FC2ブログ
≪ 2014 08   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - -  2014 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

たくさんのコメントをくださった Sさま

遡(さかのぼ)っていきながら このブログを読まれてる様子で

喜怒哀楽 エロ 疲れ 時に道徳的な内容まで コロコロ変わる文脈に

私の姿を追うことは 大変な精神的労力ではないでしょうか(笑)




コロコロ変わるのは 女の常

その変化に振り回されるのも 男の常

いやらしい部分も私なら 冷めた部分も私の姿

優しいかと思えば 冷酷になり

大人な解釈をしたかと思えば 子供のように間違いを犯す

悪いこととわかっていながら取る行動は 一番私の姿を象徴しているようです




もう 出会いに積極的になれない自分がいる今

出会えない系なりに 他のことにシフトしようかしら・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


待ちに待った休み

数日前からワクワクし のんびりしている自分の姿を想像しては

既に 心が先に穏やかになり 限られた時間に何をしよう

と あれやこれや考えていた

滞っていたブログ更新が まずは一番の目的

のはずなのに・・・

こともあろうか 少女漫画を読み始めたら すっかりハマり

もう 心は少女化してしまい 出会い系などどこ吹く風な状況に・・・ww




結局 すべての時間を 漫画の読書に使い

読みきれなかった分を レンタルしてまで 読破

少女漫画といえども 侮れず

出会い系で経験した 青く苦い思い出が蘇る




好きな人を忘れるために 他の人と付き合う

その代打的な相手に求められ 返事をうやむやにしているまでは

心地いいもの

でも 試しにデートしよ!と言われて初めて

楽しくない 面倒くさい 時間の無駄と感じ 自分の気持ちに気づく

その仕草が ついこの間別れた【野球青年】と 全く同じで

コミックを見開きながら 凍りついたww




徐々に距離を縮めていく相思相愛の2人の ドキドキも

経験を思い出し いい年して悶えながら 同調している自分が居る

こんなシチュエーションを 結婚し中年になってから つい最近経験したことに

可笑しささえ思う

年頃の娘に 恋バナをリアル感たっぷりに 笑顔で語り合う私は

同い年のクラスメートさながら




あまりの 少女テンションに せっかくの3人の誘いを断り

後で 後悔しないかしら・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


久しぶりにログイン設定した出会い系サイトに

20代男性からのメール

身長もあり ガタイもいいらしい

そうなれば あとは無条件で すぐに返信

軽く その日のスケジュールを話し 会うことに




こちらから 歩み寄ることをせず 場所も伝えると

男性は わざわざ会いに来る

それを 少しでも歩み寄る空気を見せると

男は たちまち出渋る

中間地点で会うだの 一人暮らしのアパートに来いだの

会う前から 通い妻のような関係

仕舞いには 私が会いたくて出向くような思い込みをされ

勘違いしていることに こちらは怒りを覚え 行けない素振りを見せたくなる




過去の経験上 あまりこちらの誠意を見せると

最終的に ホテル代までこちらが払ってでも やりたいビッチの女

というレッテルを貼られる

それは 何度か会って気に入り 好意を抱き

長く関係を続けたい男に対しては そうありたいが

初めて会うのに いきなりそこからは 無い




最初は 男性にとって 会ってくれる貴重な女でいたい

会ってから たいして良い女ではないと思われても・・・ww




「お茶か 食事でも どうですか?」

私が サイトで日記に生理中と記したからか

ホテルへ直行する気はないらしい

「日記を見て 気になりました」

そう誘ってきたからかもしれない

でも 食事は家族と取らないと・・・

「食事を済ませてからなら」

「わかりました 僕も済ませてから向かいます」




「着きました」

「私も います」

公の場所に呼び出す いつもの手段

「車から出てこれる?」

と 知り合い風を演じて会うよう お店の中で待つ




しばらくして 近寄ってくる男性は 純朴そうな飾り気のない青年

車に移動し 予定通りドライブ・・・のはずだった

車を走らせながら お決まりの会話に

彼から出たセリフ

「どこか2人きりになれる静かな所に行きませんか?」

「え・・・私 あれだよ」

「あれって どれ?」

すっとぼけてるの?

日記を読んだって 言ってたじゃない・・・

「日記にも書いてたはずだけど あれ・・・って 生理」




「日記を読んだって言うから それでお茶なのかと」

「そうですか 辛くないですか?」

「ううん そこは脱したところ それより

 そのつもりなら 今日は時間の無駄になるから また改めて会う?」

「そうですね」




彼は 10kmほど走ったところでUターンをし始める

本当に戻るんだ・・・?

お茶も 無しなのね?

誘い方も陳腐なら やる気だけのつまらない男

会話が上手く噛み合ってたと思ってたのは どうやら私だけか




某不倫ドラマの冒頭でも言ってた・・・

女は やりたくて男と会うんじゃない

その一瞬でも 好意的に男性に求められたい

相手を 好きになりたいのに

男は ただの処理道具としてしか 女を見ていない

嘘でもいいから もう少し女を大事に扱えば こちらも歩み寄りを見せるのに




30分ほどの出会いに 外出してきた手前 時間を潰す

久しぶりの外出に 時間が経つのも忘れ 買い物まで済ませると

結構な時間




別れてからの アフターのメールも無いから

次は 無いかな

とりあえず 危ない男じゃなくて 良かった

また 暫く 大人しくする日々になるな・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


某不倫ドラマも佳境に入り

そのテレビドラマHPに寄せられているコメントに

本来の道徳心を呼び起こされ 萎える日々





一部掲載



「不倫は間違ってる。

 たとえ、旦那様や奥さまに不満があるとしても許されることじゃない。

 家庭を壊さないようにして二人の時間を過ごすなんて、卑怯だよ。

 今の状況に不満があって、それを変える度胸もなく、

 少しの間でも気持ちの休まるひとときが過ごしたい...?

 それって、自分のことしか考えてない。

 現実逃避をすることで、悲しんでいる人がいるんだよ。

 傷ついて、人間不振になって、一生苦しむ人だっているんだよ。

 ひとときの快楽や、現実逃避で周りを巻き込まないで欲しい。

 大きな傷口を見ることも、赤い血が流れることはないけど、

 見えない傷を抱えて、心さまよっている人もいるってこと忘れないでよ。」





いちいち もっともなコメントに一喜一憂する私は

今さらながら 怖くなる

反省の色はなく ただただ 秘密が露見したときのことを恐れる




浮気公認の出会い系サイトにいると

本当に 良心が麻痺してしまい アンチ不倫派に食って掛かる勢い

うちらはうちらで 最低限のルールの元 楽しんでるんだから

反対派は あっちへいけ! とばかりに 議論することしばしば




こんなことは 自慢気にブログにして日々公開するべきじゃない

隠れて 密かに 誰にも知られずに ひっそりと行動するもの




不倫ドラマなんて 今までだってあったのに

出会い系が普及してきた より現実的な今に放送されると

有り得ないことではないことに 見ていて 現実世界にハラハラする




方向性を模索するあまり ブログ更新も滞り

パソコンに向かう 意欲も減り始めている




それとは裏腹に 疼く下半身を持て余し 出会い系サイトを覗く私




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


賛否両論の不倫ドラマを 遅ればせながら見始める

すでに 5話まで放送していたので ネットを介して動画を漁り

視聴できない分は あらすじなどで補い

確かに 目が離せない展開に 同調と不安と恐怖心を植え込まれる




その中でも 不倫慣れしている主人公の友達になる女性の

時折出る 名言が 不倫経験者には堪らない

名言集をブログに載せている人が多いので ここには敢えて載せないけど

正に その通りで それをわきまえずに不倫していた女性のブログも

過去には 見てきたわけで・・・

改めて 自分も反省するに陥る




そして ただの不倫肯定ラブラブドラマにはならないところが

より ドラマチックww

夫にバレることの罪より 子供にバレることの罪の重大さは

一番 避けなければいけない域

ここら辺になると 不倫経験者にとっては リアルなサスペンスドラマになる




このタイミングで私は 予てより観たいと思っていた映画を

レンタルに先行して ネットカフェで鑑賞

「白ゆき姫殺人事件」・・・

ネットの恐怖と 他人が自分を見る目 いや 親でさえ自分をどう見ているか

人間を信じられなくなる というより とりわけ

ネットで全国民に 勝手に自分が晒される恐怖に 教訓的な映画だった




このドラマと映画で

『不倫』に 『ネット拡散』、『実名報道』・・・

Wパンチで 私を一瞬のうちに 大人しくさせた




大袈裟な・・・なんて思わない 思えない

裏サイトで 以前 私を恐怖に陥れた書き込みを 目にしたことを思い出す




「○○(特定地名)の ○○(名前)に会った人いますか?」

普段なら そういう書き込みは よく目にするし

携番から 車番 住所まで書き込みで晒され 削除されるのは

日常茶飯事で 自業自得なのだから 身から出た錆ね

と 自分さえ気をつけていれば そんな目には遭わないと

高を括っていた




それが ある日突然 私の住んでる地名に 私の本名で 目にしたとき

全身が凍りつく感覚を覚えた

地名は まだしも

名前は 通常 ハンネ・・・ハンドルネーム

で 私の本名と同じハンネ?

でも こんな古めかしい名前をつけてるサイト住人を見たことがない

いくら 中年のオバサンでも 可愛いハンネをつけるのが常

敢えて リアルな名前を?

違う

この裏サイトで この質問をしている人は

リアルな人の名前を出しているのではないか

そうすると この古めかしい名前から・・・晒されてる女性は 私くらいの年代




私は 一度きりや付き合う気もない人に 本名を晒していない自信がある

晒したとして それは【カレシ】と呼びたいほど 信じた相手だけ

それでも 漢字まで教えていない




この書き込みが 私を指していると仮定しての検証を始めた

私が 出会い系で 男漁りをしているんじゃないかという

探り的な 書き込みのようだ

本名を書き込んでも無駄 私は ハンネでしか活動していない

誰も 私を知らないから それに答えてる人もいない

これは もしかして 女性?

私に 彼氏がいるのでは?と 問いかけた女性辺りかしら?

どこかで 私の車を見かけたか

男性と一緒のところを見かけたか

それとも 女の勘で 男がいると踏んで 投稿したか




どれにしろ 実名で晒されては 火のないところに煙が・・・

この裏サイトを見た知り合いがいれば 疑われること必須

私は 裏サイトの存在どころか 出会い系すら知らない振りを通さなければ・・・




そんなこんなで 最近 出会いに後込(しりご)み

恐ろしい時代になったというか

悪いことが出来ない世の中になったというか

良いことなのか 悪いことなのか

不倫は良くないけど

簡単に ネットに実名が晒されることの恐怖って・・・




Facebookも lineも Twitterも ブログも 出会い系も

知らないうちに 知らない方向へ 繋がりを見せる

知らない人との繋がりを楽しんでる子供たちの 犯罪巻き込まれを

言えた義理じゃない大人の私




最後に 一番考えさせられた 不倫ドラマ番組HPに寄せられたメッセージです





~40代既婚女性

皆様のコメントに、この様な関係を肯定する方が多い事に驚いて、メッセージを送ります。

数年前、こどもが主人の携帯に、浮気相手からのメールみつけ、主人の不貞が発覚。

以来、夫婦関係は冷え切り、こども達は父親不信へと陥り、私自身はうつ病と更年期を併発、

同居している義母はショックで血圧が急上昇し入院、現在も闘病中です。

(生前の義父には愛人がおり義母は長年苦しんでいました)

家族関係は崩壊し、家庭内別居を余儀なくされて現在に至ります。

こども達が成人した後に、夫婦関係は精算するつもりです。

娘は、ストレスからか学校でいじめの加害者となり、担任から何度も呼び出しを受けています。

息子は、部活をやめ、上位だった成績も下がり出歩く事が増え、警察に数度補導され、

父親とは会話も交わしません。

主人だけに責任を押し付けるつもりはありません、私にも至らない点があったと思っています。

招く結果は、とても大きい。こども達から父親を奪い人間不信へと落とし入れます。

残るものは何もありません。主人の事は一生許す事はないと思います。

この様な家庭環境で育つこども達の将来が不安でなりません。

どうか、その関係に足を踏み入れるまえに、もう一度よく考えて下さい。

不倫はけして許される事ではありません。ドラマの中だけにして下さい。




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


出会いのために ケアされた体が ずっと疼いてるのに

生理手前ということで 我慢させられている

自慰で生理を呼び起こされる私は

出会えそうで出会えない この期間に 弄ろうとする指を制止している

もう 予定日なのだから 諦めて スッキリしようか・・・




オナニーの後は 肌が綺麗になる

イライラも ムラムラもなくなり

スッキリして 良い事尽くめだ

むしろ そのタイミングを逃すと 生理で オナニーすら出来なくて

悶々とする日が 長引く




それでも 我慢するのは

まだ 出会いを諦めていないからか・・・

いくつになっても 往生際の悪い




毛の処理をして 6日目

チクチクと 私を戒める

中途半端が 一番処理しにくい

あと1週間くらいしないと 次の処理には掛かれない




綺麗に処理されてる私を見せたら

襲い掛かるであろう旦那

旦那の前では 裸どころか 着替えも見せない

それが 益々 旦那を新鮮な気持ちにさせ

いつまでも興奮させるのだと つい最近ネットで知った




裸で 部屋をウロウロしたり

旦那の前で 風呂上りに素っ裸でテレビを見るという友達の話に

とても真似が出来ないと思った

だから私は セックスもオープンじゃないのだろう

言いたいことも言えず

旦那が他人に思えるのかもしれない




密かに 料理や飲み物に薬を盛って

旦那を奮い立たせる方法はあっても

男性の体を鎮める方法は 聞いたことがない

あったら こっそり試したい




いや 私が試したほうが良いのか・・・

男漁りなど やめる気になるかもしれないww




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


男性に求められる時間も嬉しいけど ひとりになれる時間は

この上なく嬉しく 1ヶ月に1度は 必須

そうじゃないと 男性といてもイライラしてしまう

盆、夏休み、帰省は そんな私を無気力にさせる

ブログに向かえないのも 要因かもしれない

男性に会いに行く ワクワク感もいいが

ゆったりした この時間もいい




ブログに書くようなことは 何も起こらない

3人とメールするも 都合が合わないという理由で

誰とも会わない・・・会えない

ここまで 引き延ばすと 私の中では 終わる

待つ期間が 愛を育てるのではなく 在らぬ期待が生まれ

ハードルを上げてしまう

会うとガッカリするのは 目に見えてる

期待や予想など考える暇もないうちに 会いたかった




平日の日中を希望するから 無理なのは わかってる

夜でもいいと言っても合わないのが 出会いのタイミング

日中仕事をしていれば疲れて 遠くまで車を走らせるのが

億劫になって 当たり前

平日に仕事をしていない人は 少ない

ろくに働いていない人など 気持ち悪くて嫌だが

やはり 後ろめたいことをしていると

見つかりにくい平日が 動きやすい




夜は 色々なものを隠してくれるから 好きだけど

今の私は まだ融通が利かない

最近大人しくし過ぎていたせいで 外出しにくい環境を作ってしまった

でも 男より 子供が大事

その次に 世間体

その次に 親




何があっても バレてはいけない

それが せめてもの 最低限の私の良心




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ



「アイさんは 具体的にどんなことがしてみたいですか?」




旦那とのエッチがマンネリ化してるから 刺激的なエッチを求めてる

そう思われてるのかしら?

ネットか何かの読みすぎ

普通でいいのに・・・




「男性が責められるエッチなAVを見てたら なんかアイさんに責められたくなって」




Mっ気があるのかしら?

多かれ少なかれ 男性には SもMも どちらも持ち合わせているのだと思う

いつもいつも男性からばかり責めていたら マンネリにもなるし

レパートリーも無くなり 女性も飽きる

女性から 焦らす行為で攻めるのは好き




「手コキをさせられて 男の人がおっぱいを舐めていたり 顔面騎乗されていました」




( ̄▽ ̄;)

攻められるって 主導権を握るとか 命令するタイプか・・・

ちょっと 気が向かないタイプね




「会いたくなっちゃいますね」




エッチな話をしただけで ムラムラ?

私は エッチな話を敬語でする君に 冷めてきてる




今回も タイミングが合わない

夜遅くまでの仕事だったらしく 準備万端整えた私の身体は ポッカリ空く

深夜に外出するわけにいかない

これを逃したら 生理が来る

優しそうな敬語に 強く求められたい私の身体が 少し拒否反応




まだ あと2日

他を探そうか・・・

タイミングは その時の気持ちをも 置き去りにする





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
[ジャンルランキング]
恋愛
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
66位
アクセスランキングを見る>>
QR