FC2ブログ
≪ 2015 01   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  2015 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

30分前に 飲んだよ




以前 バイアグラの飲み方を失敗した【30代】の彼

本番に勃たずに 事が済んだ後 大変なことになったという(笑)

錠剤のそれは 日本人には 半分でいいらしい

今日の彼は 既に効力が訪れた状態で 苦しんでる(笑)

血流が良くなることで 体が火照り ジーンズの中で爆発寸前




生理中の私が 座り込みを決め あまり動かないからか

珍しく彼が コーヒーを入れてくれる

初めて会った時から 私のことを 気の利く人だと言っている彼

コーヒーを入れるくらいで ポイントが上がるんだ?と可笑しくなる

そのせいかどうか 彼女の気の利か無さ過ぎが頭にきて

私に会った後に 喧嘩をしたと言っていた

彼女と私は 20歳も違う

人生経験が 私を育てたんだから 彼女もいずれ 気が利く女になるだろう

今の私と比べちゃいけない・・・




錠剤のせいで落ち着かない彼は 早々にお湯を張り お風呂に入る

まだ 生理3日目で 留まる事を知らない私の体は

お風呂場での行為が無難と思え 彼に続いて バスルームに向かう




お風呂での行為は 長距離運ちゃんの【元彼】を 思い出す

ガタイのいい彼に迫られ 優しく包まれ 激しく求められる行為は

最高の悦び

そんなことを思い出しながら 湯船で目の前の彼を受け入れる




いつもより硬さと反りが違う彼のモノ

細さと硬さは 咥えやすく

お風呂の中なら 汗まみれになっても平気なほど 吸える

バスルームなら 汚れを気にせず構わず 行為に没頭できるはず・・・

でも 【元彼】のようには 上手くいかない

膣にはお湯が入り 洗いすぎてヌルつきが無くなったそこは

彼を素直に受け入れてはくれない

キツい・・・

バックになっても それは無理で

どうせなら 泡だらけになって抱き合いたいのに

彼は そこまで気が回らない

私から言うのも気が引け

そのうち彼は諦め バスルームを後にする




「どうする?」

「バスタオルを敷く?」

「でも・・・汚れちゃう」

「ちょうど 濃い色のタオルだし」

「そういう問題?(笑)」

「自分で脱ぐ? 見られるの恥ずかしいだろ?」

「うん・・・」

漏れないように 栓をする彼(笑)

この濡れ具合は 生理じゃない

感覚がわからないほど溢れ 滑りは良くても

ある程度の摩擦がない上に 大海に爪楊枝じゃ

何も感じない




締め付けることに神経を使うのも 行為に夢中になれず

いまひとつ・・・

錠剤を飲んだくらいだから 前回よりは私を攻めてくれるようだ

乳首の愛撫も感度よく 反り返る私の体

たまらず 私の方が彼を押し倒し 彼に跨る女真っ最中の私




なぜだろう 全く感じない

気持ちよさは感じても 中の感覚が無い

一心不乱に動く私に すぐに絶える彼




え? もう?

まぁ いいけど

錠剤も飲んだことだし

勃ったまま 萎える気配もない

すぐに 2ラウンドにいけるか(笑)




ところが 彼はシャワー後 徹夜明けの体を休めてしまう

その間に 帰りが遅くなることを家に電話し

次に備え 眠る彼を隣に ひとりAVを見る

まもなく聞こえてきた 彼のいびき

いびきすらも 好きなうちは 気にならず 愛しいとさえ思えるから不思議




不意に また車の鍵が気になり出す

一気に 熱を帯び 汗ばむ体・・・

不安や焦りからくる 冷や汗なのか 脂汗なのか

犯罪物のAVを見ながら 私の気持ちに拍車がかかり

手に汗握り始める(笑)




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


生理中だというのに 男ってやつは・・・




自分だけ気持ちよくなれれば それでいいの?

こっちが イマイチ乗り気じゃない意見も 右から左に受け流され

数少ない一緒の休みを 逃すまいと 必死さが伝わってくる





平日の朝

大型駐車場は 出会い系の待ち合わせ場所

まだ 従業員でさえ出社していない 閑散とした広い敷地

目立つ・・・目立ちすぎる

それでも お構いなしの【30代】の彼

この 異様な光景に 少しは危機感を持って欲しい

遠くからでも 状況を把握できる行動

買い物に来た訳じゃないのは 一目瞭然

関係者以外 駐車禁止は元より

車から車へ・・・明らかに 一台の車は置いていく手はずが見て取れる

こういうことに疎いのは 男性ばかりではないが

どちらかというと 目的達成までは 周りが見えないのが男性




彼の車の後部座席へ乗り込む私は

さしずめ ホテルまで運転手付きの デリ状態(笑)

こんな乗せ方をする彼氏は 初めて

人目を気にするのは 当然といえば当然

でも ちょっと ガッカリ

こういう時 彼女なしの独身男のほうが 彼女扱いに助手席に乗せてくれて

ポイント高いなって 思える




彼の車に乗り込み 走り出した時

不意に・・・

私・・・車の鍵

掛けたわよね・・・?




気になる・・・

戻りたい・・・

でも 走り出してる・・・

車上狙いにあったら どうしよ

今日は 通帳類が乗ってる

どうしよ・・・

掛けたわよね?

うん 掛けたはず

きっと 掛けた!

たぶん・・・




彼との会話も 頭に入らないほど 体が じんわり汗ばむ




彼は・・・

以前から狙っていたバイアグラを 知人から入手し

意気揚々 テンション高め

安いホテルを狙い 乗り付ける




とりあえず 鍵の事は 忘れよう・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


テレビに映る 男性のアゴのライン

長い首から 鎖骨にかけて

鎖骨から肩へ 二の腕へ




テレビだと じっくり見られる

いや じっくり見入ってしまう(笑)

男性にしかない 喉仏やら 首筋 エラの張り

なんて 魅力的なんだろう

惚れ惚れする

これが全部 自分のものなら・・・

そんな欲求が止まない




大森南朋の裸を見

普通に年齢にあったお腹の弛みに リアルを感じさせる演技

実際は 普段どこまで鍛えてるのだろう

役作りで わざと中年腹に したのか・・・

妻との セックスレスを漂わせる 冴えない中年を演じ

その妻に 拒絶されるシーンで

私を 暗くさせる

それでも クライマックスでは 全く気持ちが離れてるわけでもないことを

視聴者の記憶に残し

私は こんな風に 旦那ともう一度 向き合えるだろうかと

考えさせられる




逆に

亀梨の背中

もう オバサン目線に拍車がかかる瞬間

明らかに 若い女性が見るそれとは違う エロ目線

素敵・・・触れたい

後ろからも・・・

前から抱きしめて 背中に手を回してもいい

過ぎるほどの筋肉質でもなく 普通に若者のリアル感

立場上 普段からダンスレッスンは してるだろうから

見せられる体にしてるはず

それに 若さもある

どんな風に 女性を愛するんだろう

キスは上手いのかしら

絶対 男臭くも 加齢臭もしない

匂いには 気を使ってる




これだから 若い子が やめられないのだ




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「縛りたい」

「イヤ」

「クンニしたい」

「なら 会わない」

「そこまでかよ~」

まだ 気づいていない【30代】の彼




「この間のメールね ドン引きだった」

「引いてたのかよ」

「AVの見すぎかぁ~って(笑)
  そういう私も見すぎだから 嫌だって思ったんだけど」

「どんなエッチがしたいの?」

「テクニックじゃない 思いやりのあるセックス」

「俺が 思いやりないみたいじゃん」

「ううん あるよ だから大当たりだったの」

「濃いエッチがしたいな」

「濃いって どんな? まさか本気でSM?」

「いや 激しいのは俺も苦手 帰ってからもボーッとするようなエッチ」

わかってるじゃん




「男が本能のままに貪ってるだけで 女として愛されてるって感じがして 燃える」

「本気で好きになっちゃったりして 俺(笑)」

それは・・・今は 嬉しいかな

「SMとかじゃなくて 官能的にアイを知りたい・・・みたいな」

「思い出しただけで 子宮がきゅ~んて なるような
  初めて会った時が そんな感じだったなぁ~」

「初めては 新鮮だからな
  どうしたい? 彼氏っぽいの? それとも体だけ満たされればいい?」




いきなり 真髄をつくなぁ・・・

言っても 引かないかしら

「彼氏っぽいの  気持ち悪くない程度で(笑)」

恥ずかしさに 余計な文面を付けた・・・

「気持ち悪いって?」

「彼女と別れて一緒になりたいとか
  話さなくても一緒にいたいとか
  金欠だから車でしよ~とか
  メールで脅し、写メで脅しとか 色々・・・
  ほぼ ストーカーかな」




最初の1行以外 全部経験済みです なんて 気づくかしら?

「俺から そんな匂いしないでしょ(笑)」

そりゃ~誰だって 最初はわからないよ

その時が来ると 豹変するのよ人間って・・・

「好きなうちはね 愛されてると嬉しいけど
 女って ある日突然冷める時があるから(笑)」

「でも 愛してるよ できれば 時間が許す限り一緒にいたいかな」




・・・意外

そんな ストレートに言われたら・・・

「嬉しい」

「会うと 本当は帰りたくなくなるんだよね(笑)」




どうした?

騙されないぞ・・・////

私の反応見て 笑ってるんだろ

本気になんか するもんか

本気になった振りだけ してやる

「飽きられないように 頑張ります(笑)」

「心許してるから アイに対して NGはない なんでもできる」

「騎乗位やらして~」

「ダメ(笑) 騎乗位って気持ちよくないって思ってたけど アイのはヤバイ」

「私にも イカせてよ」




どうにか 軌道修正できたかな

また 気持ちよく会えるかしら




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


【テル】は 良かったな・・・

私にお金の心配をさせない点が 男らしかった

だから たまには私が払うって 言えた

金欠の時は 正直に 彼のアパートに誘われた

単なるセフレの関係に 彼は私を 恋人扱いしてくれた




【調教師】は 私の若いツバメになることを 望んでいた

私が彼を求めて お金を出すなんて・・・

そんな道楽 出来るわけもないし

そこまでして 男を漁りたくないし

落ちたくもない

男に求められたいのは 体であって お金じゃない

本当は 心を求められたいのが本望だけど




【30代】は 私を どう扱いたいのだろう

今後 毎回ホテル代を割り勘に! なんて打診されたら

関係は やめよ・・・

もっと 大事にしてくれる人は 他にもいるだろう




過去の栄光に囚われてるから 目の前の男に 嫌気がさすんだ

こんなことじゃ いつまで経っても 理想が高すぎて 満足できない

そんな いい男なんて そうそういないのに・・・

今の私の年齢で 会ってくれるだけで 感謝しないと

わがままばかりじゃ・・・キリがない




「そう(金欠)じゃないかな~って思ってたから 大丈夫」

それか 彼女と別れたか 上手くいってか 私と別れたいのかと・・・

「浮気しないでね」

「するよ(笑)」

「冗談にならないよ」

冗談じゃないよ(笑)

「しないよ」

「実は 休みが変わったんだ」

え? 同じ平日休みを取れるから 会いやすかったのに・・・

「じゃあ 無理だね」

「今度の木曜は?」

「仕事 つか生理までギリギリ」

「じゃあ 来週は?」

「生理真っ最中」

「映画とか 見たいね」




それは かなり嬉しい

【テル】とは 3本ほど 見に行ったなぁ~




また 過去に囚われる・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


【30代】の彼のメールに 嫌気が差し しばらく放置

と 思ってるのは私だけで

私が放置されてるのかもしれない・・・

彼は休みの日 彼女と会ってるから 連絡がない

元々 私からメールすることはないから

これは 放置じゃない

そう気づいたのは あの嫌な文面のメールから3日ほど経ってのこと





彼から ラインにメールが入る




ラインからの通知メールがある度 気にし

どう返信しようかと考えていたり

メールがないのは 彼女と何かトラブルがあったのかと 考えていたり

結局 毎日のような頻繁なメールがないと 寂しさを感じていたのは 私




そんな私への4日ぶりのメールは 返信に困り既読無視すること 1時間

すると

「浮気だろ」






ま 妬かれるだけ 幸せか・・・

嘘でもない 本当でもない 理由を返信する

「今 葬儀中なの」

不謹慎にも 近所のお葬式に参列していないにも関わらず

既読無視の理由が それ




他愛もない 世間話を長々とメールし合う・・・

本題は? いつ切り出すの?

話を セックスに持っていくと 男性って 食い付きがいい

股間を膨らませながら メールするらしい




結局 この間のメール内容に触れることはなく

彼の方から メールが途切れる

その後も 3日と空くメール

今度の平日休みに会う約束は・・・どうするのかしら?

もしかして 彼女で満足しちゃったかしら

それとも 金欠かしら

毎回 半分弱ホテル代を出していると 今回は 私が払うなんて

言う気にはなれないし




しびれを切らし 前日の夜に 私からメール

「明日 会えそ?」

「ちょっと金欠で 平日になりそう」




大当たり(笑)




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


【調教師】のメール文に 一気に高揚した土曜

そんな見え透いた一時の子供だましに 浮かれる日曜の朝

【30代】の彼からのメールに 気づく




「今日 会えない?」

「今日は休みじゃないでしょ? 月曜は?」

「月曜は 彼女が来るから・・・」

ふ~ん・・・

彼女と会う前に 私と?

それって 私が旦那に迫られる前に 誰かと会い 女として満足してから

精神的余裕を持って 旦那を受け入れたい・・・って思う あれ?

それは ちょっと 嬉しい




でも今日は 忙しいわけじゃないけど

子供達とだけ過ごせる 貴重な日

会いたくないわけじゃないけど・・・

ゆっくりはできない




「無理かな・・・」

「そうか 諦めるか」

「会うなら ゆっくり会いたいしね」

「今度は アイの自由を奪って 俺がいじめるよ」

「私を?」

「イキ地獄を味あわせてやる」

「クンニと電マね・・・」

「泣くまで イカせよう」




最悪・・・

「嫌いになっちゃうかも」

「マジ?」

「スローセックスって 知ってる?」

「知ってる~」




おっ!! やった!!

「やって~」

「仕方ないな」

「できるの? やってみたかったんだ~ 楽しみ~」

「今度 ハメ撮りしよ!」




え?

「恥ず・・・」

「それがあれば オカズになるでしょ?」

要らない・・・

君は オカズにならない

「ん~ 考えとく」

「決まり!!」




・・・・・なんか 引く

「その時の雰囲気で 私を気持ちよくさせられたらね」




「イカせすぎると 人ってどうなるのかな? 試してみよう」




完全に 冷め・・・

会いたくないわ




以前に イカされすぎて 局部が真っ赤になって 疲れ果ててるAV女優を見た

カラダが イカされるのは簡単

でも 心まで気持ちよくなって満足するのは そんなことじゃ叶わない

そういうアブノーマルの撮影ばかり続いて 虚しくなって辞めていくAV女優




どうして 男は

イク=満足 だと思うのだろう




【調教師】と 真逆の影響を 私に及ぼして

普通に会えると思わないで・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


ライブに行くと 必ず メールしたくなる

それは 終了後そのまま帰らずに 彼に会いたいから




心地いいライブに 身を委ねながら

帰り・・・メールしてみよう

そう決意し 後味よくライブ観戦を終える

メールする相手は 【調教師】以外に考えられない

【30代】の彼は 夜の仕事で 動けない

よくて メールの返信があるくらい

【調教師】は 返信がなかったり あったり

たとえ返信がなくても 気持ちの上で モヤモヤした後悔はない




「元気~?
 いつもメールするのは このタイミング
 ライブの帰りのテンション高めで(笑)
 それか 飲み会の帰りとか
 どうしてかしらね?(笑)」




返信がない・・・




じゃ 【30代】の彼へ 送信




「まっすぐ帰宅してください(笑)」

テンション高めで このまま帰りたくないのが バレてる・・・




「わかる」

【調教師】から 返信あり!!(嬉)




「わかるの?
 どうして?
 教えて!!」

「恋しいときは そういうものじゃないかな」

こちらも バレてる・・・

返信の遅さは このあと 遊べない感じか

つまらない

でも 久しぶりのラインメールに 心が躍る




「キザすぎたら ごめんなさい(笑)」

ホントよ・・・自惚れてる

ま 誰だって この状況じゃ 私の恋心なんて お見通しよね




「ふ~ん 恋しんだ~私? なるほどね」

「勘違い野郎と 引かれてもしょうがないね」




そんなことない 当たってる・・・

「あながち はずれてはいない
 確かに 1人になった時に メールしたくなる人って
 そういうことなのかも」




ツンデレも 可愛くない

素直に 好きだからって 言えない私




「今度 一緒に出掛けよう」





くっ・・・

悔しい

いや 素直に嬉しい

相変わらず 女心をくすぐる奴




これで

私のところに 戻ってきたのよね

他に 出会いを求めていたとしても

彼女から 私に・・・帰ってきたのよね

たぶん・・・





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「アパートが 欲しいね」

「そうね」




毎回ホテル しかも頻繁に会いたいなら

ちょっと 出費がかさむ

既婚者や 彼女持ちが いきなりアパートで 一人暮らし?

不審極まりない

それでも 夢の話で盛り上がるのが 付き合いの浅い恋人同士




一人暮らしのアパートに 通うことの つまらなさ

今までホテルに案内されてた女が

割安な女に 格下げになる瞬間

ホテルなら いつでも綺麗な部屋に 寝具

何の準備もいらない アメニティーグッズの充実さ

大音量で見られる AV

ついでに 大音量で喘いでも躊躇しない空間

バスルームのマットや 部屋の天井鏡があれば なお燃える

アパートでは敵わない空間作りが 利用金額になる

そして そんなシチュエーションにこそ ムラムラするのだ




これが 若い恋人同士なら

彼の部屋にお邪魔するってだけで ドキドキなのかもしれない

でも 今は若くないし

やることは決まっている

恋人同士のような駆け引きなど・・・

押し倒されるか 今日はテレビを見るだけか なんていう

期待や 肩透かしや 苛立ちもない

念願のアパートなら 誰に気兼ねすることなく やれるか?

といえば そうでもない

住人以外の車が停まってることの 不自然さ

いつ彼女が訪れるかわからない 不安

そんな中で 気持ちよく 逢瀬に没頭できるはずがない




「アパート 借りれるの?」

「ううん」

「だよね~」

「夢の話」




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
[ジャンルランキング]
恋愛
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
66位
アクセスランキングを見る>>
QR