FC2ブログ
≪ 2017 01   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - -  2017 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

お腹の痛み

下着への濡れ

違和感を覚え トイレに行くと

毎月見覚えのある 赤い色





「妊娠しなかったみたい」

そう 【調教師】の彼に メールしようか

なんて 試すようなことして

男を威圧するのは 好きじゃない





はぁぁぁぁ・・・

禁欲生活か・・・





彼に刺激されたせいで また早めの生理

性欲発散期間が短いのは むしろ私にとっては

戒めに ちょうどいいのかも・・・





10日間の禁欲

2週間の解禁

誰にも会えなければ 何ヶ月もの禁欲

それに慣れてしまうと

もう 出会いが億劫(笑)

逆に 彼に会うと

すぐに また 欲しくなる

こうして 世の中年女性は 閉経と同時に

性欲から遠ざかっていくのかもしれない

それを

無駄に足掻いて 出会い系で遊んでる女性たちは

むしろ

女を長引かせ

自分の身を 性欲という渦に投じ 苦しむ羽目になるのかも(笑)





いつまでも 女性らしく 若々しく居られることを

自慢気に着飾ってるうちはいいけど

いざ 老化を認めなければいけない時に

打ちひしがれることだろう





私もか(笑)





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


相手を好きなら

相手の嫌なところを

受け入れられ

認められ

諦められる

そう思い込んでいたようだ





好きでも 許せないことがあるのだと

いや 相手の全てを知り尽くしてる気になっていただけで

まだ 自分には見せられていない

知らない相手の部分があるのだろう

だから それを知ったとき

驚き 愕然とし 軽蔑するのかも知れない





夫婦を知り尽くしたように

「他人同士なのだから 違って当たり前 合わなくて当たり前」

そう 諭したように言う人もいるけれど

私もそう思っていたけれども

相手もそう感じ それを受け入れなければ

さらに 合わずに 相手の存在を否定したくなる





お互いに 大人じゃないと

やはり 長年一緒には居られないのだと

どちらかだけが 我慢するのではなく

お互い 我慢するのは当たり前で

そこを譲り合い 認め合わなければ

いくら好きでも 長くは付き合えない





そんな話を なんとなく

【調教師】の彼と ホテルを後にしながら

車の中で 話し始めた私

すると 勘のいい彼は

「邦画を侮辱したこと?」

すぐに気づいたようだ・・・先日の私の怒りを





「そういう年頃なのでしょう? 私も若い頃は洋画かぶれだったもの」

「そういうもん?」

「うん 今は日本の作品も外国から評価が高いじゃない」

「どこが・・・」

「ま そんな感じで 私も恋愛に関しては まだまだ理解できなことだらけ」





最近 特に感じるのは

好きな人と結婚するって どんな感じなのだろうとか

こんな立場じゃなければ 果たして私は 彼と付き合っていただろうかとか

1人の人を想う気持ちはあっても

体も 1人の男の人だけに委ねることは できるだろうかとか

必ずしも 相手の全てを知り尽くすことが 恋愛なのかとか

知らない部分は 隠し事とは言い切れないのではないかとか

人生長いと 色々考え込んでしまうんだな・・・と(笑)





ただ言えることは

干渉されたくない私には 黙ってスルーしてくれ

テリトリーに踏み込まない 距離感を置ける人が 合うのだと

説教をしたり 人の趣味に首を突っ込んだり

囲ったり 束縛したり 威圧する人は

いくら結婚しても 子供が出来ても

歳を重ねても 無理なものは無理なのだと

そんなストレスで 私には理不尽なことを

死ぬまで 感じて生きていくなんて・・・





他に 秘めた楽しみを見つけるか

道徳に欠けることをして 後ろめたさに

ストレスを足し引きし 気持ちをリセットするかして

どうにか 過ごしていくしか・・・





と 自分に都合のいい 言い訳を言い聞かせ

男と会うのかもしれない





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


何度となく 萎える 【調教師】 の彼

こちらまで 気持ちが塞ぐ

私に女としての魅力がないのは わかってる

飽きたのも わかる

私に対しての感情は どう思われようが仕方のないこと

でも 男として使えなくなったら

まだまだ盛りの途中の女からすれば

用無し

他の男性に乗り換えてでも

女の体を 満足させたくなる





でもね・・・

私は あなたに満足させられたい!

あなたが いいの!

もっと あなたに 求められたい!

私が求めるだけじゃ ダメなの! もの足りない!

私の求めに 応えてくれなきゃ・・・





なんて 言えないしなぁ・・・

彼は 萎えると

一生懸命 回復させようと頑張ってるのも 感じ取れるし

自分でも 不甲斐ないと思ってるみたいだし

ただ 私に悪いと思っていない風ではあるけど





自分が イキたいが為に 回復させ

自分のペースで 延々と突き続けるだけの行為

普通の女性なら 乾いて痛くなり 嫌がる場面

それなのに私ときたら

突かれれば疲れるほど 愛液が溢れ

抵抗感がなくなり むしろ彼には 物足りなそう

ある程度の抵抗感があると気持ちいいのは

ネットでの他の男性意見で 知った

だから 女性は狭ければ狭いほど

男性にとっては 気持ちがいいのだろう





「背中に手を回して」

私の上で揺れている彼が 手の温もりを求める

彼は 私に覆い被さり 私の頭を手で包んでいる





体を重ねるというのは こういう温もりを感じることであって欲しい

女性が喘いでる姿を傍観しながら ただ突くだけの

自分本位のセックスをする行為では あって欲しくない





彼の 長い揺れに

すっかりその気になってしまった私も

絶頂を迎えたい欲求が生まれ

徐々に 下半身・・・子宮の中・・・膣が うごめき始め

締めたり緩めたり 突き上げたり 熱いものが溢れてきたり

どうやら 彼を刺激し始めたらしく

「中に出していい?」

え・・・?

女性の中で イケルの?

珍しい・・・

すごい進歩(笑)

でも・・・今日は

「だめ・・・」





って 言ったのに

彼の動きが止まり

私の中で ビクンビクン痙攣してるジュニア

私は イケてない上に 妊娠の不安を植えつけられ

再び 怒りの芽が出始める





一瞬で頭の中を オギノ式の計算が駆け巡る

順調に生理が来るとして それから1週間前だから

大丈夫と思いたいけど とりあえずシャワー

私の動きに 彼も心なしか マズイと思ったのか

私に続いて 浴室に入ってくる

相変わらず 自分勝手な彼





でも

自慰の習性と遅漏で 子供ができないと思い込んでる彼に

もしも子供ができたら どう思うだろう

「産んでくれ」

とは間違っても言わないだろうけど

堕胎に関しては 以前 激しく罵倒されたから

彼の動向が気になるところ





好きな人の子供を身籠るって どんな感じなのだろう





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


ベッドに横たわろうとする瞬間に

腕を出す 【調教師】の彼

こういうところが 憎い(笑)





「もう少し 下がって」

彼は 普通にしたいことを そのまま言葉で伝える

そして 言われるままに 何も思わず ズルズルと 体をずらす私

これも マンネリというのだろうか

それなら むしろ大歓迎の関係

飽きるのではなく 緊張も遠慮もない

友達、親、兄弟と話す感覚

そして マンネリだからこそ

彼が誘導するままに 彼に甘え 彼の胸に抱きつける






「寝るの?」

「うん 朝早かったし」

うそぶいて 彼の胸で目を閉じる

彼への不信感から その気になれなくて

彼の手が 邪魔に思えるから

なんとなく拒んで 寝るふりをしてみる





彼は いきなり股間に手を伸ばす人じゃない

手を握り キスをし 髪を触り 耳に 首に 胸に

キスをする

彼は 一生そういうセックスをするのだろうか

妻となる人に ずっとそういう前戯をするのだろうか

毎回 シチュエーションを変え

自らも 楽しんで行為に勤しむんだろうか

そういう男性がいるとしたら

結婚する前に 知りたいものだ





無駄な抵抗は 私をヤケクソで投げやりな

マグロ化へと挑戦させ

いつも絶対させない クンニも

彼のするがままに・・・

「猫になって」

「・・・・・ん・・・・や」

「そう もっとお尻を上げて」

「や・・・・・」

もう どうにでもなれ・・・





「上に乗って」

それなら・・・

彼の腕を押さえつけ キス攻め

彼が私の体を触りたそうに 手を伸ばしても

すぐに捕まえて 制止

こんな風に 本当は自分が責められたいのが 本音

だから 下半身を攻めるだけ攻めたら

突然やめて 体を離れる





「疲れた?」

「飽きた」

悪態をつきたい日

そんな私を 責め始める彼





あ・・・ゴム

しないか 今更

私とは したことないもんね

他の女性とも しないみたいだけど

大丈夫かな・・・病気





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「キャーッ」

「まだ キャーッとか言うんだ?」

そりゃあ ブラを外され 明るい洗面で

胸が顕になれば・・・

え?

おかしいの?

変なの?

家でだって 誰にも見せないのに・・・

せいぜい 娘にしか





「体 洗って」

【調教師】の彼は バスルームに入るや

私に向かって仁王立ちになり ジッとしてる

そんなシチュエーションにも慣れたこの頃ではあるけど

他の男性は そんなこと 絶対しない

どちらが 珍しく どちらが 可笑しいのか

そんな風だから 恥ずかしさもなく

ボディソープを泡立て 洗ってあげる

「体で 洗って」

もう・・・風俗じゃないっつうの

と思いながらも 胸を足に擦りつけて

下半身を洗う 従順な私





「気持ちいい」

あ そう

こんな貧乳でも 柔らかさは ありますか?

と 内心ひねくれてると

彼もボディソープをとり 私を洗い始める





彼には こういう前戯があるから

女性の体の準備が出来 心もリラックスできるのだろう

いつも濡れてる・・・と 私のことを言うけれど

彼の無意識の行動のせいだと思わずにはいられない

悔しいから 教えないけど





湯船でも 彼の前戯は続き

こんなにも 本番前にテンションを上げてくれる男性は

やはり 他には いないことを思い知らされる






付き合いが長くなれば 他の男性だって これくらいは・・・

と思いたいけれど

この 徐々にその気にさせるシチュエーションに持っていける男性は

ほぼいないのが実情

服は脱がせてくれないし

キスは ベッドに行くまでしないし

お風呂でも ただ湯船に浸かるだけ

服を脱がされるという行為だけで

どんなに濡れることか(笑)





咥えろと言わんばかりに

横たわった湯船から突き出している彼

わかってる でもすぐには 咥えない

周りから責めていく

彼の喘ぎを聞くのが好き

女性なら 男性の喘ぎが自信につながるのは周知のこと

男性も 同じだろうけど

男性の場合 女性の喘ぎ声で興奮するという おまけつき





汗ばむどころか すっかり髪の毛が湯気と汗で濡れ

のぼせそうなところで お遊びはおしまい

続きは ベッドで・・・

そんな流れで 湯船から出る私





バスルームから出ると

先に出て 体を拭いていた彼が

バスタオルを持って 待っている

今日は 彼を拭くのではなく

私が 拭かれるのか・・・

恥ずかしさと 嬉しさが 入り混じる





いよいよ

なし崩しにされてる私

観念して 元さや・・・か





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


【調教師】の彼は 予想通りの遅刻で現れる

その前に

「5分遅れる」

というメールがなかったら 私は帰ってたのに

彼にしては 本当に早く現れたから

何かを許し始めてる自分がいる





いかん・・・

いつまでも 怒りや機嫌の悪さを

引きずるのは好きじゃないけど

許すのは 納得がいかない

でも

どうして今回に限って彼は

下手に出てくるのだろう

もしかして 私を怒らせたことを実感してる?





「どこ行くの?」

「どこ行こう」

「ドライブ?」

「まあ・・・そんなとこ?」

天気が悪いし 寒いのに

私のご機嫌取りに 無理してドライブ?

ホテルに直行すると 女は怒るから?

今更 怒らないわよ

そういう関係なんだし

どうせ あてのないドライブなんて

他人の運転じゃ 気になって話どころじゃないし

「真っ直ぐ行くと ホテルよ?」

「この道?」

「うん」

本当は 知ってて走ってるんじゃないの?





そう このホテルは 【公務員】の彼と 先日利用したホテル

彼は 平日の空室の多さに

何の迷いもなく 安い部屋に向かう

そうよね ニートだもんね

全額出してもらえるだけでも 良しとしなきゃね





昔みたいに

車を降りる前に 車内でキスしたり

部屋に入るなり キスしたり

そんな情熱的なことは もうしないか・・・

そんなことを想いながら 彼を見上げる

ん?

なんでもない・・・

といった暗黙のジェスチャーで ソファに座る





そこから始まる 私のおしゃべりは

止まることを知らない・・・

彼に 抱きしめられても

「なんか ムラムラしない」

「そうみたいだね」

「わかるの?」

「うん おしゃべりが楽しそうだから」

だって 何となく 抱かれたくない気分なんだもん





私が話してる最中も 彼の手は私の体を触り

それを嫌がると 寝転んで 私で膝枕をする

こういうところが 【公務員】の彼には 足りないところ

慣れ・・・ばかりじゃない

彼が どこまで心を許してるか

私を お姉さん扱いしていないか

それに限る

だから 思うのだ

このままでも いいのにな・・・って





さすがの彼も しびれを切らし 行動開始

私の服を 一枚一枚脱がせにかかる

彼は まずここから楽しむ人

女性に 自分では脱がさせない

必ず 彼が服を剥いでいく

その下の 下着や ボディラインを楽しむために





だから 彼を好きでいることが やめられない





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


【調教師】の彼と わだかまりを抱えて 2週間

彼の方からメールしてくるまでは

絶対 私からはメールしないと 心に決め

そのせいで もしも このまま終わっても それはそれでいいや

と なぜか 平然としていたとき

突然 彼からのメール





やはり 嬉しい・・・(笑)





もうすぐ 告知していた平日休みになることで

誘ってくるだろうか・・・と

それ以前に そのメールを覚えているだろうか・・・と

半ば諦め 予定を立てようとしていた矢先




「明日 暇なら デートしませんか?」




デート?

彼の口から・・・いや 文字か

そんな言葉が出るとは 思ってもいなかった

恋人とは言い難い

だからといって 友達じゃない関係

所謂 大人の関係・・・セフレ

そんな言葉がピッタリな 都合のいい関係なのに





前に 5年ぶりにメールした 【テル】との会話を思い出す

「俺は アイさんとは 恋人だと思って付き合っていたよ」

あの嬉しさが 蘇る




【調教師】の彼は 果たして 私との関係を

そう思っているだろうか

お互い 天邪鬼だから

相手にそう思われたくても 聞けないし

逆に 自分の気持ちも言わないけれど

実は 相思相愛が理想な2人





そんな関係は

私の立場には都合のいい彼でも

彼にとっては 未来のない 今限りの関係の私





そんな彼からの誘いは 嬉しいけど

まだ 先日のわだかまりが消えていない私の心を

逆なでする

彼を見下すように 携帯の画面を見下ろし

上からの物言い

「私 明日は朝早いよ?」

「いいよ」

「起きられる? 解散時間も早いよ?」

「大丈夫! そっちに行ったら もう少し長く居られる?」




く・・・・

嬉しいことを言いやがる

「な~んて」

はぁ?

ムッカァァァァァァ!!!!

まるで心の中を見透かされてるようだ・・・クソ

「じゃあ 中間地点にしようか いつもの」

「いいよ 早くて何時に来れるの? 私は8時すぎ」

「じゃあ 8時前で!」

え?

どうしてそうなる

「いいよ わかった」

売り言葉に買い言葉か?

ムカつく





そんな早く来れないくせに

絶対 今夜夜ふかしして 起きられないくせに

間に合わなかったら 帰ってやる





ん?

私 会う気満々・・・?

おいおい

でも 怒りが収まらない

なんで?





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


セックスをしたいが為に

正常な生理の終わりになるよう 

無理矢理 薬で止める

止めなければ 1週間 10日間 2週間 1ヶ月・・・

と 留まることを知らない 私の体

せめて 1週間で止めたい





生理を止めた体は すこぶる快調で

気分もいい

ただ 生理がないと ムラムラしない

何故?

生理は 性欲を助長させるの?

なくなれば 性欲減退?

いや まだ なくなってはないけど





精神的な マジックかしら?

生理だから セックスできないという思いが

むしろ 抑制されてるような錯覚に陥り

反射的に したくなるのかしら?

ちょっと 無理のある定義か(笑)





でも 健康体が 何より一番!!

性欲より 元気な体

セックスより 丈夫な体

男より オナニーでいいじゃん?

て オナニーもする気にならないって

もはや 終わりかな・・・?(笑)




物静かな色気もなくなり

何となく しゃべり気のほうが 最近は先行してる

これは 飲み会欲しさの禁断症状か?

男は排除し 女だけの雑談に花を咲かせたい気分





と思い 企画を立てるも 冬の寒さに 却下

引き籠り生活も 嫌いじゃないが

どこかへ 出かけたい

結局

ひとりで美術館へ出かけるとする





絵ばかりじゃ やはり男には 退屈なのかもと

ここに来てまで 【調教師】の彼を想いながら鑑賞する





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


【調教師】の彼への怒りが収まらないまま

常に 彼のことが気にもなる

今 どういう気持ちでいるかな・・・と

いや むしろ私が怒ってることなど知らないのだから

何も考えていないかもしれないのに

私ひとり ウジウジと未練がましく

自分の怒りに気付いて欲しいような

私を失うことに 少なからずの感情を抱いて欲しいような

本当にもう このまま 終わるのかな~とか

何事もなかったように また会いそうな・・・とか

ふたりの関係が 他人事のようなところもあり

要は

突き放したものの 気になり

ずっと胸の端っこに引っかかっているという

自分は何がしたいのか?(笑)

どうなりたいのか?(笑)

全くもって 自分の本音がわからない





彼のことを考えると 苛立ち ムカつき

絶対許すものかと

二度と彼に抱かれることなど想像できない 





でも その反面

精神的にも 肉体的にも しっくりいっていたパートナーを

今更 この年齢で失うのは・・・

私の方が 痛手なんじゃないかと・・・





いや

彼だって いい年だし

デブになってきたし

禿げてきたし

相変わらず 話し方が気持ち悪いし

むしろ彼のほうが 絶対もう出会いなんてないだろ

そう こちらが安心しきってる部分もある

同時に 私もそう思われてるかもしれないけど(笑)





でもまあ 女性は いくつになっても

男性から需要があるから不思議

どんだけ 穴さえ空いていればいいのよ(笑)

その代わり そこに愛はないけどね

だから 恋人としての逢瀬や

酷ければ セフレにもなれない

一度きりだったり

気分で・・・たまたまだったり

そうなると 中年女のほうが勘違いに走るから

出会い系にいる中年女は

どこか高飛車なところがあるのかも知れない





休みの土曜

私から連絡したら 彼は会いたいと思うかしら

それ以前に 私がもう会いたいと思わないけれど

でも 男性から誘われたい欲求は まだあったり

誘われたら 考えなくもないといった 天邪鬼





行きたいところがあるけど

一緒に 美術館に行くような男じゃないしな

彼はきっと 時間とお金の無駄だと思うわね

前に一度誘ったときも

くだらないと言わんばかりの反応だったもの





自分の趣味を押し付けるつもりはないけど

ここにきて あまりの感覚や価値観の違いに驚いてる

違って当たり前なのに それを否定までされたら・・・

むしろ彼にとってのデートって・・・

ホテルのみ?





ドライブ、映画、食事、その他鑑賞巡り

そんな他愛ない デートプランはないの?

やはり

手に入れた女性を 持て成す意味などないのか

手に入れるまでが 必死なのか

この間までの 女子大生のセフレの方が

一生懸命デートプランを立て 遠出し

お泊りまでする 熱の入れようだったのに

ほかの女性にも

初めて会う日の 新しい服を 私に一緒に見立てて欲しいって

あの失礼な時間は 何だったのか

私は何?

母親か?(笑)

たぶん そうだね

彼にとって エッチのできる母親なんだね





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


時間を気にしてる素振りを見せないようにしていても

やはり 気持ちは落ち着かず 焦る

ホテルのチェックアウトの時間のせいにし

帰ろうとするも

まだ大丈夫と ルームサービスを頼む気満々の彼

もう諦め 運動の後の食事とすることに





テレビを見ながら 談笑するも

彼から 積極的に話かけられる感じはない

そういう人なのか 今は慣れないせいなのか

理想としては 会話の弾む人がいいのに・・・





帰り支度をし ホテルを後にしながら

まだ明るい外の陽に

私は 顔を隠せるだけ隠す

マスクに マフラーに・・・

化粧の取れた 年相応の熟年肌は

とても キスしたくなるような 顔じゃない

わかってるのに・・・

やはり ホテルはいい

女性を一番キレイに魅せてくれるという

オレンジ色の薄明かりに

綺麗な洗面台で 顔を照らし くすみも誤魔化してくれる





ホテルの部屋の中でしか

堂々と 大胆になれない年齢の女

もう このまま鏡を見ずに

ずっと少女の気分でいたい





そして 彼と別れ

車のルームミラーを見て 愕然とする私

よくぞ こんなおばさんを 抱いてくれるものだ





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
[ジャンルランキング]
恋愛
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
64位
アクセスランキングを見る>>
QR