≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ブログの記事として

男性との詳しいセックス描写が人気なのは

私も他のブログを読んでいて 同感だ





逆に

ネガティブな内容や

男性に対する想い 愚痴 会話のやりとり等

他人には 全く興味が湧かないのも 然り





例外的に 暴言的な愚痴は

むしろ 清々しいほどスッキリし

その後の展開が気になり 毎日更新をチェックしてたりするけど





そう分析していても

男と会えていない私は

セックス描写を 詳しく書けず

無念







出会い系で 男を漁り

闇雲に会っていた私が

実は 男性に免疫がなく

恋愛なくして 会話ができない

恋愛脳の持ち主だということを

ここ最近になって気づき

自分を持て余しているという 事実





専業主婦から脱却 仕事を再開して 5年

やっと 男性との仕事の会話

何気ない世間話に

緊張することなく 接することができるようになった





可笑しい

それよりも緊張すべき 見知らぬ男性との裸の付き合いには

動じることなく 楽しんでるくせに

素面では どこまでも清純な自分に

我ながら 疑心を抱く





そうは言っても お酒が入ると別だ

お酒という口実をいいことに

酔ってるフリをして 男性と絡み

裏の顔を覗かせ グイグイ惹き寄せる





決して 男を落としたいわけじゃない

それなりの頭のいい男を選び

その場だけの 男と女の駆け引きを楽しむ

その場の いい雰囲気に乗ってくれる男なら 優秀

図に乗って 本気で口説き始める男なら 劣等





大勢での飲みの席

普段 モテ系の男性社員と

意気投合してるかのように 楽しく会話

私にとって 男としてタイプじゃない顔でも

モテるだけあって 女性との会話が上手なことに

多少なりとも 引き寄せられる





酔いが回って大胆になってるフリで 軽くボディタッチ

お互いのメニューを お互いに食べさせるという

間接キス的な行動も 気を許してるようで 楽しい





私たち2人が エスカレートしていく様も 周りは見ている

男性からは どう見えるか知らないが

女性からは いい気はしないだろうことに

やはり 女性陣の人数が少ないのが 厳しいかと





不倫がピックアップされる昨今

昔から 別に珍しいことではないのに

何故か 男性なら ただの浮気

女性だと 本気とも取れる長い付き合いの不倫と

女性が浮気をすると 男性が浮気するよりも叩かれる





女だって 男同様

他の男性に抱かれてみたいなって思うのよ

その場の雰囲気に乗っかって楽しみたいなって

ちょっとした 秘め事を持ちたいなって

男だけが現役で 本能的に種を蒔き散らかしたいわけじゃなくて

女だって 育児が落ち着けば

体は 女を取り戻し

黙ってたって フェロモンが吹き出し始めるのよ

ジット家に閉じこもってた反動で

外での会話 遊び 飲みが

男以上に自由に感じられ 幸せに感じて

うっかり羽目を外したい気分になる時だって

あるのよ





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


会いたくなくなった男には

都合よく 婦人科系疾患を告白し

別れを告げる





でも

まだ 会いたい人には

告げるかどうか 悩む





このまま 何もなかったフリで

また会えるんじゃないか

そんな期待が 残ってる

だから 【調教師】の彼には

告げていない





子宮摘出後のセックスについて 検索





機能的には 膣がある分

まだ 男性を受け入れられるらしい

むしろ 子宮癌 子宮頸癌のリスクが無くなり

生理の予定も気にすることなく

セックスを謳歌するというパターンと





子宮摘出による喪失感で 鬱になり

性欲もなくなり 夫の要求を拒むようになるパターンと

真逆の見解






私からすれば 女として まだ機能が大丈夫なら

更に 術後も性欲があるのなら

まだまだ 女として悦びを感じていたい





この期に及んで

女に未練タラタラの私

普通の神経じゃないか

手術を目前にして その後のセックスを気にしてる

随分と余裕じゃねえか

と 自分突っ込み

というか そんなことでも考えていないと

やっていられない





子宮摘出は メリットだらけというブログも発見

確かに!





だが 若い女医に

「卵巣も取ってしまいませんか?」

と言われ

これには 凍りついた

今までの 他の2人の医者は

卵巣を残せば ホルモンバランスは すぐには崩れない

更年期障害も すぐには現れないかも・・・

という話だったのに

いくら 卵巣を残すデメリットを説明されても

女と オサラバしませんか?

と言われてるようにしか 聞こえない不思議





いつまで

女にしがみついていられるのだろう





頼れる者が 少しずつ去っていく寂しさ

さらに 頼れない人たちとの 永遠の暮らし





その憂さを 男と晴らしたいという趣味的な発想は

屈折し過ぎだろう





他に ドキドキ ワクワクする生きがいを

どうやって探そうか





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「久しぶりー」

珍しく 懐かしい人からのライン

その当時 風貌が 明らかに悪そうに見えてた

【ワル】





金髪に サルエルパンツ

塩顔も塩顔

目が細く 目つきが悪すぎ

どこぞの ヤンキー上がりか?

みたいなイメージで会った彼






でも彼は

意外や誠実で 素直で しっかり 『お・と・こ』 だった

ちゃんと私を女として扱い 包み込み

ロマンチックなキスまでくれる

ちょっと おバカな真面目青年






ここにきて その当時 23歳だったことが判明

そして今 30を目前にして

敢えて 50を目前にしたオバサンと会おうというのだから

何を考えてるんだか

何も考えていないのか 笑





昔のイメージを引きずってるなと

ラインのやり取りをしているうち

彼の中では 昔で時間が止まってることが伺える

「オッサンになってるかもよー」

「それを言ったら 私はどうなるのよ」

そういえば あの頃

10歳ほどサバを読んでたっけ

バレバレで 何度も年齢を聞かれたけど

最後まで言わなかった私

まさかの年齢に 驚くだろうか





「細いのに 骨格がしっかりしていて意外とガッシリしてたよね」

「お前だって細かったじゃん」

お前だって・・・

お前呼ばわりされたことなど

ほぼ無い

そういうお前こそ 何様だよ

どうやら 俺様キャラは健在みたい





ということで あっさり会うことを快諾する私は

何を持って 会う会わないを振り分けてるのか

自分でも わからない

その時の 気分とでも言えばいいのか

少なくとも 彼は

性器の自撮りを送ってくるような男じゃないところがいい





それでも 昔は

出張や帰省のたびに 連絡してくることに慣れ

セックスするだけのデートに ウンザリし始め

断り続けて 会うのをやめ

そのうち 連絡も来なくなってた





じゃあ何故 5年ぶりに

今 会おうと?





最後の 私の相手だからだ





子宮摘出手術を目前にして連絡してきた

タイムリーな 最後の男だからだ





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


長距離ドライバーの【元カレ】から

最近 アプローチが多い





ラインにスタンプのみの構ってチャンは

本当に面倒くさい

素直に気持ちを言ってくれた方が

返信もしやすい

でも 彼は違う





私から

「会えるの?」

と言ってくれるのを彼は待っている

でも今の私は ライン通知だけで

ウンザリ気味





気付かないふりで 未読スルー





そんな中で ひどい時は

男性性器の画像を自撮りで送ってくる

これには

ショックと寂しさが込み上げてくる





私がそんな画像に喜ぶビッチだと思われてること

そして それだけの関係であることの証明

悲しい

セックス以外の部分も好きなのに

セックスができる男だから会っていると思われてる





違う

むしろ それ以外の

男として 人間として

尊敬できる部分があるから 好きなのに

そして 好きだから

セックスしたいと思うのに





堂々とした態度や

余裕の仕草

私をすっぽり包む大きな体

セックスしなくても

抱きしめられるだけで

キスしてくれるだけで

好きなのに

愛されてるという 錯覚を起こさせてくれるだけで

それだけでいいのに





性器の画像に欲情する女なんて

本当に いるのかしら





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


たいした男じゃない人を想っている自分に酔う





それは

「あんな男のどこが良いのだろう?」

と他人様に思われれば思われるほど

燃え上がり 陶酔する

何故だろう

その人の良さを 私だけが知っている自負

他の人に盗られる心配がない安心

そんな男なら

私が好きでいることを喜んでくれるのでは

という思い上がり





毎日そんなことを考えながら

日々彼を想う






会えていないのに・・・

おかしい(笑)





飲み会で酔った時だけ

酔っ払いのラインメールを送る

それも 甘えたな感じで

「電話してもいい?」

そういう時だけ 素直になる私に

返信をしてくる【調教師】






かろうじて繋ぎ止めている

セフレの関係





私は そうは思っていないけれど





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


男を遠ざけて過ごす日々が続いてる

でも 性欲がないわけじゃない

むしろ 会いたい





その会いたい相手が

限定されている

【調教師】





彼以外に もう会いたいと思える男がいない

そんな彼と なかなか会えていなくても

いつかは会えると思えば

『女』をキープしながら過ごせた






それなのに

その『女』が ポンコツになりかけている

筋腫による出血が続き

誘われる度 生理だと告げなければならない

詳しいことを教えていないから

男は信じないだろう

ただ会いたくない口実だと思われて





そんな理由を逆手に

【公務員】に 別れを切り出す

婦人科系に疾患があることを告げれば

流石に それ以上 アプローチはなくなる





ちょっとは期待していた自分がいる

それでも会いたいと言われることを・・・





男たちは 女として利用できなくなれば

もう私のことは 用無しのようだ

わかってはいても 悲しい

いや まだわかっていない

そんな男たちを蔑んで見ている自分が

何よりの証拠





【調教師】には 隠し続けたいと

思ってしまうところが

まだ 彼に未練タラタラなのだろう





1ヶ月以上も連絡がないことなど ざら

以前なら 会いたさにラインをしていたのに

今は会えない体だと思えば

ラインする気にもならない





それでも

まだ 『女』を諦めていない

捨ててもいないしね





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
[ジャンルランキング]
恋愛
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
59位
アクセスランキングを見る>>
QR