FC2ブログ
≪ 2019 01   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - -  2019 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

職場や友達との会話の中で

このブログに載せた内容や

出会い系サイトに載せた内容と同じ話を

うっかり 口をついて出てしまい

途中まで話して 次第に小声になる臆病者





普段の何気ない出来事や

心の中の思いを

あまり 載せないほうがいいという結論

なのだが

ついつい 備忘録に書き綴ってしまう





嘘八百でも載せていれば

そんなことは 起きないだろうけど

嘘を載せて 何が面白いものか

そんなドラマティックなことなど

現実に起こる訳もなく

誰しもが経験していることを

書いているだけのこと





まあ

嘘といえば 嘘も ある

さしずめ

いい子ぶって

本音・・・愚痴や悪態をついていない

本当は 不満だらけなのに

それを吐き出したら

余計 ネガティブになる気がして

いつも 綺麗事ばかり







最近の 「ご無沙汰」は

結構 ネガティブに引きずっている

環境も変わり 自由な時間も出来てきたのに

ここにきて 「ご無沙汰」は

拍子抜けというか

焦りというか

カラダの寂しさだけでなく

気持ちまでもが 萎えてくる





何か ワクワクすることを

探すタイミングに来ている




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


忘れた頃に ブログを更新し

忘れ去られた頃に 出会い系に出没する





「どうしたの? 珍しいね」

「うん 生きてるよ!ってアピールw」





承認欲求というらしいが

「いいね」が欲しいとか

コメ欄での絡みが欲しいとか

ちやほやされたいとか

要は 構って欲しいのだろう

暇だから!笑






8年前とは 明らかに

出会い系にいるメンツが 変わった

ただ 昔のメンツが いなくなったわけでもない

時折 顔を出すから 面白い

主・・・

お局・・・

みんな 年齢を重ねてるから

いい年になってるはずなのに

未だに サイトにいる





出会いを諦め

ネットの中だけの コミュニケーション

それは

既婚者が多く

浮気 不倫ありきの

所謂 同じ穴の狢 同士

だから

大人の会話を 楽しんでる





ろくに出会えないのに

出会い系で 幅を利かせてることで

独身者に 叩かれ

それでも わずかな楽しみとばかりに

ひっそりと 活用してる人もいれば

他のSNSでは スルーされるような年齢でも

ここでは 反応が早いから

やめられないのだろう





斯く言う私も・・・

何を発信すれば 食いつきがいいか

綺麗事を 載せてみたり

自虐的なことを 載せてみたり

笑いか エロか





結局

絡んでくるのは

同年代

アンチエイジングのための絡みは

もう 望めないのだろう






にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


男と メールだけしていても

女としての劣化は 進む





いくら メイクに凝ったり

体型維持を心がけたり

服装に気を使ったり

身だしなみを マメに整えたりしていても

やはり

それを見せる相手が 居ないことには

内側から溢れる ホルモンは望めない





これが

たった一度のセックスで

5歳は 若返るのだから

女って 露骨というか 単純というか

可愛いものよね







「他人の振り見て 我が振り直せ」





ずっと そう思い

周りの先輩 同僚を 反面教師に

気をつけていた

つもりだった



やはり 若い頃と違い

産毛や ムダ毛ばかりが

やけに 伸び放題





鼻が ムズムズすると思えば

鼻毛が はみ出ていることがある

鼻水を 我慢していると

鼻くそが 見えるほど溜まっていることがある

目やにも そう

化粧が濃くなるにつれ

目頭の 目やにが やけに付いてることが多くなった

視力の低下と共に

見たくないものが 見えなくなり

ササッと化粧したくらいで

産毛が伸びてることや

化粧に ムラが出来てることに

気づかない





不覚だ!





満面の笑みで 別れたあとに

鏡を見て 発狂しそうになる

今朝の時点から やり直させて!

と 泣きたくなる





忙しさに甘んじて

マメに 化粧直しに行かないのが 悪い

若い子のように

ポーチを持って マメにトイレに行くことが

時間的ロスに思え

座れば 座りっぱなし

動けば 動きっぱなし

タバコ休憩を取らない身は 仕事しっぱなし





いかん・・・

女を 忘れちゃ

いかん!







これが

男がいたり

男と会っていたりすると

途端に 女性らしく

綺麗になるのに・・・





でも

誰でもいいから・・・とは

ならないのが

この年齢





やはり

劣化の一途を辿る・・・

時間の経過に 抗っては

いけないのかも 知れない





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


ラインメールのやり取りだけで

2年も続いている男性





出会い系サイトで知り合い

文字だけでの やり取り

顔も知らない

いや 知りたくないから

何度要求されても

写メ交換をしない





夢を見ていたいのだ

写メを交換して ガッカリしたくない

逆も然り

オバサンを公言していても

相手だって 少なからず期待しているもの

ガッカリされて 楽しみが無くなるのが

嫌なのだ





それでも

2年もメールしていると

面白い人だということが わかってくる

適度なエロさも







そうなると

人間 欲が出てくる

リアルさが 欲しくなるのだ





会ってみたい・・・





そして いつしか

「そのうち いつか」

なんて

本気とも 冗談とも取れる

口約束

いや 文字約束をする

文字といえども

これも れっきとした社交辞令なのか





そんな ある日

いつもなら さらりと交わしていた

生電話要求に 応じる

きっと ひとり旅行していたテンションのせい

周りには 知る人がいない

今なら 声を出して 話せる





「いいよ 電話しよ」





600km先にいる 顔の見えない30代半ば男

なんか この距離感

ブログを始めた頃に はまった 婚外恋愛気取りの

出会いを思い出す

今となっては 苦い思い出

同じ轍を踏むのかしら私







「もしもし?」





意外と軽快な話し方に

やはり 若い声

若い人は 話し方までもが魅力的

おまけに 褒め上手とくれば

テンションは 最高潮





欲張りに拍車がかかり

その夜だけで 2回も電話する





耳に心地いい声




会ってみたい・・・




今度は 600km先に 旅行しようかしら





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


出会い系サイトから外れ

直接メールを交わす間柄の人





近くの人じゃないから

身バレしないと油断し

メールしてるけど

実は 近場の人で

探りを入れられてるとしたら

どうしよ







そんな 警戒も含め

写メ交換は 絶対しない

電話番号も もってのほか





でも 不思議なもので

会話が楽しいと

その人の人格をも 信頼してしまう

メールでなら いくらでも

いい人を演じられるって よく言われてるのにね

だからこそ

未だに ネットで知り合った人と

事件が起こるのにね





人を信じすぎ・・・

文字だけの会話に 乗りすぎて

いつか会いたいね・・・なんて

いい大人が 馬鹿げてる





二人の逢瀬を

AVのドラマ仕立て風に メールし合い

妄想は どこまでも激しく

笑いながらも

次第に 男は股間を膨らまし

女は 下着を濡らしながら

現実を帯びてくる 未来予想図へと

頭の中が エロで支配されていく





馬鹿な 大人

男性 若干30代半ば

女性 50歳






このふたりが

会う日は 来るのかしら





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


今 巷では

ロマンスグレーが流行り





無理して 髪を染めずに

自然な白髪のままで

年齢に抗わず 自然体でいることを

推奨し始めている





綺麗な人は 白髪でも綺麗

まだ肌に張りがある美しい女性は

白髪とのアンバランスに

年齢がわからなくなるほど





でも 白髪になる年齢には 変わりはない

若白髪もあるけど

やはり女性は どうしても

白髪だと フェロモンが消える





それに反して 男性は逆

白髪にし始めた俳優が どんどん増えているが

どの俳優も とても魅力的で

黒髪の時よりも フェロモンが増す





ずるいなぁ・・・




もう 男なんて要らないと思えば

自然体に 白髪の自分を受け入れ

それに合わせて 洋服も変えていく楽しみもある

でも 男に

まだ 女として見られたいと思えば

やはり 毛染めをして

いくらでも 若く見られるようにしていたいと

少なからずの努力と

少しばかりの ワクワクで 無理をする





でも

もしかしたら

「あなた まだ染めてるの? 遅れてるわね」

って言われる日も 来るのかしら

染めてる方が 変な目で見られる日が・・・





それもまた

ある意味 楽しいかもね





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


ドキドキ ワクワクする刺激的な

出来事や 恋愛よりも

心穏やかでいられる

毎日同じことの繰り返しのほうが

精神的に 楽に思えるようになってきたのは

明らかに 年のせい







楽しことは 嬉しい

クスッと笑えること

涙が出るほど笑えること

その程度の 刺激なら 大歓迎





でも ハラハラしたり

ソワソワしたりする恋や

ムカムカしたり

イライラしたりする怒りは

ホント・・・精神的に もたなくなってきている





昔 「水戸黄門」というドラマが

至極 つまらないドラマだと思っていた

でも今は

一話完結の 事件もの サスペンスものの

連ドラが とても好き

一時間で解決し スッキリとした気分で

寝られる

結局は 最後には解決すると わかっていると

安心して 見ていられるからだ

これも 年のせい







たまに

最終回まで見ないと解決しない サスペンスや

この後どうなるの?という 恋愛ドラマにはまると

一週間が楽しみになる半面

心が揺さぶられ 考えすぎて 辛いことがある

たかだか ドラマごときに!







家庭の年間行事もそう

季節季節の習わし

盆 正月 彼岸・・・

子供のころや 実家にいるときは

普通に楽しかった

大人になり 嫁となった今は 煩わしい

親戚付き合いや 冠婚葬祭

子供の学校行事と違って

死ぬまで続くと思うと 鬱陶しい





それなら

毎日同じことの繰り返し 仕事と休日

たまの連休に 出かけたりする程度

そんな平穏な日々だけのほうが

とても幸せだと 感じる





こんな小さな幸せで満足だと言っても

そんな願いすら 叶わないからこそ

幸せだと しみじみ思うのだ





男もそう

刺激的なカッコイイ男じゃなくて いいのだ

ただただ

好きな人と 週末会える・・・

そう思えるだけで 仕事が頑張れる

波乱万丈な恋じゃなくていい 笑

周りの反対を押し切るような

不安な恋も 要らない

他人の目を盗んで会うような恋も

本当は 嫌だ





一緒に買い物をしたり

休みの日には ダラダラと二人で部屋で過ごしたり

抱き合って寝たり

存在が邪魔にならない空気のような

優しく触れて 包まれてるような

自分とは違う言動でも 認め合えるような

喧嘩すること事態 エネルギーを使い疲れるから

敢えて避け 見過ごすような

そんな生活をしてみたい





なんて

些細なことのようで

実は 最高級の理想の話よね

そんな 悟りを開けたら

神よね






もう 年寄り臭いったら ありゃしない

そんな 独り言





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


職場の先輩に

離婚を勧められる







私の不貞は知らない彼女

そういう不貞どころか そっちの話も嫌いな彼女

彼女が離婚を勧めるのには

別の理由がある

私も 浮気が理由で 別れたいわけじゃない





所詮 男の浮気と同じで

若い子と 一時の快楽で

家庭への不満の 憂さ晴らしをしているだけに

過ぎない

もしも 離婚するならば

憂さ晴らしなんて 必要無くなるのだから

むしろ それすら無くなっても構わない

せいぜい 女のカラダの寂しさを埋める程度の

一夜の相手でも 十分だ






ただただ 夫と姑との同居に疲れたのだ

職場の先輩は それを知っているから

残りの人生を 自由に生きては?と

もう 子供も巣立ったわけだし

的なね





ここ数年前から 真剣に悩みすぎて

本屋に行けば そういった離婚の指南書的な

書籍に 目が行く

ドラマがあれば 見てしまう

離婚後の未来を 想像してしまう





結局は 離婚したとて

何も良いことなど無いと思い

諦めてきた





子供を思い?

そうかもしれない

子は鎹(かすがい)とは このことだ

あなたたちがいたからこそ

自分をも偽って 生きてきた





でも その「思い留まる理由」が

なくなった今

何を我慢しているのか

わからない





「勇気がない」

私の家庭環境を知っている先輩彼女の

離婚のススメに

そう 答えるしかなかった





もしも私が 離婚を切り出したら

きっと 家族は

開口一番 こう言うだろう

「離婚して どうするの?」





それは

どうやって 生活していくの?

という意味や

今さら 老後一人になる覚悟があるの?

という意味だろう





自分でも そういう不安は ある

「自由」と引き換えにするには

並大抵の覚悟では できない

だから 今一歩 踏み切れずに

ここまで 来たのだから






結婚を破談にすることが出来ずに

諦めた日から

最終的には 自分の判断 決断なんだからと

言い訳をしてはいけないと思い

本音を隠してきた





これから 一生

恨み辛みを言わず

いい嫁 いい妻 いい母を目指し

自分を偽ってでも

頑張って 普通の 理想の

結婚生活をしていこうと

ずっと 今まで 心に決めてきたのに

子供たちがいない生活が

こんなにも 苦痛だとは

思いもしなかった





ドラマを見ては泣き

幸せそうなカップルを見ては泣き

ひとり運転していても泣く

そして

生きていることに 価値を見いだせなくなってきている





それでも 自分を奮い立たせ

楽しんでるフリをし

夢中になってるフリをし

家族への態度を偽り

自分の気持ちにも偽り

涙を堪らえる





その抑圧が 外れる時が

もはや自分が 異空間に行ってしまい

現実に戻れなくなる

それでも 日々の仕事 家事を

淡々と こなす事で

徐々に 現実に戻ってこられる





「バカなことを考えていないで」と





なんてね






こういう愚痴って 言いたくなくて

そこら辺の 不満主婦と同じになりたくなくて

綺麗事ばかり 載せてきたけど

不思議なことに こういう愚痴って

指が とても早く動くほど

スラスラと いくらでも止めど無く

文字に打てるんだと 感じた







今までも

何度となく 打っては

全消しをし

載せることがなかった





夜のせいね

深夜テンションなのかな





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


もっと 私の女モードを維持してくれる

ラブラブで 恋人のような男を

選んだほうが いいとしか思えないのに・・・





でも だからといって

私に対して 頻繁に会いたがる男も好きじゃないという

天邪鬼





【公務員】は

女性疾患で病み上がりと伝えても

「話をするだけでもいい・・・」

と言う

丁重にお断りしている私は

彼のどこが 気に入らないのか・・・





若く 体も鍛えてるだけあって逞しく

優しい

男としても 悪くはない

たぶん・・・笑





ただ セックスアピールに欠ける

この ただのひとつが

出会い系では 致命傷





会いたくなる ドキドキさ

会った後の キュンキュンさ

それが 彼に対しては 無い




きっと 私だけが感じてるだけで

他の女性なら 彼を受け入れられる気がする







最後に会ったのは もういつだったか

思い出せない 【元カレ】

ずっと ゲームの招待のラインを 欠かさない

時折 写メを送ってくるのは

私が 欲求不満になっていないか

私から 誘ってこないかを

確認するためじゃないかと思われる





9年前の出会った頃なら

彼の忙しさも知らず

私の一方的な 会いたいメールばかりだったかもしれない

でも その後のご無沙汰

会っていない時間で

女の気持ちって 変わるもの




「また デートしような」




デートって

ホテルに直行して

やって終わりのことを

言ってるのよね





【調教師】が

ホテルに行かず

続けざまに 昼日中に

デートしてくれた日が

懐かしい





あの時は

ホテルに行かないことを

不満に思ってたのにね・・・





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「そろそろ会いたいです」

昨年6年ぶりに会った既婚者からの

久しぶりのメール

本当なら とても嬉しいお誘い

それなのに

素直に喜べない自分がいる





まだ 馴染みが薄い

まだ 信用できない

まだ 甘えられない

それだけが 理由だろうか





確かに 【調教師】は

その全てが クリアされてる

そして 何より

イケメンじゃないという 安心感





でも 既婚者の方は違う

結婚観やら 日々の生活やら

理想的すぎて むしろ

距離を感じる

おまけに イケメンときたら

こっちばかりが ハンデが多すぎて

気落ち?

気負ってしまう





そこに オバサンが甘えたら

気持ち悪いだけのような気がして

甘えるどころか 気が抜けない





でも 「カレシ」の存在は嬉しいから

結局 1ヶ月も 2ヶ月も

次の誘いを 待ってしまうのだろう





こんなに 放っとかれて

待ちくたびれて 他に男を探してるほどなのに

それでも そんな男たちがイイなんて・・・

馬鹿な私・・・





「ところで 奥さんは落ち着いた?」

「大丈夫 安定してます」





大丈夫じゃないだろ!

私のほうが 病みそうだわ





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
[ジャンルランキング]
恋愛
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
64位
アクセスランキングを見る>>
QR