≪ 2015 03   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2015 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

不感症?

【おしゃべり】な彼は 射精はするし フェラも好き

でも そこ以外の肌は 感じない

だから 触れられたくない 絶対!!

そんな男

私から言わせれば 未開発な不感症相当





そうなると キスが少ない

女性への愛撫も少ない

自分が感じないからって 女性も感じないわけじゃない

キスや 胸への愛撫が好きな女性は たくさんいる

それなのに すぐに入れて欲しい女性ばかりに会ってると

「ヤリマンは 楽でいい」と言う

話が早いし 行為も早いし 面倒くさくなくていいと?




すぐに 彼女に飽きられるタイプ

呆れるのか・・・彼女が




「可愛い子を見つけたんだよ」

「付き合えそう?」

「今 交渉中」

「タイプじゃないのかな?」

「彼氏と別れたばかりで 男が信用できないって」

「あはは・・・それは至難 頑張って」

「20歳なんだよね~」

「5歳下かぁ・・・付き合うことになったら 私も新しい人を探さなきゃね」

「やれるようになるまでは まだ」




男って やつは・・・

アプローチしてる間にも 他の女とやってるって 彼女が知ったら・・・

ま 私も いいチャンスと思ってるところが おあいこね

あなたの 愛撫は物足りないから

私には 役不足

やって見せてあげたかったけど

あなたが やられたくないなら 私のして欲しいことも わからないでしょ?

それなら あなた好みの ヤリマンを相手にすればいいわ

そのお堅い彼女と 上手くいくとは思えないし

見事 そのアプローチが成就したら 手放しで祝福してあげる





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


【おしゃべり】な彼に 初めてのフェラ




「俺って そんなに大きい?」

あ・・・

前回 大きいって言ったのは私

そんなに大きくはないけど 大きいほうかな程度

お世辞込みの言葉が 彼の記憶の片隅に残ってしまったらしい

でも 今日は小さい・・・(笑)

こんなことって あるのね

勃ちが悪いわけじゃないのに 最大級じゃない

張りも足りない

疲れてるのかな

「うん・・・」

明らかに 生返事




「気持ちいい・・・」

そこで 口を離す

「そう?」

「どうして フェラが嫌いなの?」

20歳のときに付き合った彼のせいだと話す

そして 1年間付き合って一度も性交渉が成立しない早漏だったことも

そのせいで いつも口で やらされ

おまけに AVの見すぎで フィニッシュが口内発射という思い込みの

勘違い男だったこと




そんな話をすると 口数が少なくなるのは

あなたも 同類なのね

男って・・・

ホント 馬鹿ばっか

違う

AV業界が おかしいんだ

あんなもの 教本にして・・・

いい大人は あれがリアルとは思っていないし ただのオカズとして見れるけど

経験の少ない男たちは あれしか知らないのに・・・




イキたい・・・

イクつもりで 会ったのに

彼の愛撫の少なさに 盛り上がらない

彼に跨り 背中を反らせ 胸を突き出し

彼のモノを包み込み うごめき収縮させる

「イキそう?」

「イキたくない・・・n・・・あn・・・はぁn・・・」

「痙攣してるよ?」




違う

イクって言ったら 激しく突くくせに

あなたの腰が大きすぎて 動けないから

中だけ 動かしてるのよ

女の本気の演技に使うときの収縮

声だけじゃないのよ 演技って

痙攣だって 演技できるの

騙されちゃダメ

見破らなきゃ




本気でイクときは

背中が汗ばみ

お腹が膨らみ

膣が開くの

そして 収縮する

男の単純なイクとは 大違いよ

教えてあげたいけど・・・

男って 女に教えられるのが 嫌いでしょ?

だから 教えない




あ・・・イキそびれた




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


会うまで・・・旦那の事は言うまいと

【おしゃべり】な男に 旦那が一時帰宅することを告げずに

会いにいく

そもそも 言うこともないはずだったのに

日曜は 会えないか?と言われたら

日曜は ダメだと言うしかない

そこで 他の男と会うのかと?言われたら

笑い飛ばしながら 旦那が帰ってくるから 無理~と言うしかない




「明日は 旦那とヤルの?」

「やらない」

「やるでしょ~」

「しないよ したくない」

「どうして?」

「嫌だから」

「俺のほうがいいの?」

「・・・うん」






別に あなたじゃなくても・・・

それに そんなに良くないし あなた




「1回戦目は カウントなしで!!」

「そんなに すぐにイっちゃうの?」

「久しぶりだから」

「で そんなにすぐに復活できるの?」

「任せて!」




頼もしいこと

でも 期待してない

そう言って 自分だけイったら すぐに帰る人を 知ってるから




「フェラ しないんでしょ?」

「しなくもないけど」

「いつも するの?」

「うん・・・」

「どうして?」

「男が・・・頭を股間に持っていくじゃん?」

「できる?」

「・・・・・」




黙って 彼のモノを握る

同時に 陰のうに触れると

「そこは ダメ」

「え?」

「無理」

「感じないの?」

「変な感じになるから 無理」

「上半身もダメ 下半身もダメ どうすればいいの?」

「腰から股までの間だけ」

「・・・・・」




呆れて 何も言えない

子供か・・・

陰茎のみの刺激で セックスをするっていうの?

彼を開発したいと 意気込んでいたけど

どこもかしこも無理なら どこを攻めればいいの?

ただただ 陰茎を扱くだけ?

私の口や 他の手は どこへ持っていけばいいの?




まさに お手上げだわ





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


春から・・・新学期から

自分の時間が どうなるのか

始まってみないと 予想もつかなかったのに

意外と 自由に・・・暇(笑)

それなのに 自分から誘わない私

待っていたって 選ぶほど誘われるわけじゃない年齢




2週間前に 会う日にちを指定してきた【おしゃべり】な男

期日指定って・・・秒読みのように 体が準備していくから 助かる

体のお手入れも しやすい

予定も たてられやすい

色々妄想が働いて 事前から濡れやすい

そうだ 以前何かで読んだ

夫婦の間でも いきなり夜に手を出すのではなく

その日の朝から 匂わせるように 普段よりスキンシップをはかり

お互い夜に向けて 気持ちを高ぶらせていくと

体が受け入れる準備をするという・・・

好きでもない行為をする旦那とだったら 逆効果で ストレスが溜まり

おかしくなりそうだけど・・・




その旦那が 帰宅する日を告げてくる

偶然にも その前日に

この間会った 公務員の親を持つ【おしゃべり】な男と約束をしている

間際になってもメールがないことが 少し不思議

すると 前日になってから

「明日だった?」

と 忘れていたようなメールが入る

「うん もしかして キャンセル?」

「ううん 大丈夫」

「時間と場所 どうする?」

「前のところは?」

「もう少し 近くに来れない?」




・・・・・カチン(怒

色々言い訳をし 別の場所にしてもらう

ホテルが近いところ?

違うよね?

自分の移動距離を縮めたいんだよね?

私だって 移動に時間を費やすのは 嫌よ

なるべく すぐ帰りたいわ




旦那の帰宅

生理が終わってる

そわそわ イライラが始まる

誰でもいい

その前に 私を抱いて・・・

そんな時の 彼との待ち合わせ




とりあえず 気持ちと体を 鎮めさせて




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


最後に会ったのは・・・いつだったかしら

2月?

【30代】が バイアグラに頼った日から・・・あれから 会ってない?

セフレと言っても 2ヶ月も会わない男は 用無しかも・・・

そもそも 私が悪いのか?

年度末で 行事が重なり 時間が取れずに・・・

いや でも 会いたいとなれば 【調教師】になら

無理矢理にでも 時間をつくるくせに・・・他の男となると

腰が重くなる私




会えない・・・という言い方が しっくりこない

会わない

会いたいと思えない

会わなくてもいい

会いたくない・・・わけじゃない

会っても 満足できないのなら 会う意味がない

満足せずに帰されることに 女としての プライドが許さない

彼にとって 私の体が 体(てい)のいい 処理相手に他ならないから・・・

私の方が 処理相手にしたいのに・・・




「いつまで 性欲が続くかな・・・」

「アイは 大丈夫だよ 常に濡れてるから(笑)」

「心配なのは そっちよ」

彼女に興奮しなくなったり

セフレに バイアグラを使うなんて・・・

持ちも悪いし

復活もしないし

「動くなって言っても 動くからだよ」

「だって イキたいんだもん」

「じゃあ 勃たせてよ」

勃たせないと 勃たないの?

やりたくて会ってるのに 勃たないの?

「クンニでも やらせればいい?」

「したいの?」

「ううん だって勃たせるほどの魅力が 私には無いってことよね」

「意外と自分で思ってるよりも 魅力がないのかもよ?(笑)」




随分と 衝撃的な一言を食らわすじゃない

私を 不快にさせて 何がしたいの?

「そっか 魅力無いか~ 魅力無いのに何故すぐにイっちゃうのかしら?」

「もっと 自分を曝け出してくれないと」

無理だわ・・・

それじゃ 気が散って集中できない




彼への執着心は 見事に消え

いつダメになって別れても 平気な気分になる





気づかされた 現実

知らず知らずのうちに 自分が女としての魅力があるから

男と会えてると勘違いしていたことに 気づいた

違う

男からすれば 女なら誰でもいいんだ

毎回違う女と 都合よく簡単に会えれば 一番いいけど

そうは簡単にいかないから 定期的に会える女を確保しておくだけで

リピーター扱いしてるのは 男の方で

私じゃない





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


目まぐるしい 年度末 年度始め

手が足りない

足が足りない

体が足りない

それでも 全部 自分でこなしたい

その後に 寂しさと空虚感が 押し寄せようとも

いずれ 煩わしさからの開放感や自由が待っていると

自分に言い聞かせて・・・




そうは言っても 全てのスケジュールをこなすには 無理があり

疲れと緊張感で 倒れる・・・




そんなときに限って 誘い・・・

しかも

ここ最近 想い出に浸り 気になっていた【元彼】からの

予想だにしない ラインメール

以心伝心とは このことかと 自惚れたくなるような瞬間




「生きてる?」

「それは 私のセリフ・・・もう連絡が来ないかと思ってた・・・」

「逢いたい?」

「うん でも今は風邪をひいてるから・・・今どこ?」

「事務所」

「え? 帰ってきてるの?」




久しぶりのメールは 再会の証

長距離の仕事をしている彼は 家族を養うため

地方だけでなく 全国規模に手を伸ばした

いや 足か?

私から 逢いたいとメールしていれば

時間を作って 逢ってくれていたのかもしれない

それでも 天邪鬼の私は

彼のほうからの誘いに賭け 自分からメールしない




「逢える?」

「ちょくちょく 連絡しろよ」

「うん」




彼の大きな体に 包まれたかったな・・・



にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「アイは 嫉妬深いよね」




カチン・・・

頭の中で カチンコが鳴った(笑)




言いたいことはわかる

女は 嫉妬深くなくても 数字や記憶に長けているから

ついつい 悪気が無くても 嫌味のように口にしてしまう

それで男は ドキッとし イラッとし 嫌な思いをするのよね

痛いところを突かれたと思い込んだり

後ろめたいことを見破られたと思い込んだり

図星だったりするだけで

こちらの意図としていない

何も 責めようなんて思っていないのに・・・

勝手に 仕掛けてもいない罠にかかってるだけなのに(笑)




「うん・・・かもね でも その気持ちが自分でも嫌だから 離れていく」

正直に 返した

「そうだよね アイは・・・」




付き合い始めた頃は 頻繁に会いたがる彼に

私は 自信をつけていった

でも 時折出てくる 他の女性との出会い話に

いつしか 寂しさの残る嫉妬心が芽生え始め

自分の立場や 彼と付き合う上でのハンデを考えながら

今後 何人もいる女性の中の1人として 彼と付き合っていくか

もっと 自分を大事にしてくれる男性を探すか 迷い

結局

女性関係の話を ヘラヘラ聞けるほど軽い気持ちじゃないことを

彼に伝え

好きだから そんな話を聞きたくないと 離れることを決意した

いや 決意じゃない

賭けに出たんだ

彼が そんな行動を改めて 私と向き合ってくれることを 期待して

正直に話した

でもそれは 見事に撃沈

彼は 結婚を前提にした新しい彼女を作り

私との関係は あやふやな未来感を持たせて 清算した




彼からすれば

いや 男性陣からすれば

女性は 自分でモテ自慢を男性に話してくるくせに

男性には そんな自慢話をしてほしくない

むしろ そんな話で女性を不快にするなというのは

納得いかないだろう

でも 女は 自分を一番に思ってもらえないと ヤキモチを妬く生きもの

理不尽は 女のほう・・・(笑)




「これ ホワイトデー・・・」

「これって・・・ガチャガチャの景品・・・(笑) ありがとう」

相変わらず 私と趣味が似てる




私が あと十何歳か若かったら 付き合いたかったんだっけ?

でも 今の私を作り上げたのは 結婚であり 子育てであり

独身の私では こうは ならなかったのよ




帰り際 車のドアに手をかけた私に キスをせがむ彼

深夜といえども 周りを見渡してから 彼にキスをする

また会える願いを込めて・・・





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


ホテル代を考え 時間を気にしながら

悩み 決断し 速攻で食事を取る2人の姿が 滑稽であり

カッコつけるでもなく 気を遣うでもない関係に

こんなに 心を許せるのは 【調教師】だけだと感じる




今日は ホテル代を どうしよう・・・

何度も お金を出してみたり 引っ込めてみたり

女のプライドを保つのに 苦渋の決断とは 可笑しな話

半分出せば また会ってもらえるような錯覚を起こし

一切出さなければ お金のかかる女として

なかなか会ってもらえないような自信のなさを 沸き立たせる

男は 慣れ・・・癖のつけようで 如何様にでも手懐けられるのは

自信があって 恋人同士の関係ならではの話




今は 子供たちの進学で お金がかかるから・・・

自分に そう言い聞かせ お金を引っ込める




「こんなに社交的になったのは アイのおかげなんだよ?」

帰りに車の中で 彼が言う

どうしてなのか?

どこがどんな風に 彼に影響を与えたのか?

詳しく聞き出したい・・・

けど 話が逸れ始める

おおよその予想は つく

出会ったとき 彼はニートらしき時間の余裕があった

お金にも余裕があるところを見ると 職を辞めてきたばかりか

その職も 彼の私生活の様子を聞くに付け 想像が出来た

挫折して帰省したのか

親に呼び戻されたのか

引き籠もりに近い趣味も まだ私に話してくれるだけ マシだと思えた

そんな彼を 私はただ受け入れただけ

何もしていない

普通の男として 普通に受け入れただけ

彼の外見も その趣味も たまたま私の趣味だっただけ




車は 最初に待ち合わせた私の車が置いてある駐車場に到着

深夜 0時になろうとしてる時間

事が済んで 私には もう用がないだろうし

さっさと帰りたいだろうと思い ドアに手をかけると




「もう帰る?」




その一言が 私にとって セックスの絶頂よりも どんなに嬉しいか

彼には わからないでしょうね




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


繋がってイク悦びは やはり何ものにも代え難い至福の時

そのあとで 余韻が落ち着くまで繋がったまま 抱きしめられていたら

それこそ 『失楽園』や『愛の流刑地』の域に到達しそうなほどの

絶頂感、失望感、空虚感・・・

他には何もいらない

このまま 日常の煩わしさから永遠に逃げたい気分

最高の瞬間に 時間を止める・・・

そんな 気持ちがわかってきた女は 確かに危ない





【調教師】との体で絶頂を向かえ 朦朧としている私を 仰向けにし

彼が 突き始める

布団の端が 私の頭にかかり 薄目を開けて彼を見上げていると

バスタオルを 私の目に被せる彼

アイマスクの代わりかと思いたいところだけど

要は 顔を見たくない

自分の妄想に浸りながら 女を侵したいだけ

鼻と口だけしか見えていないであろう私を想像しながら

私も それなりに妄想を働かせ 彼を受け入れる





なかなか イカない彼

何度も 私の目を覆っているバスタオルのズレを直しながら

前後に揺れている腰

女性の中で イキたがっているのは わかる

でも 長すぎて 開脚の痛みと 膣の擦れる痛みが

私を 飽きさせる




彼は 目を隠した私を どんなシチュエーションに仕立てて

オカズにしてるのか・・・

私では 興奮しないということか

わかってはいても 寂しすぎる・・・




「どこに 出せばいい?」

イケそうなのね・・・

「中・・・」

彼は ほどなく 絶頂を迎える

「・・・ふぅ・・・もう お前には用はねぇ~」

ふん

知ってるわよ

男は 射精すれば 女体には用が無くなることくらい

事実を 冗談めかして 本当に言うなんて

冗談にならない 悲しみよ




抱きしめるわけでもなく キスするわけでもない

「何か 食べる?」

「うん」

「シャワー浴びるか・・・」

「うん」




一緒にシャワーを浴びるくらいが

ちょうどいい 彼なりのフォローかしら





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「最近 勃ちが悪くて・・・」

「え?」

「年かな・・・」

まさか~

まだ 30になったばかりで

結婚もしてないのに・・・?

というか

相変わらず 他の女とも やってるのね・・・




私と別れる理由になった彼女とは 別れたんでしょ?

でも 最近の自分の性生活事情を話せるということは

今も それなりに相手がいるってことよね・・・

「途中で 中折れしたら ごめんね」

「ダメ 許さない」

【調教師】は 女性の中でイケない体質

そういう私も 彼と出会った頃は同じ

でも 今は違う・・・

出会いを重ねる毎に 女のカラダは熟し

体調や相手次第では オーガズムを迎える体質のなった

で 彼の場合は・・・自己申告もあって

オナニーの やりすぎ
二次元の オタクすぎ
萌え好みの こだわりが ありすぎ

そんな理由





最初に会ってた頃の 出会い系に慣れていない初々しい主婦が

彼の好みだったのは 薄々気づいてた

メガネや ニーハイや ガーター スーツ 下着などが

彼の妄想を掻き立てる ツールであり シチュエーション

女性の中で射精が出来ない彼特有の 他の楽しみ方が

同時に 女性の悦びであり 女性を勘違いさせ 虜にさせる




そんな アブノーマルに走り始めていた彼が怖くなり

「普通がいい」と言い 少し後悔した 4年前

今では そんな行為に飽きたのか 試すことも無くなってる

ひとしきり 体を重ね 勃ちが悪くなったところで横たわる彼を

やはり イキ難い私の体が ムラムラと求め始める




私の愛液で ベタベタする彼のモノを舐める気にはなれない

手でしごきながら 彼の上半身を責め始めると

徐々に 膨れ上がる彼

淫乱な作用が働き 徐ろに跨り 騎乗位で彼を堪能する




細いと思っていた彼のモノは 以前より太くなり

私の奥深くに 痛みにも似た苦しさを与え 病みつきになる震えをもたらす

下腹部に時折反応を示す膨らみ

イケそう・・・

膣や お尻に 神経が集中し 脳は真っ白になる

もはや下半身だけの生き物になり

彼の両手を握りながら 天を仰ぎ 興奮を抑えきれずに 大きな声で喘ぐ




彼の胸に倒れ込み 彼の肩で息遣いを震わせながら

至福の余韻を味わう

「ここは 何も言わないでおこう」

そう言うと ただ私を抱きしめる彼

相変わらず 変な言い回し・・・

でも その数分の静止が 女性には大事

余韻を長く維持すればするほど 後で思い出すときに

満足感が増す




しばらくグッタリしている私を 堪りかねて 引っくり返し

彼の仕返しが 始まる




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
[ジャンルランキング]
恋愛
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
59位
アクセスランキングを見る>>
QR