FC2ブログ
≪ 2013 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2013 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

求めたいのに

求められたいのに

一から始める面倒くささ

出掛けるのが億劫なら メールするのも億劫

出会うまでの駆け引きやら

慎重にならざるを得ない恐怖心も面倒くさい

何も知らなかった時が よっぽど良かった




気持ちのいい体の関係を知ってしまったら

無言で揺れるだけの昭和のセックスは もう受け入れられない

ネットでの動画が タブーだった性の世界を解放し

考えさせられる3大欲求の1つになった

食う 寝る と一緒にし ただ処理し消化するものではなくなった

食うだって 健康的に栄養のバランスを考え

食欲を湧かせるべく色味まで考える

寝るだって 疲れが残らず 安眠できる構造の寝具が開発されてる

それなら セックスだって

より深く 愛を高め 幸せを感じるものであって欲しい





でも 自己満足な行為しかできない今時の人も 少なからずいる

そんな人に出会ったら 残念でしかない

そんな 素敵な過去ばかりに拘ってると

出会いに消極的になり 女子力が低下・・・





心なしか 鏡に映る自分の姿が 老けたような・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


いい加減 お金と家族の愚痴の話は 聞き飽きた

私の中では すっかり面白くなくなった【面白そうな人】




「もう嫌だ 家を出たい」

出れば?

何を聞かされても 私に金銭的な援助を求めてるとしか思えなくなる

わかってる そういうつもりで言ってるわけじゃないこと

「一人暮らししたい」

たかだか親との確執如きで・・・

と言いたいが 世の中には 幸せな家庭生活を送ってきた私からは

想像もできないような家庭がある

他人事なら いくらでも道徳的なお手本が言える

心にも余裕があり 大したことじゃない風を言い切れる

でも こと自分のこととなると そうはいかない

彼ももう いっぱいいっぱいになってる

逃げ場が無いような錯覚

生まれながらにして決まってしまった環境

相手を変えられないなら 自分が変わるしかない

だからと言って そう簡単に自分が変われるもんじゃない

そんな環境で育ったから いつまでも甘えてる





34歳 いい年だ

頭が良く 人を責めたり心を読んだりしながら 立ち回ることができる

ただし 自分のことでなければだ

その尊敬すべき部分が 私の前で メッキとなって剥がれ始めてる

金銭トラブルが解決すると 今度は家庭の人間関係

もはや彼は いつも何かしら問題を抱えていないと

自分の存在意義を確認できずにいるようにしか見えない

女性で言う【悲劇のヒロイン】自分演出ってとこか





「家を出てみれば?」

そのための お金も無いと言うのだから

何が自立の独り暮らしだよ と説教したくなる

黙って聞いていれば 何かしら理由をつけて 行動しようとしない

焚きつけるつもりはないが

悶々としていないで 何かしら動き出せばいいのにと思える

「独り暮らしになれば こうやってデートだって 気兼ねなくゆっくりできる」

デート?

今の私とのこの状況は デートなの?

最初に突き放したのは 君だよね!

しかも 私の熱は金銭の話題で とっくに冷めてる

ここまでネガティブで 甘ったれで 口ばっかりの奴は

私のタイプじゃない




胃痛で 何も食べてないというから ランチに誘ったけど

もう君とは 私から連絡することは無いな

残り半分のお金を返してもらったら 関わりたくない

そもそも 犯罪に手を染めてたときに気付くべきだった

本当は気付いてた

この人と関わってたら 絶対ヤバイ事に巻き込まれるって

その犯罪も 今はやめたみたいだけど

今度 巻き込まれるとしたら 彼が自ら自分に手をかけるとき





力みすぎてる決意表明はいいから 気晴らしに 不動産屋に行けばいいのに

実際に動き始めれば 現実味を帯びて 我に返るんだから

それなのに 不動産屋と話すのすら戸惑うって どれだけ子供なの・・・

「軽い気持ちで 色々聞きに行ってみたら? 不動産」

「うん そうする」





嫌な予感がして あれほど軽い気持ちでって言ったのに

すっかり 家出する気満々で テンション上がってから

「アイ とりあえずの入居にかかる費用だけ貸して」





やはり彼のことは 私の見込み違いだった

「ダメ」




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「若い頃のアイが夢に出てきた」

「でも胸があったから 別人だったのかも」





サイトの私の日記を読んだのよね?

いきなり lineなんて・・・

上手く罠に掛かったってこと?

でも・・・え?

私の若い頃って 知らないよね

どう想像するの?

というか 誰の体とコラボさせたのかしら

相変わらず ムカつく





「夢に見ると 目覚めたときドキドキするでしょ?」

「逢いたくなった?」

メール文の最後に

(笑)を付けようか

絵文字で ニヤリと付けようか

顔文字で 汗を付けようか

しばらくの間 悩み

いつもの冷やかしさを封印し 半ば本気で言ってる風を伝えたくて

何も付けずに返信




「夢で見た恥ずかしそうな(笑)顔がアイだった」

「裸だったし(笑)」

「夢の中でまた逢いましょう」





逢う気が無いのね・・・

罠には掛かったけど 食べられる気は無いってとこかな

しかも (笑)を付けやがって

彼女と幸せなら いいわ

いくらでも 夢に出没してやる




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


セックスがしたいとか

オーガズムを味わいたいとか

そういうレベルまでいかない





コミュニケーションをとりたい

見つめられたい

求められたい

キスされたい

抱きしめられたい

そこまででいいような気も・・・www





これは オバサン化

この過程を 若い子に求めるということは 立派なオバサン

セックスまで持っていかないのは

体が熟しきらないのではなく

体に自信が無くなり 気持ちが少女へと退化して恋する気分に浸りたいから

そんな自己検分

それでも ベッドに行けば すっかりその気になるくせに

いつまでも綺麗事を言っていたい 未発達熟女





久しぶりに出会った男性は 年齢を偽ってるオジサンかと思えば

本当に老けて見える若い人

天パの髪の毛が微妙に伸びて頭に貼りつき

体の線も締まりが無い感じの微妙な体型

会話は・・・私が話し掛けなければ 沈黙の空気

セックスアピールは ゼロに等しい

「女性と付き合ったことありますか?」

「はい」

「出会いは?」

「前に グループで」





出会いに発展したが 誰か連れてきてと 女性に言われるパターン

二人きりでは会わないところが 女性の賢さ

カラオケやら食事やら いいように出資させられたのか・・・

彼女が出来なさそうな リアルで出会ってたら話しかけたくない雰囲気

キモいと一言で片付けるのは簡単

それでも真面目さは 伝わってくる

出会い系に 真面目も不真面目も無いが・・・

「もう少し話してみる?」

「はい」

「じゃ 今度ドライブでも」

「はい」

もしも これ以上 私が話しかけなければ 話が弾まないような人なら

やめよう

会話の無いセックスは しないほうがマシ





その日 【調教師】にだけわかる日記をサイトに載せる

「アイの夢を見たよ」

彼から久しぶりのline

罠は上々





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


違う・・・私が もしもただの家政婦だったら

他人行儀に笑顔を振りまいて 黙って食事の世話も

洗濯も掃除も 出来るんじゃないかしら

絶対 私に触らないという条件付きで





給料だけを貰って のほほんと暮らして 何を図々しいことを・・・

他人事だったら その女に頭にくるかもしれない

美味しいものを食べさせてもらって 車を買い与えられて

暖かく快適な家に住まわせてもらって 欲しい服も買えて

そのお礼に 体を提供するくらい・・・・





とんでもない

その数十分の耐えられない時間は 鳥肌もの




旦那が悪いんじゃない

私が・・・





それを どう伝える?

いきなり 股間を触らないで?

会話して

手に触れて

体に触れて

キスして

乳首は触れないで

クンニも もう少し待って

しばらくは キスまでにして

今までのトラウマで あなたとはセックスしたくない

ただ黙って抱きしめる期間をちょうだい





それが言えたら

体の復縁は 有り得るのかもしれない




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


25年前

旦那と結婚した以上は 切っても切れない人間関係

私と旦那の上司でもある その人は

旦那と結婚する ずっと以前に 私と不倫関係にあった

若干20歳の私には どっしりと構えた頼りがいのある人

まだ結婚を意識する年齢じゃないことも手伝って

何の焦りも迷いもない 何も望まない逢瀬の時間

食事にドライブに旅行

見た目わかりやすい 不倫カップル

そんな関係も 私が新しい普通の彼氏が出来るまでのこと

2年弱の火遊びは 二度の傷をつくり 私には貴重な経験となる

後悔はない

色々と人生の勉強になり 視野も広く

他人の気持ちも余計にわかるようになったことは

悪いことではないと 結論づけた





単身赴任の旦那と入れ替わりに帰社

嫌な予感は 的中

連絡を取ってくるその人は すでに定年

昔の女に連絡してくるのは

女の旦那が自分の代わりに赴任先に行ってるから





まだまだ女盛りの中年

きっと寂しくしてるだろう

赴任先のことも気になるだろう

色々と教えてあげたい

ついでに 旦那のいない体の寂しさも癒してあげたい

そんなところかしら





気持ち悪い

その人のことを何も知らずにいたら

ここまで嫌いにならなかったかもしれない

ろくに仕事もせずに 現地の女と遊んでいた情報

相変わらずといったところだが

それを旦那の口から聞くとは・・・

女はともかく 仕事のできない男に魅力は感じない

バブル期を過ごした男は 何もせずに時間まで会社に居座れば

給料が貰えると 未だに思ってる

もうそんな悠長なことをしてられないことに 気づかない

どうせ あと数年の辛抱だもんね

そんな気持ちだから 定年をいいことに会社に棄てられるのに








3年前

うっかり出会ってしまった 【10歳上】

ゲームのSNSで知り合ったにも関わらず

出会い系の匂いがプンプン

今にも襲いかかりたそうにしてるオーラに

不気味さを感じ 疎遠になる

それでも 記念日にはメールを寄越すことに

ホトホト嫌気

誕生日の0時にメールをして喜ぶのは

好きな相手に限る

年越しに除夜の鐘を聞きながらメールしていいのも

好きな相手に限る

入院すること 退院したこと それを聞かされるこっちの身にも・・・





何故か 苦手なオジサマ達ばかりに モテるみたい





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ



誰でもいい

とりあえず 口でいいから

車で サクッと

金額の条件有り

こんなやり取りを希望してる男女





癒されたい

月に2~3回ほど会える方

ホテルで マッタリとしませんか

金銭はホテル代だけで 他は発生しない

こんなやり取りを希望してる男女も





需要と供給は 一見成立してるのに

同じ目的の人がいるのに 入れ替えると最悪

処理目的を批難する人

金銭条件を批難する人

無条件や癒しを批難する人

上手く組合わさらないのが 可笑しくもあり 残念でもあり





久しぶりに 新しい人に会う

月に2回くらい会うセフレ希望とのこと

若いけど 若々しさがない

話のテンポも悪い

会う前は 下半身の話は避けて欲しいのに

無駄に ちょこちょこ入れてくる

一番のネックは 住みが近すぎる

でも本当は そこが理想だったりする




怖いな・・・

警戒心MAX(笑)




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


前戯の愛撫にこそ違いはあれど

セックスにおいて 挿入してしまえば

さして違いなど無いのかもしれない

男性は せっせと腰を動かし

正常位 騎乗位 後背位と・・・

色々責め立て 心無い人は 自分だけ気持ちよくなって終わり





そうではない男性を知ってしまうと もうほかの男性では 物足りない

何度となく 【テル】との情事を思い出しては 出会いに臆病になっていく





毎回 行為の前に交わす会話は 私に安心と焦らしを与え

そこから始まる長いキスは 態勢が苦しくて笑いだしそうになるほど

優しく流れる時間

服の中に忍び込んでくる手は 決して荒くなることもなく

ぎこちなく脱がせる前に 私に自分で脱ぐよう促す彼

どこが感じるか 会う度 重なる度に知られていく悦び

自慰行為で遅漏になった持続力も 回を重ねるたびに弱くなり

絶えかね 苦しみ 動きを止め 我慢してる彼に 愛おしさだけが湧き上がる

彼の並外れたサイズに馴染み 徐々に拡張されていく自分に

彼の熱が冷めないか 不安を感じながらも

彼の優しくいやらしい言葉に濡らされて 安心を得ていた





彼は激しく突き上げることも 責めることもなく

毎回 別れるその瞬間まで キスをくれ

切ない表情で 私を見送っていた

私は そんなときに 留守にしていた家庭のことばかり気にし

時間が長引くことに 焦りさえ感じていた




セックス行為自体よりも

交わされる会話とキスの多さに酔いしれていたのかな・・・




彼のようなセックスをする男に出会うには

まず 私に惚れさせなければいけないのかもしれない

好意やプライド無くして スローセックスは出来ないであろう男たち

どうでもいい女に 満足させる行為など必要ない

プライドの高い男ほど 女を満足させることに必死になりそう・・・

自己満足なんて言われたくないだろう

プライドが高くなくても 思いやりがあれば

優しく静かに 女性の反応を見ながら 楽しんでくれそう





そんな男性は 稀だけど・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
[ジャンルランキング]
恋愛
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
71位
アクセスランキングを見る>>
QR