優しく 長く 楽しむ彼に

女としての満足はなくとも

腕いっぱいに 厚みのある彼を抱きしめられただけで

精神的満足感は 得られる




一緒に オーガズムを迎えたい欲望に

時折 試行錯誤はしてみたものの

叶わずとも 不満はなかった




また今度・・・

そう思えるから

寂しさも 不安もない




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
[ジャンルランキング]
恋愛
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
57位
アクセスランキングを見る>>
QR