FC2ブログ
≪ 2017 12   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2018 02 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

「なんでメールしないのー

前みたいに普通にメールすればいいじゃん

今の俺は予定が全部狂って

精神的におかしいのはわかってるよ

怒らせたことは謝ってるでしょ

とにかくメールしてよ

電話できないんなら

メールしか連絡のとりようがないんだからさ」






「こんばんは

メールくれないね

俺さ今度、別のとこで働くんだ

上手く言えないけど

転職してから次から次と悪いことが起きて

アイとも こんなことになるしね

アイとは前の職場にいた時みたいに

仲良くしたいだけなんだよ

アイのこと悪く言いたくないし

メールして、お願いね」






毎日のように来る【元同僚】からのメール

わかりやすいように着信音を 彼専用に変えると

それがかえって 私の精神を蝕む

その音が鳴るだけで 拒絶反応を感じる羽目に





そして メールの内容を見ては

只事ではないような

常軌を逸してると感じるのは

私の思い過ごしだろうか





狂ってると 自分で言う辺りが 恐い

それに

私と同じ職場を辞めてから

聞いてるだけでも 5箇所目の転職

どこも 1日2日で辞めているように

受け取れる





あれほど 真面目に働いていた彼が

長続きしないとは

何が原因なのか





今までが 甘すぎたのを

彼は気づいていない

辞めてしまった会社の人事の人が

彼の真面目さを買って

引き取ってくれたのに

気に入らない人がいるくらいで

しかも フルタイムで働きたくないなんて

今時の若い子が言うようなことを






もうそこら辺から

彼とは 話が合わないと

会わずして わかる





そして 恐れていたことが ついには

「電話してもいい?

話せないかな」





これには さすがに動揺

前回 ここで失敗し

スルーしていたメールに うっかり慌てて返信した経緯有り

ここは 慌てて返信せずに 無視を決め込み

メールを読んでいないフリをして

着信拒否設定にする

こういうとき

ラインと違って 既読がつかないガラケーのメールは助かる

まぁ ラインでも既読をつけずに既読スルーは出来るけども





メールも拒否できないかと

検索する





迷惑メールホルダーを作り

自動で放り込むくらいしか

出来ないようだ





いよいよ

彼が思い詰めていないことを祈る時点にまで

来てしまったかしら





まさかね





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「もうメールしないの?

怒ってるの?

ちなみに 今度の飲み会はどこ?

何時から?」





呆れるほど 自分のメールの矛盾に気づかない

【元同僚】





これからは おばちゃんに相談するみたいに

たまにメールするって

そう おっしゃいましたよね?

何がしたいの?

どうなりたいの?

空気読めないかな?

返信がない時点で 普通諦めないかな?

まだ 未練があるの?

じゃあどうして 悪態をつくのかな?





私は ひとつも怒ってなどいない

同じ土俵にいるとも 思ってないし

何をひとりで カッカしてるのか

理解に苦しむ





飲み会には行かないと

その日は仕事だと

みんなとは飲まないと

私と2人きりじゃなければ行かないと

あれほど 自分から言っといて

もう 呆れる他ない





顔も見たくないから

私の方から 君の飲み会参加は

願い下げだわ





そして 無視すること

一週間

これが 飲み会の前の一週間だ





そして飲み会 数日後





「こんにちは

なんでメールくれないの?

飲み会のことも 全然教えてくれないし

嫌なこと言われたから怒ってるわけか?」





嫌なことを言ったと自覚してる?

私のことを 『おばさん 』と 言ったことかしら?

嫌なことを 言ったつもりなのね

わざと







これだけ 無視しても

気持ちが伝わらないとなると

思ってもいない気持ちを 言うしかないかな

嘘も方便というしね






さて

どんな文面にしたら

諦めてくれるかしら





ここまで 君のことを嫌いにさせるんだから

事の次第によっちゃあ

もう みんなと飲む時でも

君が居たら 私は 参加できなくなっちゃうわね





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


楽しいはずの 職場の飲み会が

終始 【元同僚】のことが 頭をかすめ

そのモヤモヤを振り払うかのように

ビールジョッキから手が離れず

ピッチが上がる





悪酔いするかな・・・





飲んで憂さを晴らすつもりだったのか

その日の私は 酔いの回りが早く

食べ物もろくに取らずに

ビールをかっこんでる

それでも

誰かに聞いてほしい衝動を抑えるのに

至極 冷静だ





私の隣には 独身男性

といっても バツイチではあるけど

その独身上司が 隣に座ったせいで

おしゃべりが止まらない





普段 デスクを挟んで 軽く業務連絡をする程度の

上司と部下の関係

部下といっても たかだかパート社員の私ではあるが

それ以上の関係は 全く何もないが

この日は やけに 会話が楽しい





ただ

時折 彼の肩が私の肩を小突いてくることが

私には 異常なまでに気になる

たしか 以前もそんなことがあった

別の男性社員が 帰ろうとする私を引き止めるのに

正面から両肩を掴まれ

その両手から伝わってくる力に

一瞬で 男を意識し 怖くなったことを

未だに覚えている





生娘でもあるまいし

何故に あんなに意識したのか 未だにわからない

初対面の男性とホテルに行くくせに

いくら そういう免疫があっても

そこまでの関係ではない男性から触られるのは

別物らしい






隣に座る上司は

普段とは違う饒舌な私に気づき

面白がってくれているが

テーブルを挟んで向かいに座る 先輩女性の

タバコを吸いながらの 斜に構えた姿が

私には落ち着かない

何故なら この上司が

周りの女性にチヤホヤされるタイプだから





ま、そんなことは

酔ってしまえば どうにでもなれってなもんで

楽しさに身を任せる





そこへ 話題に上った 【元同僚】の近況

すると 誰も彼の今の状況を知らない

知っているのは 私だけのようだ

まさか メールが頻繁に来て困っているなんて

言えるわけもなく

知らないふりをしながら

彼の他の情報を 聞き入る





彼が 「主婦専門」の性癖とは

誰も知らないのだろう

その上

高校生でもわかるような 無視されたら諦めるという

思考観念がないこと

自分の結婚観やら

将来、子供は不要なことなど

聞きたくもないことを語るところとか

それによって 子供を持つ親の気持ちがわからないことまで





35にもなって

子供じみた生活能力の無さ

それなら ひとり孤独に生きていけばいいのに

自慢なのか 誘惑なのか

格好をつけて話すところまで

誰も知らないことを

ぶち撒けてしまいたい欲求が

ふつふつと湧き上がるけど

絶対 言ってはいけないと

私の良心は わかってはいる






どうにか 楽しい気分で

場は終わり

帰りに 【調教師】と電話で話しながら

帰宅後

悪夢が私を襲った






そう 正しく悪夢!

出来事ではない!

その日見た夢に 彼は出てきた

それほどまでに 私の精神を支配し始めていたのかと

思い知らされた






二日酔いなのか

夢に悪酔いしたのか

飲み会の次の日の日曜の1日は

やけにテンションが だだ下がり






にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


長い人生において 一貫して

理想の異性像が 変わらないという人は

いるだろうか





色々な経験から

自分の理想としてきたことが

もろくも崩れ去ることは 必至





その上

自分の立ち位置 環境 年齢も相まって

自分に必要なものも 変わってくる





そして

理想はあくまで理想なのだと

諦め 妥協し

ハードルを下げたり





全部揃った人など この世には いないことをさとし

消去法で 行き過ぎた夢のような理想を外していき

これだけは!という拘りだけを 残す






そうすると 見えてくる最低限の節度

ある程度 生活能力があれば とか

優しい人なら ただそれでいい とか

真面目にさえ働いてくれれば それだけでいい とか

明るく照らしてくれる面白い人なら それでいい とか

最後には 顔や 経済力は二の次になったり





または お金さえあれば

顔なんて どうでもいい とか

家庭を顧みなくても お金さえ入れてくれれば とか

外で浮気してても 構わない とか





どれかを 犠牲にしないと

全部は 手に入らないものだから

どれかは 諦めなきゃ! みたいな

人生経験が長くなると そう思うのである






ま 極端すぎて

若い人には 暗くなるような話でしかないけど





理想の 恋人や夫婦だけで言うと

経済力なのか

包容力なのか

はたまた 性欲なのか





冗談を抜きにして

長続きする秘訣って 結局のところ

なんだろうと 最近思うようになってきた





ずっと仲がいい夫婦

子供が巣立っても 仲良くしている夫婦

もちろん 仮面ではなく

本当の 血縁家族のような信頼関係

そんな関係を築いてる夫婦って

そうではない夫婦と 何が違うのか





もしかしたら 夫婦の営みにおいて

お互いの性欲のタイミングが 合うとか

愛だの恋だの抜きにして 性処理として割り切って

行為に勤しめるとか





あまりにも仲のいい夫婦を見ると

そんな深読みをしてしまう




だから

求める異性の 究極の理想は

お互いの性のフィーリングなんじゃないかと

思えてならない





だって

三大欲求って言うしね







にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


職場の 大卒の営業マンとの会話は

おどけたり 褒めたり 怒ったり 弄ったり

女性の扱い方に慣れているらしく

とにかく 楽しい





予想通りの 返しをされたり

嬉しくなるような 反応があると

益々 饒舌になり

頬が紅潮してくるのが 自分でもわかる






IQが高いと

相手が話そうとしていることが 予測できたり

どう反応するかも 何となくわかって

相手を 機嫌良くさせることも

不機嫌にさせることも お手の物らしい

だから彼は 商談も上手いのだろう





そういう人と付き合うと

表面上の付き合いなら 楽しいだろうな





今回

【元同僚】との やりとりは

私の学習になった





持ち上げ もてはやし

話題に同調していると

勘違いされるということ





その点

真逆の 営業マンは

それが リップサービスだと

わかっている





だから

乗り良く 絡むし

それ以上を 望まない

期待しない





きっと

もしも 酔った勢いで

何か しでかしても

それで どうこうなるとか

責任だの 裏切りだの

言わないだろう

挨拶程度に 反応し

その後の 仕事に支障を来たすような

後味の悪い 引きずるような関係は

持たないだろう





なんとなく

そんな大人な気がする





お互い

ちょっと ムラムラしていて

その場の流れで

処理したかっただけ





みたいな 終わり方





なんか いいな





あくまで理想だけど





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「もう メールしないの?」





【元同僚】は

仕事が終わると 晩酌をしながら

グチグチとしたメールをしてくる





「アイ 変わっちゃったよね

俺のこと嫌いでしょ?

旦那とか姑とか 上手くいってる?

俺は結婚はしないかな

・・・・・・・・

・・・・・・・・」






聞いてもいない 自分語りが始まる

「何度も言いますけど

・・・・・・・

・・・・・・・」

飲み会とか 会うとか

そんなこと言っていられないこと

今 仕事が大変なこと

男性と2人きりでは 出かけないこと

いやらしいメールは 嫌なこと

いくら メル友としてでも 頻繁にはしないこと

全部 文字にしたためた

最後に

「私のこの考えっておかしい? 頭固い?」

と付け加え






「うん 固いね

なんで敬語?

メールは前から してたじゃん

エロい話も してたじゃん

半端なメールするから 勘違いするんだよ

病人なんか放っとけば いいじゃん

俺は ホントは会社を辞めたくなかったんだ

それなのに 俺がいなくなった途端

皆で楽しくやっててさ

俺の気持ちなんか わかんないだろ

二人きりじゃなきゃ 飲みには行かないよ

アイのバカ」






・・・開いた口が塞がらない

とは

このこと?

呆れかえって

当たり前に 無視を決め込む






「ごめん言いすぎた

喧嘩するつもりは なかったんだ

頭にきたから アイのメール 全部消しちゃって

後悔してる

これからは おばちゃんみたいな感じで

相談があるときには メールするね

後は しないから

じゃ」






・・・笑うしかない

最後に 「おばちゃん」という文字で

嫌味を言ったつもりなのだろう

その 「おばちゃん」を

必死に口説こうと頑張っていたのは

どこの誰だよ






是非とも 今までの

自分の送ってきたメールを

読み返してもらいたいものだ

私は 喧嘩などしていない

終始 冷静にお断りを繰り返している

勝手に ひとり盛り上がったり 盛り下がったり

興奮していたのは 彼だけだ






とりあえず

もう 返信はしない

ついでに ブロックしたいんだけど

ガラケーだと 着拒できるのかしら

しようかしら






にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「ちょっと落ち着いて!

電話は出来ないよ?

メールも こんなに頻繁にするのは

もう やめましょ」





もはや 【元同僚】を怒らせないように

遠回しな言い方では こちらの気持ちが通じない

ハッキリと言わないと・・・

こんなとき

「嫌い」と きっぱり言ったほうがいいと

ストーカー被害の対策として 聞いたことがある

でも

「気持ち悪い」と言っても 引き下がらないし

むしろ 怒らせてしまっている





なんだか

思いもかけない方向に進んで

誰かに 話してしまいたい気分

でも 辞めてしまった人のことを

今更 職場の人に相談するのも

おかしな話だし

そんな やりとり 止めてしまえばいいじゃん

という返答が 想像できる

というか 誰も 彼のこんな姿や性格を知らないから

私が 彼の品格を下げることになる





彼が 最初に

正直に自分の素性を話してくれた時に

嫌な予感は していたはずなのに・・・

中学も途中で 登校拒否になり

高校も行っていない

それでいて 下半身だけは盛ん

そういえば

地元の同級生にも 同じような男性がいた

やはり 小中と授業についていけずに

高校には行かず 就職

その子も 社会人になってから 下半身が盛んで

手当たり次第 同級生や他の女性に声をかけてると

同級生の友達に 嘆かれたことがあった





元同僚の彼を ちょっと尊敬していた自分が

少なからず ショックを受けることになるなんて





「ごめんなさい

メールしないでくれる?

家族に読まれたら困るような内容ばかりだし

不倫するつもりはないから

疑われるようなことを したくないの

ちょっと落ち着いて普通に考えてみて

ホントにおかしいよ?

今までの人妻は どうだったか知らないけど

私は付き合わないし

友達のような話ができないなら

メールもしないから」





ここまで 言ったら

さすがに わかるよね





「ごめん 言いすぎた

他の事務の子と一緒なら

飲みに行けるんだよね?

でも やっぱり二人きりで飲みたいな

だめ?」





やはり 通じない

もう やめよ





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


どこから歯車が狂ったのか

【元同僚】が 豹変





いや、そう感じてるのは私だけか

元々彼は そういう人だったことを

私が知らなかっただけなのかもしれない






まだ 一緒に飲みにも行っていない

それどころか 会ってもいないのに

呆れるほど 思い込みが激しい彼の言動に

ただただ 驚く






ストーカー被害って

こんな感じなのだろうか






メールに返信するだけで

彼に対して 私にその気があると思われ

それならば 毎度返信しなければいい

かと思えば 返信がないことへの

彼の嘆きの応酬が しつこい






ひと回り以上年上の私を

「アイ」と呼び捨てにして

すっかり恋人気取り






彼から発せられる

言葉どころか 文字にも出来ないような

いやらしいメールの文面に

時に 無視し

時に 拒絶する






下ネタは 嫌だと言ってるのに

やめようとせず それどころか

「こんないやらしい話をする仲になっちゃったね」

と返信がくる始末





気持ち悪くて 携帯を放った





彼の 一日に2通も3通もくるメールに対し

一度しか返信しないスタンスを 貫き通しているのに

「メールしなくなったね」

「で?飲み会いつにする?」

「いいお店を知ってるんだ」

と 続けざまにメール






「二人きりで会うのは やっぱりヤバイよ!」

と 何度言っても聞き入れない

「不倫はしないよ!

私 そういうの無理だから!ホント!

結構ヤバイ人だったんだね君!」

という言葉すら ただの会話に受け取られ

流される

彼にとっては 不倫や浮気は慣れたものなんでしょう






「ねぇ 気持ちわるいよ」

と ハッキリと

不倫をしようとする気持ちを否定すると

「人の好意を気持ち悪いってなんだよ!」

と キレる






怖い

一般常識が通用しなくなってる

「何度も言ってるけど 私は主婦だから

そう頻繁にメールはできないよ!

いやらしいメールには無視してきたし

あなたの気持ちを知った以上 2人きりでは会わない!」






「2人きりじゃなければ会える?

なんかメールしなくなったね

俺、嫌われてるの?

電話していい?」






おかしい・・・

いつの間に こんなに壁が無くなった?





私が招いてしまった 誤算





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
[ジャンルランキング]
恋愛
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
69位
アクセスランキングを見る>>
QR