FC2ブログ
≪ 2016 01   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 - - - - -  2016 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

恐れていた事が 始まる

毎日毎日 自宅にいると イライラする





昔のことを 毎日 何度も思い出す

夫への不満の言い訳を 何度も心の中で反芻する

懐かしさにも似た 復活

5年前までも

こうやって 洗濯物を干しながら

ありもしない 夫婦喧嘩を妄想したり

台所では ウロウロする夫へのイラつきに

無言になり 物音が大きくなったり

入浴時間や 就寝時間になると

妙に 恐怖感に怯えたり

なぜ

こんな自分になってしまったのか

そんなことまで 自問自答してしまう





結婚前から 信頼関係を気付けなくなってしまった私たち

不信感だけでしかなく

そこに 孤独感

悲壮感だけの自分が嫌で

明るく振舞うも

大人になっていく子供たちに

徐々に気づかれるのは 当たり前





「どうして 冷たいのか」

「もっと 優しくできないのか」

「なんか おかしい」

夫婦関係に敏感なのは やはり娘

そうよね

将来の見本だもの





でも 今となっては

皆が口口に言う

「夫婦のことは 夫婦にしかわからない」

その意味がわかる





過去から続いてる わだかまり

お互いを理解し合わせる必要のないこと

そして 自分だけの常識の押し付け

相手への公開侮辱

お互いを尊重しない関係

会話にならない堅物





そんなこと

子供や 親にまで わかるはずがない

まして 他人になど・・・

一度 20年間一緒に過ごしてみればいいよ

と言いたい(笑)

セックスしてみ?と(笑)





こうやって 書き記していると

なんだか 滑稽になり 落ち着く

大したことないな~とまで





そうか

こうやって 今まで

ここで デトックスしてたのか私(笑)





でも

愚痴なんて 負を呼ぶことしかできないから

ほどほどにしなきゃね





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


不思議

女って 好きな男に抱かれると

途端に 体が高揚し 肌ツヤも良くなって

目つきや 仕草まで 女らしくなる





でも 夫の前で そんな顔を見せられない

そう思いながら 鏡とにらめっこ

どうしても 彼との逢瀬を思い出し

気持ちが 目をキラキラと見開かせてしまう

化粧のノリもいいから 化粧は禁止

髪のツヤまでいいなんて 皮肉





夫の帰宅から 綺麗になっていくことは

好都合

これから どんどん化粧をし

若作りの服を着ていこう(笑)

ただ

どこまで セックスレスの体に耐えられるか・・・

彼と会えない期間が長くなれば

私の体は 気持ちは 行動は どう変わるのか

最近は

彼に会えないことで イライラすることもなかった

年のせいもあるだろう





落ち着き?

ただの 性欲減退の言い訳かも・・・(笑)

全くなくなれば むしろ いいのかもしれないけど

オーガズムだけなら オナニーでも補える

でも

男性に求められ

抱きしめられ

キスされる悦びを

一度知ってしまうと

それは

いくつになっても

求めて止まない





この年齢になってから味わうから

始末が悪いのだ

若い頃の思い出・・・とならない

この年齢でも まだ女として求められる

そう思い込んだら

自分への 女磨きは増すし

周りの目も気にし始める

いい年になってもだ(笑)





いいのか 悪いのか・・・

人によっては 年齢に必死に抵抗してる美魔女を

ディスる人も・・・(笑)

自分が美魔女とは思わないが

パートナーを裏切ってる以上 微魔女といったところだろうか





毒リンゴを作りながら

自分で食してしまいそうな

間抜けな魔女





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「あ ダメ」

「どうした?」

「イキそ・・・」

「イケばいいじゃん」

「まだ 早い」





この時 イっとけば良かった・・・

騎乗位が 好きになったのは ここ数年

前は 何が気持ちいいのか わからなかったのに

今では 恥じることもなく仰け反り

お腹の弛みは恥じて 引き締め

それが 気持ちよさを助長し

相手が 激しく動きさえしなければ

好きなスピードで 好きなタイミングで 気持ちよくなれることを知った

それでも 自分の体調による快感の程度は 否めない





この日は

最初から テンションが高かった私の体

唇から・・・

首筋から・・・

乳首から・・・

子宮や膣へ直結する快感

溢れてくるものも感じ

セックスを楽しめる日だと確信した





でも

【調教師】に跨ってすぐは いくらなんでも早すぎる

一度イったら もう濡れなくなるのは わかってる

体力も 気が抜けたように無くなる

だから まだイクわけには いかない

そう思って 動きを止めたのに・・・

それ以降は 盛り上がりに欠けた体





長すぎる繋がりに 彼が 萎え始める

「夕べ オナニーしちゃったからな~」

また!?

私と会うときは いつもそうじゃん

彼のこの一言で 私自身の体も萎え始めたのかもしれない





ホントは正直に

「そこがいい!」

「その動きを もっと続けて」

そうハッキリと言えたら いいのだけれど

言えないのが 私





「舐めて」

「いや」

私の愛液が付いたものなんて 舐められない

フェラをした後に キスされたら嬉しいくせに

私って ズルい・・・





AVを見ながら オナニーを始める彼

「どうしても 抜きたいのね?」

「・・・ははは」

自分だけ・・・ズルい

どうせ 私は恋人じゃないから

オナニー姿も見せられるし

私を放ったらかしで 自分だけイこうが関係ないのよね

別に いいけどさ

会ってもらえただけでも 有り難い立場だし

文句は言わないわ





結局 彼もイケずに 爆睡

私は時間が気になり 何度も携帯を覗く

微妙な時間

今から もう1戦は 無理ね・・・

爆睡してる彼を置き去りにし

お風呂に入り 身支度をする





彼のイビキ

好きだから 許せるけど

本来は 嫌

私の前で 無防備になってる・・・

という 勘違いも

今だけ





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


この年齢になると

2ヶ月も 男性に触れていないと

もう 男性に反応しない体に なってるような不安を覚える





【調教師】と 会ったのは 2ヶ月前

それきり 誰とも会っていない

誰とも 会う気がなかった

だから

彼と会った2か月前が

とても 遠い昔のことに思え

果たして

彼の前で

女のカラダが 目覚めるか 自分でも 全くわからない





珍しく

一人で シャワーを浴びさせてくれ

ゆったりした気持ちで バスルームを出る

彼の待つベッドへ 潜り込み

AVではない 普通の邦画を見る

と言っても 豊川悦司が出演とあれば

濡れ場は必須(笑)





普通の映画に興味のない彼は

すぐに 私の方に向き

いつもの手順を踏む

でも

いつもの反応と違うのは 私





待ちわびた 彼の体

彼からの抱擁 キス

明日には 夫に迫られるかも知れない不安に

いつにも増して 積極的になる私





「上になって」

「え?」

「上になりたそうだから」

「・・・・・」

責められたいのに

彼も 責められたい?

違う

私が 我慢できなさそうに キスするからだ

それなら・・・





男性の気持ちになって・・・

女性の気持ちだったら・・・

気持ちよくさせようとするんじゃない

欲しくて欲しくて堪らない気持ちを

貪るように求め

自分も気持ちよくなりながら

相手を愛撫すればいい

手探りなんかじゃない

自分のしたいように 舌を這わせればいい





これは 私のもの

全部 私のもの

食べ尽くしてしまわないと

勿体ない

そんな 気持ちで・・・




ほら

濡れてきた





まだまだ 女だ






にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


不倫のカップルが 堂々とランチ

平日の昼日中だから できること





不倫にもならないか

セフレの関係じゃ・・・





【調教師】が気に入ってる 人気のお店に案内され

バイキング形式のそこは

すでに お客がいっぱい

席が空くのを待ち 慣れた彼に説明されながら

仲良く 取り分けていく





嫌じゃないのかしら

母親とも言えない

姉とも言えない

微妙な年齢差のカップル

さしずめ 叔母と甥・・・か

従兄弟か

私の方が 遠慮して 離れて歩いても

話しかけてくる彼に

嬉しさを 隠しきれない





テーブルに 向き合わせて座り

間近で 見つめながら 会話し 食事する

甘いものが好きな彼は

デザートを 何度も取りに行き

会話の片手間に 二人で つつきながら食す





「そろそろ 旦那が来る時期じゃない?」

「うん 明日来る」

「え? 明日?」

「うん 永久に」

「え?」

「もう 赴任 終わり」

「え・・・・・」

「何となく 察知したのかと思った」笑

「・・・ふ」





明るく話しながら

私の心は 淀んでる

居心地が良すぎた5年間が

あっという間・・・





そんな 食事時にしたくない会話





お店を出

車に乗ったところで

彼に

遅めの誕生日と バレンタインを合わせて

チョコを渡す

「あとで 感想を聞かせて」

「うん」

「それ 女子が 自分のために買ってたりするから 美味しいみたいよ」

「そう?」





見知らぬ土地で

見知らぬ私の車が

見知らぬラブホに乗り付ける





ホテルの部屋に入り

ひと通り 部屋の中を探索し終えると

彼からの抱擁

彼の腕の中で 目を閉じ 胸に寄りかかり

抱きしめ返しながら

しばらくの間 立ち尽くす





静かに 引き離され

お互い 顔を傾け

そのまま キスだけを 長い時間 味わう




そういえば

こういうところは

【テル】と 同じだった・・・

そう

この前戯がある男性は この二人だけ・・・




だから 好きだった

だから 二人共 手放したくなかった

せめて

【調教師】の彼だけでも・・・





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「仕事 終わりました」

「あぁ 仕事だったのか」

そりゃそうよ

同じ職種なんだから わかってるくせに

いきなり休めないし

平日は休みじゃない





「来る?」

「行く!」

私が出向いたほうが

【調教師】と 人目をはばからずに会える





待ち合わせのコンビニの駐車場

私の車が停まらないうちに 店から出てくる彼

遠目から見ても

やはり 素敵とは言えない男

私と出会った時より 10kg増えた体重の影響は 大きい

顔は丸くなり

お腹だけが ポッコリと出ている





こんな時も

昔の男 【テル】を 思い出す




【テル】を抱きしめた後に 【調教師】を抱きしめ

「痩せた?」

と 口をついて出てしまったことがあった




身長は同じでも

体重と骨格が違いすぎていた

【テル】は 細身でも 骨格が大きく

運動をしていたこともあって 引き締まっていた

それに対し 【調教師】は

肉付きがいいから 一見 ガッチリに見える

でも 抱きしめると

肩幅は 【テル】よりも狭く

胸板はあっても 胸幅も狭かった





テニスや 体操の経験を持ち

大型二輪を乗り回していた【テル】に

頼もしさや たくましさ 憧れを感じていたっけ・・・





常に比べていた 二人

外見 中身 テクニック 女の扱い・・・

どちらにも 共通する部分はなく

どちらかだけ 全部 揃ってることもなく

どちらかを選ぶと

どちらかの部分を諦めなければいけない歯痒さが

どちらかを捨てることができずにいた 理由かもしれない





「私の車?」

「うん」

「ガソリン ないよ?」

「これだけあれば 大丈夫!」

「えぇぇぇ!?」

嫌々ながらも 知らない土地のラブホなら

誰にも 気づかれないか・・・と

腹をくくって 出発





「お昼 食べた?」

「ううん」

「どっかで 食べる?」

「うん」

昼日中

明らかに 年齢に違和感のあるカップルが

堂々と 表でランチ?




嬉しい・・・





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


快適な下半身を取り戻し 気分が上がるかと思えば

そうではない





夫の単身赴任が 終了し

完全帰宅する日が 近づいていた





夫の赴任を理由にしていた出会い系も

これから ずっと在宅していたら

私は 何を理由にするのだろう





セックスレスなんて 王道の理由は

語りたくないな





でも

一度 嫌いになった人間を

人は なかなか受け入れることが出来ないのは

事実





もしも

夫に求められてきたら

私は どうするのだろう





それ以前に

不貞に対する 罪の意識は・・・?

むしろ

不貞という隠し事があるからこそ

後ろめたさを 自分に課して

嫌なことも受け入れていけるのかもしれない





「明日 休み~」

正月に 誘いを断って以来の

【調教師】からの メール





明日は・・・仕事です

しかも 趣味の予定も入ってる・・・

でも 会いたい

よりにもよって

夫が帰宅する前日なんて・・・

何か虫の知らせでも 感じたのかしら(笑)





夫に抱かれる前に

彼に 抱かれたい





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


止血剤

膣カンジダ治療

とりあえずの 子宮筋腫の対処は

要経過観察といったところ





貧血もひどく 鉄剤を処方されていたが

筋腫が原因だったことは 内科の医者に連絡し

今後の対応を 聞こう





止血剤のおかげなのか

雑菌の治療のおかげなのか

この治療中のとき 通常の生理が来るも

難なく 1週間~10日ほどで 生理が終了

何年ぶりだろう

こんな早く終わる生理




ナプキンをしない下着の 快適さ

匂いが 全くしなくなった 快適さ

また 正常な女に戻ったような

まだまだ 更年期には ならないという 意気込み

でも

女性ホルモンを 餌に

子宮筋腫は 大きくなるから

セックスしないほうが・・・





【調教師】の彼に 告白する?

夫にも 言ってないのに?

家族にも・・・





果たして

50歳で 生理はあがるだろうか

友達は 50歳を期に 数人 あがり始めてる

あと 3年ぐらい?

それまでに 筋腫が大きくなるようなら

どうしよう




性欲があるのも

考えものね





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


婦人科治療の真っ最中だった正月

【調教師】からの 誘い





嬉しい

嬉しいけど

治療中・・・しかも 冬休み中・・・しかも 正月・・・

あり得ないでしょ

でも

近くにいた私





会いたくても

やはり 精神的にも 身体的にも 万全な態勢でないと

気乗りしない

やってやれないこともないけど

もしかしたら

もう 以前ほど やる気が起きないかもしれないけど

それでも

今は 治療に専念し

どこまで 私の体が戻るのか 確認してから・・・




せっかく

彼のほうから 連絡が来たのに・・・

振るなんて したくなかったけど

一声掛ければ すぐに ホイホイ会いに行く女で良かったのに

もう 声が掛からなくなったら どうしよ




他人事なら

「そんな男は それまでの男」

「やめちゃえ そんな男」

「好きな男より 愛してくれる男がいいって」

と言い切れるのに

逃したくないと思うのが 惚れた弱み





そんな 暇なような 忙しいような時期でも

サイトでは 構ってちゃんアピールをしたくなる私

ただ登録してるだけでは 楽しくない

男性に誘われても 楽しくない

会うだけの目的より

日記で 論じ合うのも 楽しさの1つ





彼に会えない 憂さを

サイトで 晴らしながら

次の 彼からの誘いを待つ




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


出会い系サイトでありながら

「出会えない系」を公言し

日記などの コメント欄でのやり取りのみを楽しみ

誘ってくる男性を 蔑み 公開で虐めている女性も ちらほら





わからなくもない

心の中では 私も同じ気持ちだ

でも

出会いたくて・・・さしずめ やりたくて利用している男性にとっては

「出会えない系」の女なんて 邪魔な存在

会わないんなら 出てけよ! と言いたいところだろう

私から見ても そう思うし

男性版「出会えない系」も いるから わかる





そう思われたくなくて

思いっきり 「出会える系」を公言していると

誘いが来るのは 当たり前のこと

それを やんわり断り続ける 嫌な女が私だ





ところが

なぜ 会う気も無いのに 他の男とメールを続けているのか

それは 少なからず いい人だったら 会ってみたいかもという

下心を捨てきれないせい

今の彼 【調教師】の代替

もしくは 乗り換え

最悪で スペア

そんな存在を探しているのが 本音





長続きできるパートナーを探すというのは

なかなか 難しい





相手の環境が変わっても 続く仲

独身から 既婚になっても 会ってもらえるのか

それなら 最初から 既婚相手を選び

体だけの関係でも いいのではないかという迷い




そんなことを 考えながらも

結局は 彼以外と 会う気も無いくせに

彼とダメになったら・・・とか

彼に侮辱されて嫌になったから・・・とか

新しい恋がしたいような・・・とか

漠然と まだ こんなことを続けられると思い込んでる私が

いつまでも サイトに執着させる





ベッキーが いい手本だったではないか

出会い系を利用したり

不倫を続けたりしている人たちを

少なからず ビビらせた ラインの内容

公開処刑も甚だしい

あれを見て

皆 一斉にラインメールを削除したかもしれない

明日は我が身

ベッキーの立場か

妻の立場か

はたまた 彼の立場か




「女は 隠れて浮気をしている」と言い切ったタレント

わかってる

知ってる

でも 女は 決して それを表には出さないから

言ってはいけなかったのよ




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
[ジャンルランキング]
恋愛
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
85位
アクセスランキングを見る>>
QR