≪ 2016 05   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2016 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

「私みたいなオバサンて 出会えてるの?」

「いるよ! 見る?」

「見ない!」





そう言っても 見せたいのが彼の心理

「大学生の・・・」

「前に見た」

「あ 見せた?」

忘れてるということは 他の人にも見せてるってこと?

プロフィールの画像から やってる最中の盗撮まで

私に見せたくせに・・・





「これ・・・彼氏有りの子」

「彼氏がいるのに 出会い系?」

他人のことは言えない女の私

「結構 露出した画像を出してるよ?」

「うわっ 胸でっかい!」

「うん」

「大きい胸 好きなの?」

「うん 好きだよ」

「え? そうだっけ?」

「そうだよ」

貧乳の私に よくもぬけぬけと

前に 細身の巨乳に出会って

『オッパイ星人になりそうだ』って言うから

巨乳は 好きじゃないのかと思ってたのに・・・

くぅ・・・(悔





「会うんだ」

「え? 彼氏持ちのその子と?」

「うん」

「明日 会うのに どうして私と会ったの? リハーサルってわけ?」

「『会いたかったから』 じゃ ダメなの?」

「・・・・////」

そう言えば 女が喜ぶと思って

クッソー





悔しいから ホテル代は一銭も出してやらない

本当は 私から 「少し出すよ」って言いたいのに

いつも 先に「ちょっと助けて」って言うから

何となく 気分悪くて

でも今日 もしも何も言わずに 私を満足させてくれたら

出そうと思ってたのに

他の女と会うとわかってて 気分いいわけない





前も 私という無料の女が いながら

1万5千円払ってでも はるか遠くの女でも

会いに行きやがって

新鮮味と若さには 勝てないってわけね





「服買うから 付き合って」

「うん いいよ」

ホテルを出ると すでに遅い時間

雨雲混じりなせいもあって 暗い

早く帰りたいけど

彼と もっと一緒にいたい

買い物なんて 私と一緒でいいの?





一生懸命 服を探す彼

心なしか 慌ててるのは 私の帰りが遅くなるから?

と思っていたのは 私のおめでたい頭だけ

「実は この後 会うんだ」

「え? 今日?」

「うん」

「大丈夫なの?」

「うん すぐ回復する」





だから 私だけイカせて

自分は 我慢してイカなかったのか・・・





せいぜい 頑張れば





今日は 別れのキスもなく

バイバイ





なんか 寂しい・・・





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


彼のモノが 私の体内に入り込んできた瞬間の

あの何とも言えない 満たされる感覚というものは

やはり 経験を積み重ね お預けを食らっていた者にしか

わからない(笑)





その瞬間

漏らさずにはいられない 吐息

言葉にまでしたくないけど

声は 自然に出てくる

「はぁ・・・気持ちいい」

心底 思うと 言ってしまう

「もっと言って」

え?

「どこが気持ちいいの?」

始まった・・・

「何が気持ちいいの?」

言うか 馬鹿!

「言ってもらうと 男は気持ちよくなるんだよ?」

・・・・・うん わかる

だって 私もそう

男性が気持ちよくなってることで

自信に繋がり 自分も安心して気持ちよくなれる





「・・・あそこ」

頑張っても せいぜいそこまでしか言えない私に

彼は諦め 腰を動かす

ごめん・・・

期待に添えず そこまで淫乱じゃなくて

無様に乱れることもなくて

ちまちま 自信のない体を いつも隠してて

でも セックスは したいの





「イキそ?」

「うん・・・」

「イって」

「うん・・・まだ・・・」

「持続しないから 1回イって」

「いや・・・」

「また あとでイケばいいじゃん」

「ムリ・・・1回しかイケない」





彼の上で

何度も訪れる波

本当に イキそうになると

夢中になって 声も出ないことに

男は 知らない

そして イク瞬間にこそ

吠えたくなることを(笑)





次第に 荒くなる息遣い

下がり始める子宮底

拡がる膣

体が強張り

顎が上がり

動きが止まる





彼が 私の背中をなぞり

一瞬で開いた毛穴に 滲んでる汗を確認する

「イった?」

「うん」




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


ホテルの駐車場

ホテルに入る前に

彼が必ず 車内でキスをする





これが 有ると無いとでは

女の体の準備が  違う

彼は このマニュアルを

どこで 身に付けたのだろう

どこに そんなことが 載ってあったのだろう





大方の予想通り

その長いキスで 女は 目も下半身も

とろける

これから 始まるのだという

体への 合図





そういえば

以前読んだ本に 書いてあった

たとえ 夫婦でも

今晩は そういう日だからと

徐々に 体が反応するように

夫は 朝から やたらスキンシップをはかり

妻も 照れながらも

その合図に 心より先に 体が身構え

濡れていくとか






例えが悪いが

レイプで 女性が濡れるのは 防衛本能だとか

やられるという危機感が 痛みを回避する防衛に繋がり

心とは裏腹に 愛液が出てくるというもの





恋人同士でも

ホテルに入って いきなりキスとか

いきなり挿入とか

経験の少ない女性なら 体の準備が間に合わない

長い付き合いの マンネリ対策になら

たまには いいだろうけど





彼は 部屋に入っても

まずは しばらく 抱きしめ

私が しみじみ彼の体を実感する時間を

与えてくれる

彼の腰に手を回し 胸に顔を埋め

彼の声を 胸に耳を当てて 聞く





そんな 彼の行為が

私の心と体を捉えて離さないのだろう





彼の手が 私の下半身へ伸びてくる頃には

すでに 私は濡れ 彼を欲しがっている

彼を するりと受け入れられるほど

まだ 私の中の女は 終わっていない





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ



休日

の前日

彼に会えますように・・・

という願いを込め

いや 誘いが来たら OKできるように

念入りに ムダ毛処理

念入りに ネイル

念入りに 服装チェック





期待じゃなくて

自分から

「会いたい」と メールしたほうが 早い

でも したくない

面倒くさい年頃ww





1週間前

休日を予想した彼から メール

「生理っぽいね」

まさに ビンゴ

泣く泣く 諦め

次の 休日にも誘いが来ることを

願っていたのに メールはなかった





それでも 当日

朝から そわそわ

メールの着信音が鳴る度

バイブが響く度

携帯を 慌てて開く




ついに

彼からの ラインメール

予感的中





なんの確証もなく

願いと祈りのみ





「そういえば

休みって 言ってなかったよね?

どうして メールしたの?」





「何となく 曜日的に 休みかも?

って気づいて メールした」





よしよし

期待通りの 答え

気分上々





「どっか 行きたい?」

「行きたいけど 雨だよね」

どんよりと曇ってる日は

むしろ 人目につきにくく ワクワクする





それでも

2人が行くところは ひとつ





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


彼に会いたい理由

浮気をする理由

夫とセックスがしたくない理由

それでも夫婦生活を続ける理由






行動には 必ず理由がある

「何となく」だって 理由のひとつ

何となくと言いながら

気晴らしや気分転換に繋がることを

期待してる





彼に 無性に会いたくなるのは

嫌なことを忘れ 思い切り甘えたいから

それは

寂しさだけじゃなく

イライラとした気持ちを 落ち着けたいためでもある

さらには

後ろめたい事を 密かに遂行することで

他人に優しくなれるから

それが

浮気の理由





夫を 受け入れられなくなった理由は

直接的な 体の相性ではない

女は 体型のことを言われると

自然と体が濡れなくなり 心と共に体も閉じてしまう





あとは 環境

開放的になりたいセックスの行為に対し

そのための準備を怠るのが 既婚男

親と同居なら尚更

夫婦になっても たまにはホテルで

ゆったり まったり 興奮したいもの





姑との関係に疲れてる時

姑と一緒になって 妻を敵にしてしまう時

夜の営みは別 なんて

女が割り切れるわけがない

女は 下半身だけでは セックスはできない

心が伴わないと





夫は 妻とセックスがしたければ

環境を整え 心を開き

優しくならなければ





セックスレスの夫婦が

必ずしも 離婚するとは限らない

むしろ 離婚したはずの妻を妊娠させたりねww

体の相性はいいって ある意味羨ましい





仮面夫婦が 結婚生活を続けるのは

子供が理由だったり

立場が理由だったり

経済状況が理由だったり





単純に

離婚するまでの行程が面倒だったり

将来的に賢く考えすぎていたり




要は 言い出せる勇気がないのと

離婚して どうするの?

どうやって 生活するの?

将来は?

みたいに 具体的に考えていくと

我慢してでも 居座ったほうが 楽かな

という結論に行き着くのかも知れない





今の私は

気持ちが 何となく モヤモヤしてる

リフレッシュしたい

リフレッシュというより

リセット?

それが 彼に会いたい理由





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


【調教師】の彼が

月一くらいで ラインメールをしてくるのに対し

私からは

2ヶ月に一度くらいの 飲み会の酔った勢いでしか

メールをしないのは

はたして 付き合っていると言えるのかww





せっかくの 彼からのメールでも

私の返事は 素っ気無くて

彼のほうから

「会おう」という文字が出るのを

待ちわびる日々





私のほうからは 決して言わない

天邪鬼





たぶん

彼は 私に言わせたいから

メールしてきてるのに・・・





似たもの同士は

そこら辺を 駆け引きしたがる

面倒くさい男女だ

阿呆ともいうw





「暇だ~」

「私も」

「会う?」

「うん」

「でも 生理っぽいね」

「当たりww」

「じゃ やめよ」




(T▽T)




たぶん

それでも会いたいと

私が言えば 会える

でも

私は 言わない




悲しくても

淋しくても





ただの

馬鹿かもしれない・・・





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


本当に好きな人って

人生で 何人 出会えるのだろう




それが

たった一人の人で

その人と結婚する人って

いるのよね 確かに・・・





好きで結婚しても

好きじゃなくなったり

別れたりすることも あるけど

好きで一緒にいた時間は

確かに あったのよね







人を好きになると

恋愛ドラマや映画のヒロインに

自分を重ね

感情が同調してしまう





人を好きになったことがないとき時とは

比べものにならないほど

ドラマ如きに 気持ちが昂ぶり

喉の奥が重苦しくなり

涙が止まらなくなる





幸せなシーンでも 然り

相思相愛の 羨ましさに

号泣すること 多々ww





好きな人と付き合えるって

どんな感じなのだろう

まして 結婚したりとか





結婚してから

その 「好きな人と付き合う」を

経験する私って

今までの恋愛は なんだったのか・・・





原因は

ずっと好きだった人と 付き合えず

片思いで 思い出に浸っていたせいもあるけど

どこかで

恋愛事を冷静に見ている自分がいて

相手をも 冷めた目で見ているのが

恋愛に本気になれない 理由の気がする





出会い系で 知り合った【テル】は

失って初めて味わう 失恋の痛みをくれた

今 付き合ってる【調教師】は

過去最長の 5年の付き合いww

これまで 誰と付き合っても

1年しか持たなかった 私の恋愛感情

浮気性 面倒くさがりのせいもあるけど

感情をぶつけるほど 好きになったり

可笑しくなるほど のめり込んだりすることがない私は

本当の恋愛を

まだ 知らないのかもしれないし

傷つきたくなくて 本気にならないのかもしれないし

本気になるのが怖くて 自分を抑えてるのかもしれない





それが

淋しい人生なのか

全うな人生なのか

わからないけど

自分が一番かわいいのだということは

わかったww





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
[ジャンルランキング]
恋愛
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
59位
アクセスランキングを見る>>
QR