FC2ブログ
≪ 2018 07   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2018 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

フルコースのデートは

メニューが山盛り過ぎて

やはり今回も ホテルには行けずに

解散といったところ





「今日も 楽しかった」

この言葉に 嘘はない

スマートなエスコートじゃなかったけれど

マナーも悪くて ちょっと興醒めしたけど

おしゃべりは楽しかったし

彼の優しさは 十分伝わってきた

そこに 愛があるかは わからないけど

この年齢で

この立場で

普通のデートなんて・・・

独身の時には なかったことだもの

憧れだったから

新鮮で

楽しくて

浮き足立ってて

見た目の年齢さなんて

多少は 気になったけど・・・

でも 嬉しかったよ





やっぱ フラグなの?

私 もうじき しぬの?







ま いつ人生が終わってもいいくらい

未練は無いけど

でも 彼との関係が終わるのは

未練タラタラかな





「またね」

「うん」

お約束のキス

って え?

何を 寸止めで待ってるの?

私からキスするの?

もぉぉぉぉ!!!

と思いながらも 軽く唇を重ねる私





「物足りない?」

「えぇぇそりゃあもう!!!」

「笑」

「ここ何回かのデートは本当」

もう隠すことなく正直に 気持ちを伝える

「じゃあ 今度」





ホントだな?

武士に二言はないな?






別に デートでも悪くはないけどね

精神的には 満足して帰るし

ただ 肉体的には不満だらけだけど





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


彼のエスコートは

決してスマートとは言えない

経験不足によるもの





世間知らずとまでは 言わないが

経験値の高い女性なら がっかりするレベル

以前の私 さしずめ若かりし頃の私なら

一瞬で冷める恋心だろう





今はまだ スマホがあるから

すぐに調べて 迷うことなく

止まらずに デートは進められるけど

彼は マナーまでは調べていない

時間 道順 ルール・・・そこまでは最低限として調べ

男性として 私をリードする

私も 知っていながらも 口出しせずに 彼についていく

今の私の年齢では それもひとつの愛





一緒にいて 恥ずかしかったり

惨めになったり 軽蔑したり

そう思うのは やはり若さゆえの

相手に過剰な期待と尊敬を抱いているから

でも いちいちそんな小さなことで

腹を立てたりすることもなくなると

いや 年下だからかもしれない

しょうがない・・・これから経験して 覚えていけばいいさ

そう 彼を 生温い目で見守れる







お店に表示してある 注意事項を守らずに

お店の人から注意を受けると

せっかくのデートの 雰囲気が悪くなることを

私は 経験上知っている

何か 怒れることがあって 他人と喧嘩にでもなれば

一緒にいる彼女が 嫌な思いをすること

彼女に被害が及べば 尚更





でも 何故か男ってものは

女性の前で いきがって見せたい生き物で

女性を ハラハラさせるのだ

女は そんなこと望んでもいないし

期待もしていないのに

むしろ 動じない懐の深さに 安心するのに






映画館で 飲み物すら飲まないほうが

映画内容に集中できることを

以前の彼氏 【テル】に教わった



映画館に慣れていない【調教師】は 真逆な行動に出

飲み物どころか 食べ物まで調達し

それも 禁止されてる持ち込み品で

上映の大きな音量に紛れて 動き始めたのだが

まるで 部屋でDVDを見ているかのような様に呆れ

子供を見る親目線で 諦めてわがままを聞いていた





人気の映画だから パット見で判断するなんて

普通は考えられない

それが彼は 序盤で飽きてしまい

ため息をつくやら おしゃべりを始めるやら

終いには 寝るというのだ

やっぱり彼とは 二度と映画には来ない

そう決心できた





結果的には 寝ていられないほど

面白い映画だったのだが

今度は 映画の後の 彼による酷評

気持ちよく見終わったのに

あれは良くなかった

もっとこうすれば良かった

と お前は映画評論家か?

しかも 考えが古すぎる

昭和か?

そんな説明的な場面や演技を入れたら

せっかくの 表情一つで全てを読み解けるシーンが

台無しになるわ!!





それでも 怒ることもなく

うんうんと聞いてしまう私は

やっぱり 親目線





きっと 若い頃に

同年代で出会っていたら

私たちは 上手くいかなかったわね





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


映画を?

一緒に観るの?




「誰か他の人と 行ったら?」

彼が 一緒に観に行こうと言ってるのに

突き返すような 私の返事





だって・・・

そもそも 私が映画チケットをあげたのは

普段 映画館に行かないって言うから

むしろ レンタルで十分だと言ってたし

無駄だの 勿体無いだの

金勘定だけで 映画の良さを知らないみたいだから

それだったら

タダで観られるなら 足を運ぶのかなって





違うのか・・・

そもそも 映画館まで行くのが 億劫なのか

一緒に行ける相手がいないからなのか

一人でも行けないからなのか





映画デート出来ないと思ってたし

前に 映画に誘ったら 馬鹿にされたから

二度と誘わないって 思ってたのに・・・





最近の彼は おかしい

私を喜ばせようとするデートばかり

まあ 自分の未来の彼女との

シミュレーションにも なるだろうけど





「その前に アイの好きなとこに」

「え?」

ホテルじゃないよね 笑

行かないって 宣言されてたし

映画に時間を取られるから

無理よね





「猫カフェに・・・」

キャーッ!!!

私の猫好きを知ってての 彼の配慮?





ねぇ

こんなに 私のために・・・

どうして?

私 しぬの? 笑





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「電話してもいい」

お約束の 酔っぱらいメール





普段 メールを遠慮してる私の

唯一の勇気が沸く瞬間

なんてね ただのお酒の力を借りた 小心者の勢い





「いいよ」

ラインメールが入るとすぐにコール

そこからは お酒の気持ち良さに相まって

彼の声を聞きながら 足取りも軽く・・・

千鳥足で 笑

夜道を歩く





飲み会の内容

近況報告

仕事の愚痴

そして 本題

「明日 暇? 会えない?」





すると 彼のデートプランが・・・

「あそこに行って それから あっちにも行って」

「・・・・・?」

「ホテルには 行けないかな」

「え?」

「笑」

「・・・・・?」

「行きたい?」

「まあ・・・」

「でも 行きたいとこがあるから」

「ふ~ん いいよ別に」

「オナニーしてないな・・・」

「すれば? ホテルに行かないなら 思う存分すれば?」

「笑」





怒っちゃいないけど

会えるだけでも 嬉しいけど

デートプラン考えてくれて

昼日中から出掛けてくれるんだから

女からしたら すごく嬉しいけど

でも

君に抱かれる日を楽しみに

仕事 頑張ってきたのに・・・





ふん

もう私とは しないなら

他を探してやるから!





出来ないけど・・・

たとえ 宛があっても

他の人じゃ 会いたくないし




もぉぉぉ 馬鹿!!





「そろそろ 切るね」

「うん」

「ありがと じゃ明日」




結局 会える嬉しさが勝つ




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


いつでもウエルカムの体になったは いいけど

見えない女の周期は まだ存在している





胸の張り

性欲

イライラ

明らかに 生理期間やら 排卵期間やらを思わせる

女性ホルモンによる 自覚症状 





もし まだ子宮があったなら

今は 生理前の胸の張りねとか

この下着の濡れ具合は 排卵期のムラムラかしらとか

無闇矢鱈のこのイライラは 本当なら生理期間かもとか

更年期障害とも見間違う

いや もしかしたら 更年期ゆえの症状か

そんな アンバランスな私の体





彼が ホテルに行かず

ドライブやランチ ショッピングのデートに徹するのは

私の手術痕を見たから?

女としての魅力がなくなったから?

未来のないおばさんに精力、気力、労力、時間、金銭を

費やすのが アホらしくなったから?

きっと そうなんだ・・・と不安になる気持ちと

もしそうだとしても それなら そもそも

会ってもくれないでしょう?





大丈夫!

メールの返信も来る

電話にも応えてくれる

デートもしてくれる

キスもしてくれるじゃない

同情で出来ることじゃない

ボランティアで出来ることじゃない

と不安と自信が入り混じり

自問自答する日々





でも

彼とデートしてる間は

特に性欲が沸いて どうしようもない

なんてこともなく

穏やかに 彼の横顔を見つめたり

彼の体が傍にあることで 頼もしく思えたり

むしろ

人前で 堂々とデートしてる幸せに浸ってる





性欲が沸かない?

ん?

大丈夫か? 私

そういえば最近

オナニーもしてない

ヤバイな・・・

劣化・・・

いや 老化しなきゃいいけど







にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


明らかに 終わりの時間・・・よね?

まさか これから

ホテルとか 行かないわよね さすがに





そんなことを思いながら

いつもの解散場所へと 車が到着する





楽しかった・・・

文句なく楽しかった

精神的満足感は 100%

傍から見たら どういうカップルに見えようが

恋人気分で 一日過ごせたことは

この上ない喜び





何も得られない

何も望めない

未来なんかない私との関係のために

時間を費やし

体力を費やし

金銭を費やし

頭をひねり

話題を作り

同調し 突っ込み 笑わせ





最後に

キスをくれる





「物足りなさそうな顔してる・・・」





はい! その通りです!

肉体的不満足は 100%です





でも 最後にキスをしてくれたことで

その マイナスな100%が

吹っ飛んでしまうから 悔しい





「じゃーね」

「うん」

「また」

「うん」






また・・・って言った?

社交辞令か?

いつもの 癖か?

うっかりか?

本当に また会える?

もう

私を 抱きたくなくなった?

そっちの方の処理は 他で済ませてるの?

私は お払い箱?






なんて そんなことを考えては

せっかく 私のためにデートプランを考えて

私を喜ばせてくれた 【調教師】の優しさが

無駄になってしまう






会えばいつもホテル・・・

所詮 私のことは性処理相手の

セフレとしてしか 思っていないのね

なんて思ってた時もあるのに

真逆の対応をされたら

それはそれで

私の体には もう興味が無くなったのね

と思ってしまう





女って

ホント 面倒くさいわよね

わがままで 欲張り

全部を手に入れたい

いつも 愛の言葉が欲しい

いつも 愛されてる実感が欲しい





本当は 十分彼の愛が

わかってるはずなのに





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


晴れてしまった・・・

なんてこと しかも快晴





お天道様に顔向けできないことを

しているけど

それでも 天気がいいと

ホテルに直行するのは 惜しい





な~んて そんなこと

これっぽっちも 私は思っていなかったのに

【調教師】は ホテルに向かわず

どんどん 車を走らせる





どこに 行くのだろう

帰りの時間

ホテルの滞在時間

ランチは?

気にしながらも

気にしていないふり

それでも どんどん車は進む

彼とは 来たことないほどの距離

敢えて どこに行くの?

とも聞かずに おしゃべりを続ける私





さすがに彼も

目的地が近付くと ナビを見始め

探し始める

「ここら辺だったはず・・・」

ググってきたのか 前に来たことがあるのか

そこは 美味しいスイーツがあるお店だという





最近の彼は 普通のカップルが行くような

王道のデートコースをプランしてくる

どうしたんだろう

いくら平日の 人もまばらな日とはいえ

ひと目もはばからずに





すごく嬉しくて 自然と笑みが出てくる

でも

彼との年齢の開きを縮めたくて

めいっぱい目を見開いてみたり

口角が上がるように 唇に力を入れてみたり

歩く姿勢も 綺麗に軽やかに見えるように気を配ったり

何かと 大変







この王道の健全なデートは

君の将来のシミュレーションなの?

それとも 私の経験不足を補って

喜ばせるもの?





素直に 喜んでいいのか

もしかして そろそろ身を引いたほうがいい空気を

私が読めていないだけなのか





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「今度の休み 暇?」

もう遠慮なく サラッと誘えるように・・・

なってるような なっていないような





「特に 予定はないよ」

「会い過ぎかな? もう少し間を空ける?」

「いや別に」





女性の周期を気にせず いつでも会える体になると

遠慮や 恥ずかしさも気にせず

図々しいほど 積極的に誘ってる自分に 驚き





本当にいいのかしら

会いたい理由が

仕事に行き詰まり 職場の人間関係に嫌気がさし

新しい上司にムラムラさせられてるからなんて

そこまで正直には言えないけど





毎日毎日

今度会ったら 【調教師】を 思い切り抱きしめて

胸に顔を埋めて 癒してもらおうと

そんな妄想で 嫌なことを乗り切ってる





今度会ったら・・・

次は どんな・・・

先のこと 未来のこと・・・

希望・・・

約束・・・

期待・・・

想う男性がいるということは

こんなにも 幸せな気持ちにさせてくれる





それでも 不意に考える

遠い未来は 夢見ることはあっても

実際は いつか来る現実の別れに不安を抱き

未来を恐れ

今 現在が ずっと続くことだけを

祈ってしまう





私が おばあさんに なったら・・・

彼に 恋人ができたら・・・

彼が 結婚したら・・・





いつまでも 続くものではない関係

今が良ければ?

短い女の命なら 今を存分に?





潔く 終われるのか

自ら 嫌気がさして 終わるのか

終わりを認められずに 途方に暮れ絶望するのか





幸せと背中合わせの

夢と 絶望





いつまでも

彼に会いたい





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


一夜限りの浮気や

暇をみては繰り返す浮気

または

長い付き合いの不倫





配偶者を裏切り

道徳的に不貞をはたらく人たちは

いけないこととわかっていながら

何故、理性を効かせず行動に移すのか






「事故」

一夜限りの出来心を

こう例える人もいる

後に、後悔する人

思い出しては余韻に浸る人

それをキッカケに ハマる人






性欲処理目的なら

「出会い系中毒」なのか

毎回、新しい人と合意のもと

金銭が絡んだりしながら

愛のないセックスで 体と懐を満たす





長きに渡って不倫をしている人たちは

「現実逃避」やら

「癒し目的」やら

「運命共同体」やらの

感覚なのか 思い込みなのか

離れられない関係という言い訳を

強調するのが大半






「浮気」「不倫」に於いては

「こんなはずじゃなかった」

と思う人も いるのだろうか

結婚を失敗したと思い

真実の愛を求めて 不倫する人

家庭は何の問題もなく過ごしながら

刺激を求めて パートナー以外の人と

体を重ねる人

家庭に不満を持ちながらも

離婚する勇気が無く

癒しを求めて

内緒で 別のパートナーを持つ人





子供や

浮気否定派には

受け入れられない感覚

当事者にしかわからない闇的な

病みの間違いか?

本当は わかっているのに

抜けられないのか

抜けたら 生きがいを失うのか

何か他に夢中になれることがあれば

抜けられるのか





もしや

性欲が無くなれば

浮気など しない?





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


単なる欲求不満からくる

感覚なのかもしれない





声がいい男性は 結構いるが

その中でも

手が大きく綺麗な男性は 稀

大抵の場合 若い男性に限る気もする

ところが そうでもない男性が

職場の それも私の目の前にいる





仕事中 私の隣に来たその上司は

最近 悪態をつきあう仲

上司にして 私より年下ということもあり

わがままや 暴言 おねだりや忠告まで

いくら上司といえども 皆が敬語を使っている中

タメ口で 反撃している私





そこまで言うからには

それなりの 信頼関係が築けてるからであって

その日の機嫌を見ながらの技量の元

たまに地雷を踏んだときは

後悔と落ち込みに苛まれるが

怒りを長引かせない程度に 受け止めている





その上司の 柔らかい声は

他の同僚にも 公言しているほどのイケボ

そして手も 皆の前で茶化すほど

綺麗で妬ましいもの





その手が つい最近

間近で視界に入る機会があり

思わず ムラっとするほど 驚いた





綺麗なだけでなく 意外と大きかったその手は

無駄に 指も長く






というのも 顔も性格もスタイルも

それほど 良いわけじゃないと思うからで

その全てが良ければ

文句なく 非の打ち所のないイケメンで

むしろ 女の敵に思う







その上司の手に

ムラっときたのは 事実

でも その上司に対して

性欲は湧いても

抱かれたいとは思わずに

他の男性 【調教師】に

会いたいと思い

そして 抱かれたいとも思う





昔の私なら

直で その男性との妄想に走っていたのに

今は 考えられない





男性なら 誰彼構わず

恋愛脳で 見ていた私だが

やっと 男女関係を抜きにして

話し 仕事をし 見られるようになった





浮気なことばかり考えていた私が

今は ひとりの男のことしか考えていない

自分でも 驚きだ





とかいって

そもそも その男は 浮気相手じゃないか





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
[ジャンルランキング]
恋愛
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
71位
アクセスランキングを見る>>
QR