FC2ブログ
≪ 2016 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2016 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ここ数ヶ月に

密かに遂行していた出会い以外の悪巧みも

ワクワク感がなくなり

むしろ

後戻りしようか・・・といった現実





協力を仰いでいた者に伝えると

「ちょっと待って」

と宥められる

私は貴方の方が気がかりで

何も手につかないというのに・・・





ただただ時間だけが過ぎていくのを

何もせずに

緊迫した面持ちでやり過ごす





誰に相談するでもなく

協力を仰ぐでもなく

判断も決断も出来ないまま

ひとつの道筋を提示される





そんな中

未来は変わらないのに

皆ひとときの安堵を与えられる





一瞬の喜びなのか安心なのか

とりあえず

通常の暮らしに戻ることに

話はついた





悪巧みも

趣味も

出会いも

とりあえず保留か





久しぶりに日記を載せてみる

淡々と・・・面白おかしく

でも

至って冷静だ





そう

こうやって心の底から楽しめなくても

一時

気をそらしたいのだ







にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


生理中のセックスは

膣の粘膜が弱いのと

膣の中が雑菌だらけなのとで

男女ともに リスクしかない




馬鹿な男は

避妊しなくていい安全日で 生出しし放題という勘違い

性病になっても知らないからと言いたい

でも

馬鹿は私

彼とは いつも生





「久しぶりに アナルにしてみる?」

「え?」

嫌だ・・・汚い

彼は 生理中の中に入りたくないのだろう

アナルは もっと危険なのに





電気を消したお風呂場での

久しぶりの行為は やはり痛い

終わっても しばらくジンジンと痛い

何をやってるんだろう私




それでも

自分からキスし 抱きつき

自分から乗れるのは 彼だけ

そんなに欲求があるわけじゃないのに

彼に愛撫されると その気になっていくから不思議




まだ本能のままに濡れていいんだという安心感

まだ抱きしめてくれる人がいるという喜び

ますますイキやすくなっていく女の体

でも

いつも 冷静に男側の目線を推察してしまう

彼は 果たして

私を どういう対象で扱っているのだろう

ただでヤれる都合のいい女?

それにしては

年配すぎないか?

オバサンに使うホテル代は惜しくないか?

それだけ 彼もまだ性欲があるということか?




言えるのは

私だけが 【好き】という気持ちが強いということ

だからといって 独占はしないけど

いつでも いつまでも

会える仲になれたら

それが 幸せ




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


大事な 重大な 深刻な用件を済まし

呆然としながら 帰路に着く

・・・はずだった





家に帰りたくない

そんな感情は 以前からあるのに

ここ数ヶ月は あまりに酷く

それと重なった今回の重大な件で

精神的に疲れていたのか

気が張り詰めていたのか

生理は止まったり 不規則になったり

めちゃくちゃ

生理だけは 本当に繊細で 予想はしていたから

そんなこと どうでも良かった





それでも

なぜ 生理中なのに

彼にうっかり 連絡を入れたのか

まったくもって 意味不明





「何してる?」

ラインを送信してすぐに

自分で驚く

あ 生理だった

下着もサニタリー

ムダ毛も処理していないのに

何をしているの私





「暇してるよ」

そうよね ニートだもん

「生理だからエッチはできないけど ランチしない?」

正直に言うしかなかった

「いいよ」

いいの? どうしてこんなときに限って・・・

誘っておきながら 馬鹿か・・・私





ところが

待ち合わせをし 彼の車に乗り込むと

何を思ったのか 買出しをし ホテルに向かう彼

「え? 生理よ? 私 お金持ってないよ?」





生理でも エッチはできると 今までの経験から

味を占めたのだろうけど

今回は 本当に無理

3日目だし 更年期の生理は 量が多い

そんな事言っても 彼の耳には届かない





ホテルに着き

買出しのものを 食べ合い

ベッドに誘う彼

服を着たままなら・・・

でも そこで納まる彼じゃない




「やめて・・・」

軽く 彼の手を解くも 本気で嫌がる私じゃない

「ねぇ ホントに無理だから・・・」

いつもなら こんなに積極的じゃないくせに

拒まれると 興奮するのが彼の性癖

彼の手が 私の敏感なところを狙ってくる





「ん・・・n・・・あ・・・」

「どうした?」

わかってるくせに・・・

「ねぇ お風呂で しよう」

「もっと ちゃんと言って」

「・・・・・」

「何をしてほしいの?」

馬鹿・・・





気にかけていた事を

一瞬でも 忘れそうな

でも 忘れることはない

彼に 話そうか・・・

話してどうなる

重くなるだけだ





彼と会うときは

二次元の感覚とでも思って

現実から 離れよう





どうか

疲れた私の体と心を 癒して





また 明日から

頑張るから・・・





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


予想を遥かに超える一大事が起きる

自分のことならまだしも

自分より大事な人に・・・

真っ先に考えたのは

『罰が当たったんだ・・・』

出会い系なんかで 遊んでるから

きっと 神さまが・・・





子供じみた発想?

それほど 気が動転していた

まだ 浮気がバレたとか

私の余命が宣告されたとか

そっちのほうが マシだと思った





もしも 叶うなら

どうか 私の命と引き換えに・・・





人って

考えすぎると

酷く冷静になるものだと

初めて知った

淡々とやり過ごす家事と仕事

それに反して

趣味やショッピングには 全く興味がなくなり

そういったものには 何も手につかない

むろん

出会い系にも 彼にも





それでも

時間は刻々と過ぎていく





何もする気にならないからこそ

無意識に

彼に連絡を入れる





死んだ魚の目か

漫画で言うなら 光のない真っ黒な目





こんな気持ちで

彼と会って どうしたいの?

悩みでも話すつもり?




相変わらず おかしな人間だ

AB型の人間てやつは・・・

何を考えてるか 自分でもわからない





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
[ジャンルランキング]
恋愛
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
71位
アクセスランキングを見る>>
QR