≪ 2014 03   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2014 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ほどよく 性欲が沸き

短い時間ながらも 【野球青年】に抱かれたいと思える





あれほど 長く付き合えて 好きになれる人を求めていたのに

ずっと御無沙汰で飢えてくると 目の前のタイプじゃない男でも

欲しくなるのか 会えるのが嬉しかったりする




目的がハッキリしていること 余計な駆け引きも要らず

話が早く 行動も早い

時間に無駄がないことは 道から外れた行為に拍車をかける

連絡も早々に すぐに彼の車を見つけ 歩み寄り

助手席側から顔を覗かせ 乗り込む

何も言わなくても ホテルに向かって走り出す車





でも 部屋に入ってからの行動は 相変わらずモタモタする

コーヒーを入れるのは私

お風呂にお湯を張るのは彼

彼の顔を見れず テレビにばかり視線を向け

会話が弾まない空気を 時折渇いた笑い声で 誤魔化す私

そう思ってるのは たぶん私だけで

彼は 私に触れる機会を伺っている様子





一緒にいて ドキドキして

私の方から早く触れたいと思える男性ではないことが ハッキリと確信できる

こんな無駄な時間は要らない

さっさとベッドに入りたい

彼の要求する 一緒にお風呂は・・・絶対イヤ

彼とは イチャイチャしたいと思えない

甘えたくないもどかしさは 旦那に対する気持ちと同じ・・・





彼は AVを見ることもなく 私がつけたアジア系の映画を見ている

見たことのある映画をつけたのは 話を合わせられるのと

聞き流してセックスにも集中できる

AVをつけたら 私的には女性の喘ぎ声で盛り上がっても

映像が見たくなってセックスに集中できないww





覆い被さる彼の体に触れる

柔らかく 張りがあり スポーツマンだっただけに骨格もしっかりしている

若い男性の体を知ってしまうと もう同年代の男性の体では 満足できない

旦那の体を汚いと思ったことはないが

やつれ切ったガリガリの体は 男性が緩んだ女性の体を思うのと同じように

私に気が進まない性欲減退をもたらす





相変わらず 行為の最中も外さない彼のメガネが

時々 私の体にぶつかり 不快感を与える

目を閉じ 彼にうなじや鎖骨 胸を晒し 愛撫を受けているうちに

薄目に飛び込んできた天井鏡





ここにも天井鏡?

このホテルは 全部屋 天井鏡があるらしい・・・

それならば 鏡に映る 生のアダルト映像を楽しもうか





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


セックスするなら 会ってもいいかな・・・

そんな風に思えるなんて まるで男性か ヤリマンみたい

以前なら ヤルときだけ連絡してくることを男性に責めたり

ホテル以外のデートもしたいと思っていたのに

セックス目的以外で会うのが 面倒くさいとは

私も 処理目的の男性と何ら変わり無い





それは

一緒にいても楽しいと思えない相手だからか

それでも

身体のサイズは理想的だから あとは徐々に身体の相性を高めていければいい

そんな諦めにも似た割り切った関係にしようとしてるのか





ときめきは・・・?

ロマンは・・・?

女子力向上は・・・?

恋愛モードは・・・?

生涯現役は・・・?ww

結局 年には勝てないのか

性欲は 落ちてきている




生理も落ち着き

忙しい中にも 久しぶりに喪服姿で会った彼からの連絡に応じる

【野球青年】とでも名前をつけようか

野球大好きらしいから





話をしていくうちに 彼は実は180cmの身長だったことを知る

滅多に 並んで立つことがないと 気づかないものだ

180cmは あまり好きな身長ではないはずの私が 気にならない訳は

それに伴う 幅があるから

ヒョロヒョロとモヤシのような体型が嫌いな私には

スポーツマンのガタイのいい身体は もっとも理想的

抱きしめられ 包まれ 顔を見上げた態勢でするキスは大好き

もう彼は むしろ無口なままのほうが 素敵かもしれない

そんな風に思う私は なんて酷い女





ときめかない分 濡れが心配だけど

オナ禁して臨んでみるか・・・





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


春と共に沸き起こる性欲に

露骨にアクティブになる男性の行動

今までの放置は何だったんだろう

女のこちらは 季節なんて関係ないのに・・・

むしろ 寒いときほど暖かく包まれたいのに





【ネギ】からの 誘い

珍しく 3週間と空けていない

「いつか会えない?」

「今週は飲み会があるから無理~」

「そか 残念 我慢しとくか」

「そうだそうだ 溜めとけww」

「よし溜めて中に・・・覚悟しろ~」





誰が中に・・・やらせるか

婦人科を受けるのはもう 懲り懲り

子宮頸がん検診のついでに カンジダの定期健診だけでも憂鬱なのに

もう色々な心配事は要らない

楽しんでも 綺麗な体でいたい

ゴムを装着してくれる男性に会うと 安心する

それに慣れると ゴムをしないなんて気持ち悪い

避妊だけでなく 病気が怖い

男性が陰性でも 陽性の女性と関わってる男性と会うと

疑心感で楽しめない





昔の私は どうかしていた

我慢汁ごときでは 妊娠しないと思っていた

旦那には言っておきながら 自分では実行していなかった

射精する直前だけ防止すればいいと・・・

膣外射精でも大丈夫だと

2年前に 子宮頸がん検診に引っかからなかったら

きっと ずっと 生を楽しんでいたんだろうと思うと

怖い





確かに 生は肌の触れ合いで気持ちいい

膣の中は鈍感で感覚は無いという記事を読んだけど

男性の表面の柔らかさくらいは わかる

ゴムの硬さ 滑りの悪さ 膣内に当たる異物感

それが生だと

女性の愛液だけでなく 男性自身からの分泌物も相まって

潤いは増し 滑りの良さに 益々濡れていく快感





でも その気持ち良さと引き替えにするには 高すぎる代償

治療費だけではなく 失うプライドや信用

犠牲を伴う快感

出会い系は 自分で自分の身を守らなければ

危険すぎる遊び





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


生理明け

人肌恋しい上半身

疼く下半身




昔の逢瀬を反芻し

まだ逃してはいないことに

再びの温もりを期待し

メールを打つ




まどろっこしい前置きはいい

彼が どこに居ようが

元気かも





気持ちだけをストレートに伝える





「会いたいよ」





【元カレ】からの返信は無かった





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ

車での待ち合わせではなく 駅に立って彼を待っていると

自分の立場に酔いしれる





デート気分・・・

これから 彼と付き合っていけるのか

それとも とりあえずの今日のデートなのか






彼の車を見つけ 走り寄り乗り込む

メールでは 天気次第で夜のドライブか ホテルでまったりか

そんな話をしていたから 生理中とは言え いそいそと出掛けてきた

「どこ行きますか?」

まだ敬語?

「どこでも」

「合わせますよ」

リードしてよ

「ご飯食べた?」

「まだです」

「私も お腹空いた」

「時間 大丈夫ですか?」

「うん」





ある程度 意思表示をしたつもりでも 彼には伝わらない

遠くに行くでもなく コンビニの駐車場に車を停め

話し始める

「ホテル行きますか?」

この 微妙な天気は・・・行くんじゃなかったの?

生理中の私から ホテルに行きたいとは言えないんだけど?

まさか 口で処理させられるのかしら?

「お金が 勿体無いよ」

行きたいけどww





コンビニで パンを買ってくる彼

コンビニのご飯なら ホテルで食べたいかな

どこかに食べに行くなら 食欲も沸くけど・・・

コンビニじゃ~ね コーヒーだけでいいや





なんだろ もっとハッキリ言わなきゃダメなのかな

もう少し 女心を汲んで欲しいのに 伝わらないんじゃなくて

知らない?

「前の彼女とは 出掛けなかったの?」

「はい エッチだけです」

・・・彼氏持ちの彼女の 処理相手か






「アイさんさえ良かったら お付き合いしていきたいです」

コンビニの駐車場で 敬語で言われても ピンと来ない

ホテルで・・・もっとこう・・・・こう何だろう?





【テル】は 両手で私の顔を包んで

「俺のこと 好き?」って 言ったっけ・・・





彼と話しながら 記憶が過去に飛行し始める





「わからない
 今でも 会話は私から話さないと 途切れて静まり返るでしょ?
 敬語だし・・・
 私が好みのタイプに育てていくか やめとくか
 正直 迷ってる」





「やっぱり 前の彼氏の方が良いですか? 忘れられないですか?」





古傷を・・・突かれた

当たり前のことを言われて イエスと答えたら 終わるのに

どうして そんなことを聞くかな





「前の人のほうが・・・じゃなくて
 前みたいな付き合いが出来る人を探すのが大変かな
 理想は 彼女が出来るくらい素敵な男性になってもらうこと
 リア充になると 男性って自信に満ち溢れて 自然とモテてくるのよ
 そこまでが私の仕事で 彼女ができたら卒業~みたいな」






「そんな悲しいこと言わないでください
 俺は 彼女なんか出来ないし
 ずっと アイさんと付き合っていきたいです」





いい加減 敬語やめないかな





「それじゃ~魅力無い男になっちゃうでしょ
 こんな関係は良くないんだから 長くは続けちゃいけないよ
 つかさ 敬語が萎えるんだよね
 年下でも リードされたいから私」





「すみません」





突っ込みたい衝動を抑え 諦めた





彼の話に合わせ 彼から話すように話題を振る

共通点や 懐かしい話

人生の先輩としての助言 未来の話

生活感を出さない私が 子供の話






帰りたい

コンビニの駐車場で3時間も・・・勿体無い

こんなことなら 家族との時間を過ごしたかった

話せば話すほど 魅力が無くなる男性って・・・いるのね






帰宅してからのメール

いきなり タメ口でテンションの高い文字に

「気持ち悪い」

「ひどい・・・」

だって・・・最初から こんなメールだったら食いついたのに

冷めてから 今さら





女性との付き合い方から 育成しなきゃダメ?

エッチの仕方からじゃ・・・なかったのか





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「今週会えますか?」





元カレには 毎週誘われてた・・・

そんなことを 彼に話したから 彼は同じことを実行する





「そんなに頻繁に会ってたら飽きちゃうよ(笑)
 それにラブホ貧乏にもなるでしょ?」

「了解です いろいろと迷惑かけてすいませんでした
 もしまた会いたくなったら いつでも連絡くださいね
 そっちに合わせられるようにしますので」





え? あれ?

まさかの冗談が通じない感じ?

私から会いたくなることは・・・たぶん無いかな





「そんなに丁寧に返信しなくても(笑)
 一応言ってみただけで ほんの冗談というか 咎めてるんじゃないよ
 結構 真面目なタイプ?
 私の方は夜でもいつでもメールは大丈夫だから
 何も ヤリたいときだけの連絡的やりとりだけじゃなくても いいよ
 私は自分からメールしないから 連絡がないと自然消滅しちゃうし(笑)」






それほど 気もないのに 勿体ぶらせてる私は・・・馬鹿





「良かった 嫌われたかと思いました
 やるだけじゃなくて これから仲良くなりたいなぁって思ってて
 すごい嬉しいです
 自分も自分からはメールしないタイプなので
 メール貰えたら凄い嬉しいです
 改めてこれから宜しくお願いします」






わからない・・・

これ以上 気持ちは進展しない気がする

セフレ・・・?

気持ちのない人とは セフレになりたくない

やっぱり

【好きな気持ち】が 少なからず欲しい






「生理中だから」

「エッチしなくてもいいから 会いたいな」





エッチをしないと 会う意味は 無いかな・・・

会ってるだけで ときめく間柄でもないし

そんなに ひとりで盛り上がらないで





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


萎えたそれを見ると 先を残し皮を被っている

【調教師】と同じ 仮性包茎か・・・

病気になる可能性が 高いな

清潔にする必要性を 話しておかなければ





さっきまでの 体全身へのキス攻めだけで

両手を口に持っていくほど 興奮してる彼

「アイさんて いやらしい・・・」

え・・・これくらいで?

なんだか つまらない反応

もっとこう どっしり構えて欲しいのに

どんどん 子供っぽくなっていく彼に 幻滅さを抑えきれない

年下でも クールにできないかな

会話も もっとスマートにできないかな

なんなら とことんSで 苛めてくれたら・・・

そんな妄想を 彼の隣で枕を並べながら考えてる





「もう1回いいですか?」

「え・・・?」

「いやですか?」

「・・・・・」

「だめですか?」

敬語を どうにかして・・・

「ゴムをつけるなら いいよ」

「もちろん」





皮を被ってるモノを見たら 今後は生では無理

行為の前後で 必ずシャワーを浴びてもらわないと・・・





痴漢相手に感じてしまい いつしか毎日待ちわびてる女子高生

その相手は 実は父親だったというAVを見ながら

彼に興奮せずに AVに興奮し 彼を受け入れてる私





そして 天井に映し出された私の中の彼に興奮しながら




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


喪服姿で会った男性に 名前をつけるか迷う

今後 彼とのことが記事になるのか わからない

そんな風に思うほどタイプじゃないのなら 付き合わなければいい

そう思っても どこかで言い訳

今は 最初だから緊張してるだけで

もう少し どうにかなるんじゃないかという期待

私が 自分好みに育てればいいんじゃない? と自問自答





一日空けたとは言え

こうも続けて男性と会うのは どうなんだろう

何かを期待するから会ってるはずなのに・・・

何も ときめく要素が無い

若さからくる 張りと清潔さ

顔の肌が綺麗だからって 体まで清潔か わからないのに





相変わらず 会話が弾まない

私から話さなければ 静まり返るホテルの部屋

普通のテレビ番組を見ていると 家にいるのと変わりなく

気持ちが 下半身に行かない

「先にシャワー浴びるね」

「一緒に・・・」

「いや」

昼日中 バスルームには窓があり

何の細工もされていない明るい日差しが入り込んでいる

中年の裸を躊躇なく曝け出せるほど 自信はない

先にシャワーを浴びて AVを見ながら ベッドで待っていよう

そのうち 体が反応してくるでしょ





タオルを巻きバスルームから出て 彼をバスルームに見送る

リモコンを持ち 画面にAV番組を探す

ここで 心躍らせる私は 自慰の時の準備にも似てる

アブノーマルが好きなことは 男性に知られたくない

無難に 痴漢モノをつけ 体を横たえる





「エッチですね」

シャワーを浴びてきた彼は ベッドに潜り込み 当たり前のことを言う

出会い系を利用してるのに 今さら エッチじゃないわけない

しかも いい大人

「よく見るんですか?」

「ううん 家では見なくなったかな」

「オナニーとか します?」

「するよ」

「するんですか!?」

「普通 するよ 誰でも」

「そうなんですか?」





何かが違う

経験がある男とは思えない反応

以前付き合っていた 彼氏持ちの彼女とは どうしていたんだろう

「どんな風に するんですか?」

いつまでも 自慰のことを聞いてくる彼に うんざり

ここで会話を弾ませなくても・・・

男性からしたら 興味の沸く話題で 興奮するかもしれないけど

こっちは 話したくない

だからって してないなんてカマトトぶって逃げる気もない





無口になった私に アクションを起こす彼

乳首 今日も噛まれたらどうしよ・・・

彼の手が 慣れているようで慣れていないのが わかる

今まで 言われるがままにしていたのか

AVの真似事は しないところをみると それほどAVは見ていないのか

でも 【癒し声】のように 何度も痛みの確認をしてこないところは

女性の扱いに慣れていない証拠

擦れる感覚 滑りの悪い感触 私の表情

繊細なことは何も 感じていないよう

彼の指が荒々しく掻き回し始めるのを感じ 腰を引く





濡れが増したところで

「入れていい?」

「うん」

ゴムを付け始める彼は 徐々に起きあがり 背中を丸くし 必死になっていく

長い・・・

待てども 装着し終える様子はない

そのうち 萎えてきたのか 自分でしごいている

私は・・・とっくに渇いている





装着し終えた彼が 徐ろに私に乗ってくる

まさか 渇いていることも確認しないで 力任せに入れるつもり?

どうやら そのようだ

痛いに決まってる

繊細な人なら スムーズに入らないことで 気遣いがあるのに

教えたところで 指を入れられたら同じこと

流される私





彼の肩越しに 天井鏡が見えた

視覚効果が 私に気持ち良さを与え始め

目に飛び込んでくる映像と 体に感じる動きが連動していることに

快感を覚える

開かれた私の脚

その股関にうごめく 彼のお尻

男性の下半身て こんなふうに動いてるのね・・・

気持ちいい

私の脚が綺麗に映し出されてる

いやらしい・・・

鏡を見ながらの行為は 興奮する

それも 自分を見ながら・・・

ずっとこのままでいたい





彼は 気持ちよさに締め上げる私に耐えかね すぐに果てる

機嫌が悪くなる私

彼は 女性より先にイクことの恥ずかしさを知らないようだ





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


近場の待ち合わせ場所に 不安を感じながらも

いそいそと 夜に車で出向く

私の車を知ってる人が見たら 不審に思うような場所

尾行や 見張りをされたら 一発でアウトだろうなと

いつも そんなことを考えながら 男性との逢瀬に興じる馬鹿な私

楽しめないのなら とっとと辞めるべきなのに・・・





「久しぶり~」

まともに目も見ずに 挨拶

顔はタイプなのに 気持ちがないことへの 後ろめたさか・・・

彼は いつものホテルに車を走らせるも

久しぶり過ぎて 不安気に運転している

私は わかっていても道を教えない カマトト





彼が連絡を途絶えていたのは 仕事の忙しさだと話し始める

季節の道路事情もあるだろう

雪国では 車を出すことも危険であり 億劫になりがち

彼女ができたわけじゃないのかな

他に出会いを求めてるわけじゃないのかな

私に飽きたわけじゃないのかな

そんなことを考えながらも どうでもいいけど・・・と思う私





ホテルは 久しぶりもあって ちょっと高めをチョイス

部屋の中身は それほど変わらないのが お得感に欠ける

ここの お風呂は 溜め湯に時間が掛かりすぎて嫌い

部屋で 通常のテレビ番組を見るのも 気持ちが沸かなくて萎える

さっさと お風呂に入りたいのに・・・





彼が ソファでキスをする

ときめかなくなった キス

というか 下半身にセーブをかけてることに 自分で気づく

何故だろう・・・

本能のままに 下半身を疼かせたらいいのに

何に遠慮してるのか

変だ

お風呂に入り 準備万端になったら 解放されるかしら

嫌な予感・・・





彼の 乳首への愛撫は 優しく安心するものだった

このソフトさが 欲しかった

これなら 受け入れられるほど 濡れるかも知れない





彼がシャワーを浴びてる隙につけた アダルトDVDが気になる

玩具で何度もイかされ もうやめてと懇願している女優のあそこが

真っ赤になり 見ているこちらが痛みを感じる

嫌だ・・・

自分の気持ちから濡れたのではなく

直接的な接触から 無理やり濡れたものは すぐに乾くどころか

中は 濡れていないことがある

見ていられなくなり 目を背け 彼の動きに乗ろうと

下半身を持ち上げたり 締め付けたり 意識を一点に集中させる





「あ・・・ん・・・イク・・・」

え? もう?

待って まだ私は・・・

置いていかないで・・・私も・・・

浅いイキが 私に押し寄せる

彼が果て 動きが止まる

私は・・・快感も半分 体の疼きも半分残る

それでも イキはイキ





得意の彼の2ラウンドに 擦れの痛み

もう したくない・・・

早くイって





イっても こんな中途半端な気分では

自慰の方がマシだったか・・・





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


春の暖かさを感じて 冬ごもりしていた虫が 外に這い出てくる





男も そんな感じ?

連絡も途絶えてた男性たちの 春の暖かさと共に沸く

露骨な性欲





生理中を理由に断っていた【ネギ】味のキスをする男性

断っていたのではなく 彼は体目的だから

会えば それだけで また連絡がなくなる繰り返しに うんざりして

それに加え 何となく会いたくない面倒さ

だから 生理が終わっても連絡していない

それでも彼は 唯一 私をイかせられる男性

それなのに 魅力を感じない

優しいし 会話はあるし 車も大きく 顔もいい 理想的なのに

甘えたくならないところが 決定的不足部分

身長の低さからくる 頼りなさかな・・・






「良かったら 今週も会いませんか?」

先に連絡してきたのは 喪服姿で会った男性

毎週?

たぶん 元カノ、元カレの お互いの話で

毎週のように誘われ会っていたことを 男性に話したせいか・・・

「日曜なら・・・でも わからないけど 予定は未定だからw」

日にちや時間 天気にも左右されやすい出会い

天気の悪い日に わざわざ出掛ける不審さは 私を臆病にする





一日遅れて 【ネギ】からのメール

「連休は?」

「空いた」

素っ気ない返信 相変わらず 冷徹な私

気乗りしないのなら やめたらいいのに

どんな形でも つなぎ止めておきたいズルさが 沸き起こる

季節はずれの雪に 確実な予定が立てられない不安





てことは・・・

二人の男性と 同じ日?

ないない・・・

体に男性の匂いが残ったまま 他の男性に会いたくない





木曜

思い立ったら吉日

「土曜が休みなら 金曜の夜はどう?」

時間は限られるけど 日中の陽の下で シミやシワを気にしながら会うより

気にせずに 会いたい





彼とは イった記憶しかないほど イケる

心は冷めていても 下半身が躍る





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
[ジャンルランキング]
恋愛
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
59位
アクセスランキングを見る>>
QR