FC2ブログ
≪ 2014 04   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2014 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【野球青年】とは 何度目だろ

5回目? 6回目?

どの部屋も満室

「ここでいい?」

「高いよ」

「いいんだよ 俺が払うから」

そこは 【テル】以来の 男気ある部分




さすが 普段より3千円も高いと テンションが上がるような

素敵な部屋

早く AVをつけて ベッドに行きたい

「イチャイチャしよ」

何を?

ソファに座り キスしてくる彼

「嫌?」

「・・・ううん」

手が もぞもぞと動き 胸を触ろうとする

「ん!!」

「嫌?」

「やじゃないけど・・・」

手が ジーンズの中を求め始める

「え!!」

「嫌?」

そのセリフ 聞き飽きた

「俺は Sなんだよ」

どこがよ

「Mでしょ?」

「本気出したら 力では負けないよ」

当たり前でしょ

というか その力じゃない

女を支配するだけの オーラが欲しい

「嫌?」

君の 嫌?が イヤ!!




呆れて 彼の顔をジッと見つめる

「そんな 見ないで」

顔を両手で隠す彼に イラッとする

「怒ってる?」

「これが普通の顔だよ」

「怖いよ 黙ると」

「いつもいつも へらへら笑っていればいいのね」

「違うよ~」




お願いよ

私を その気にさせて




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「今まで 何人くらいの人に会ったの?」

「・・・・・」

「どうやって オナニーするの?」

「・・・・・」

「俺以外の男とも 会ってるの?」

「・・・・・」

「怒ってる?」

「ううん」




でも いずれ他の男と会いたいと思ってる

【野球青年】とじゃ イライラし始めてる自分がいる




「他の人とは 会わないよ」

今はね

「俺だけ?」

「うん」

【ネギ】からの誘いを断ってるから・・・




誰も彼も 甘えてくる男性ばかり

私の腰に抱きつき おねだりするだけで

私を支配し 包み込めるだけの強さを持った人はいない

だからといって 年配者や既婚者の 我がもの顔の偉そうな態度も嫌

器の大きさに見えない覇気の無い行動も

健康や夫婦の愚痴や セックスレスの不満

仕舞いには老後の話をする 未来のない会話も・・・




せめて テンポのいい会話ができる 楽しくて面白い人は いないかしら

それで 車の運転も 女性の運転も上手い男性が・・・

理想高すぎ・・・?




「今度 どっか行こうよ」

「・・・・・そうね」

会話の弾まない【野球青年】と出掛けて

楽しいはずが無い




【テル】との 湖デートが思い出される




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


自分から 出会いに積極的に行動しなくても

来る者は拒まず 去るものは追わない

もう誰からもアプローチされなくなって久しい・・・

たまに来るメールは どこまで本気なのか

途切れの途切れの返信で 続いているのか 止めたのか わからない

それでも 釣れる獲物は引き上げてみる

あとは 大人しく私に食べられるかどうか

なんてね

そんな上から目線でもない

ただ 冷めてきただけ

来るなら来なさい・・・そんな程度

理想の男に出会えない諦めが 私を萎えさせる




「そろそろ 直メできますか?」

やり取りしてる期間は 無駄に長いけど

君から来たメールは ほんの数回

メールに返信しても 君からの返信は 1週間後

どういうこと?

いいけどね




直メといっても 本アドは誰にも教えない

サブアドになるフリーメールを用意する

でも 次々とフリーメールのサイトが 運営を止めている

ガラケーだから?

有料になるの?

フリーメールを探すのも一苦労

そして拒否られる URL付のメール




「直メ できますか?」

「いいよ」

身長と 写メだけ見て返信する私

もちろん 絶対条件の20代




そもそも 20代の男性に 私の理想を求めること事態

間違いであり 無理がある




私を見下し 私をMにしてくれる男性なんて・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


もう1戦 できなくもない時間が

どうでもいい話で どんどん無くなり

あっという間に 帰宅時間




「帰したくない」

「・・・・・」

帰りたい

さっさと1戦交えないなら とっとと帰りたい

まだ ムラムラしてるけど 【野球青年】は イチャイチャしたいだけで

私を襲う気配も無い

「時間だから 帰るね」

「え~」

本当にヤバい

時間を守れない人は 厄介




「また 会ってくれる?」

「うん」

もう少し サラッと別れてくれたら 良い余韻も残るのに

時間に焦って イライラしてるイメージばかりが残る




彼が相手なら ドライなセフレの関係がいい

口の周りが 唾の匂いでベタベタするようなキスは

相変わらず 嫌だけど

言いなりなところが 楽でもあり

手応えの無い 物足りなさでもあるけど

私の立場なら これくらいが丁度いいのかも知れない

これ以上 選り好みしていても 年をとるだけ・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


経験不足か 知識不足か

女性をイカせずに 男性である自分だけが昇天することを

特に恥じるでもなく 私に問うでもない




私も 昔のマグロな女ではない

経験と年齢から熟した身体は 触れればすぐに反応し

気持ちよくなりたい欲求が始まる

【野球青年】の物足りない愛撫に嫌気がさし

私から攻め始める




首筋 肩 胸と いつもの舐め攻撃

下半身に進むも 咥えて欲しい部分は咥えずに

周りを攻めて 焦らす

悶え 焦る彼を咎め 両腕を掴み 押さえ込んで攻める

「ちょっ・・・すごい力 アイさん ドS・・・」

「・・・・・」

「俺も 攻めたい」

「だめ・・・」

「ちょ・・・」

「・・・・・」

起き上がり 私を封じ込めようとし

「アイさん 本当はMでしょ?」

「ううん」

本当は Mよ

「うぁ・・・やめて 気持ちよすぎる」

やり返されたいのに・・・

私も こんなふうに攻められたいのに・・・

君は 全く攻めが甘い

「乳首 好きなの?」

「・・・・・」

男の乳首なんか さほど興味ないわよ

自分の乳首を攻められたいの

攻めるのではなく 攻められるのが好きなの!!

こんなふうに やってみろ!!

とCMばりに怒鳴りたい心境

私にも 同じことをしてよ・・・




「入れていい?」

濡れも確認しないで いきなり・・・

「うん・・・」

引っかかるほど大きくないから いいけど

乾いた状態は 擦れて痛いのに そんなこともわからない?




自分で気持ちを持っていき 身体をコントロールする

濡れてきた・・・気持ちいい

このまま ずっと揺れていて・・・

なんか イキそう

「イってもいい?」

「だめ・・・」

「イキそうだ」

「だ・・・め・・・」





勝手に果てる彼

不満だらけの私の身体

彼の指が 私の股間を弄り

身体を火照らせている私は 声も押し殺さずに喘ぐ

自分のものでは長続きしない彼が 私の反応を見ながら

長く 指で愛撫する




恥ずかし気もなく 声高に彼にしがみつき 果てる私

全身に 気怠さが襲いかかる

眠気に負けそうになりながらも 帰宅時間を気にする




やはり 相手が居る幸せは 逃したくないかも・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「俺のこと 大好き?」

無理に敬語を封印させてるせいで いつもぎこちない会話の【野球青年】

「・・・・・」

大好きと 問われれば 違うとしか答えられない

「嫌い?」

「ブッ 」笑

嫌いな人と セックスできるか!!怒

バカ正直な私は 彼を好きと 言えない




「一緒に新しく 同じスマホにしよ」

ゲッ!!

「別々にして お互いの使い易い所とか 使いづらい所を 情報交換しよ」

「えぇ~ 同じにしよ」




気持ち悪い




「生でしていい?」

「だめ」

「どうして?」

「妊娠するから」

「俺の子供?」

「・・・・・」

「俺の子供 産んで欲しいな」




怖いよ・・・




「顔に掛けていい?」

「やだ」

「えぇ~ 俺のものだって マーキングしたい」

「・・・・・」




AVみたいのが 女は一番嫌いなのよ

バカじゃないの




「ねぇ~どうしたの?」

「ん?」

「怒ってる?」

「ううん」

「嫌いにならないで」




重い・・・

面倒くさい男になりたいの?




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ



男性に求められると それだけで安心するのか

無下にも メールだけで断りを入れる私

ほぼ 【野球青年】だけで間に合ってる身体に

突然 【ネギ】からの誘いメールが来ても 面倒くささが先行し

全く 気が乗らない

わざわざ遠くから会いに来るのに 事が終わったら さっさと帰りたいという

まるで男のような私の気質に 彼に会うのは申し訳ないと思う気持ちと

会っていても 楽しくない気持ちが 決定的な拒否に繋がる




結局 選んだのは 【野球青年】

身体の大きさと あれの大きさも 比べてしまう

決して大きいとは言えなくとも 物足りないほど小さいわけでもない

それよりも 身体の大きさは 私には重要だから・・・

要は しがみつきたいのだ

【ネギ】は 私と身長がさほど変わらない

若い割に お腹が緩み始めてるのも ゲンナリする要因

【野球青年】は 身長180cmと 包まれてる間隔が良い

仮性包茎は 日本人として普通なのかもしれないし

細かく言えば 長さや形は 人それぞれだから

男性のことばかりも とやかく言えないが

セックススタイルが 改善の余地ありと思える

【ネギ】は 私をイカせられる反面 生で強行突破しそうなところが

危険を含んでいて 不安になる




忙しさのあまり 会うどころか ブログを更新する暇さえ無いのに

つなぎ止めておきたいがために 2週間以上は空けられないと考える

本当は 今は息子の追っかけをしてる方が 楽しい

性欲より 母性が勝っている

このまま 性欲を忘れてしまえたら どんなに楽だろう




それでも 男性の視線を意識し

姿勢や身なり 言葉遣い しぐさから 色気まで

気を遣ってる自分は 嫌いじゃない

そして 女性として 男性に抱かれている自分も・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


女としての体が おかしい・・・

突然溢れる出血

生理?





待って

まだ前回の生理から 20日しか経ってない

まさか・・・

でも 量がいつもの私の量

かなり普通に 多め

どうして?





この間も・・・

ダラダラと 2週間も続き

終わったかと思ったら 5日後くらいに 出血

そして 今回の生理





疲労で 遅れることはあっても

頻繁に来ることは・・・

でも最近 定期的に訪れる生理が年々間隔が狭まり

28日周期が 25日周期にまでなってる

体に 何が起こってるのかしら

不正出血でもない 普通の生理の匂いと色





母は 私の今の年齢の時には 筋腫で手術し 子宮が無かった

人工的に女を奪われた母は 突然の更年期障害に苦しんでいた

若干 41歳で・・・

今の私は 45歳

毎年受けている 子宮頸がん検診や カンジダの検診

特に異常は見受けられなくても 老いていく女の体は

何かを訴えているようで





罰かな

不純なことしてると

不順になるのかも・・・




婦人科を訪れる日も 近いな




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


私が密かに絶頂を迎え 満足しているのも知らずに

続いて彼も果て しばしの 腕枕での抱擁の時間



好きな男性と違い 胸に頭を置いて甘えたい心境にならない



年下でも 体が大きかったり 態度が大きかったり

甘えたくなるような 懐の広い 深い 大きい人がいい





「寒いの?」

「うん」

「熱いよ」

「・・・・・」

そうよね

一所懸命動いて イったあとのあなたは 熱いよね

私は イったあとの余韻に浸る暇が無かったから

もう体が冷え始めてる

だから 布団を掛けたいのに・・・

あなたが嫌がって 剥いでしまって 寒い





イチャイチャしたいと 私を抱きしめるあなたは

私の肌に触れてるにも関わらず

私の冷たくなった体に気づかない

これって 致命的な思いやりの無さなんだけどなぁ・・・






【野球青年】の彼でイけるなら

このまま 彼と付き合って行こうか・・・

体だけの・・・セフレ

もっとも 彼はそうは思っていないようだけど





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


独特の体臭も 人工的な香りも 男臭さもなく 無臭に感じる

人には 好きな異性の匂いというのがあるらしいから

匂いを感じないのは シャワーを浴びたせいだけではなく

きっと 相性のいい好きな匂いなのだろう





彼は クンニを嫌がる私への 少ない愛撫を終え

私に 彼への愛撫を誘う

官能小説の真似事に 焦らしの愛撫を 彼に施す





首筋から徐々に下に向かって這わせる舌は いつもと同じ

でも今度は 下半身に近づいても 太ももや股を苛めるだけで

そこへ到達させない私の舌先

ビクンと 何度も反応する彼は 気持ちいいのか 悪いのか

焦らし待たせた後に 温かい私の口の中へ 静かに 彼のモノを受け入れる

扱くように 吸うように 吐き出しては舌先で攻め 最後までイかせる勢い

彼が 堪り兼ねるのを待ちながら 我慢比べ





濡れに自信がない私は たっぷりの睡液で彼のモノを包み込む

でも 時間をかけて装着したゴムによって 私は乾き

彼のモノも ゴムに付着している潤滑油が乾いてしまう





無理矢理 押し入ってくる無茶は いい加減気付いて欲しい不快感

今一度 濡れを指で確認してから 行為に及んで欲しいと

私が 教えればいいのよね・・・

先だけで 小刻みに揺れているのは 少しばかりの気遣いなのかもしれない




深く彼を受け入れる頃には 今度こそ 絶頂に達したいと 欲深くなる

大きく開いた股間に 彼を受け入れるのが 気持ちいい

私の脚を閉じさせ 屈伸させられて突かれるのは 不感





波が 押し寄せ始める

そのまま 一気に押し寄せるでもなく

何度も 波打ち際で 波は引き

ますます イキたい衝動に駆られる





彼に告げず

密かに 私は 絶頂を迎えた




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
[ジャンルランキング]
恋愛
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
69位
アクセスランキングを見る>>
QR