≪ 2013 06   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2013 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【面白そうな人】の隣に横たわりながら

彼の指で遊ぶ

手の甲に触れたり 指を絡めたり

「手 熱いね」

「うん 心が冷たいから」

「www 熱があるみたいだよ」

「普段からそうなんだ」

熱すぎて むしろサラサラして気持ちいい

「何? くっつきたいなら言えよ」

彼が腕を広げ 腕枕を用意する

「ふふ・・・」

「嫌なときは嫌って言うから したいときは言って」

「うん」

彼の良さは 全て言葉にして ストレートに言うこと

年下でも 私のほうから素直に甘えられる喜び

若くても どっしり構えてる頼もしさ

ガツガツでも オドオドでもない

経験のある余裕な態度

それを兼ね備えていないと ただの若者なら興味は無い

彼の場合は 私より頭の良いところが一番一緒にいて楽しい




「ねぇ もう一度舐めて」

「え? もう? 早くない?」

「若いからww」

「性欲あるじゃんww」

第2ラウンドは 彼を声が出るほど攻め

そのうち ムラムラしてきた私のほうから跨る

でも 唯一イケる騎乗位ですら 全くイケる兆候は無い

そのうち 動きの鈍い私に痺れを切らした彼が 私をねじ伏せる

彼の 奥まで突き上げるモノが 苦しい

「どう? 年下に玩具にされる気分は」

「・・・・・」

「エロ過ぎ・・・」

「・・・・・」

「フェラは嫌いなんじゃなかったの?」

「うん・・・」

「上手いじゃん」

「教えてくれたじゃん」

「まぁな」

商売の仕方まで教えてくれ 手を組むことまで提案されたけど

私の目的はお金じゃない



偽者でもいい

一瞬でもいい

求められたいだけ

欲を言えば 長くずっと・・・

でも彼は その相手ではない





今は 安心で満足してるけど

そのうち私は ときめきが欲しくなる




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


きっと あとでシャワーが沁みる

そんな痛みを 【面白そうな人】を受け入れながら感じる

彼のモノは大きい

その気になれないまま受け入れたものは

私の中に 擦れる感触をもたらす

彼の言うとおり 濡れてはいるが 流れるほどの蜜はない

それでも 奥まで突き上げられるたび

痛みとともに 中で潮が噴いているのが

温かい感触でわかる

そして彼にも気づかれてる

「中で 潮噴いてるよww」

「・・・うん」

「どんな体位がいい?」

「・・・わかんない」

「何だよ それ」

だって どの体位になっても たぶん今日は イケない

「動かないでくれたら・・・」

「そしたら 俺がイケないじゃん」

ずっと 突かれてるのも じっくり楽しむことができなくて

不感・・・





痛・・・

乳首に激痛

案の定 シャワーが沁みた

噛まれたわけじゃないのに むしろ一度も舐められなかったのに

彼は指で捻りながら 爪を立てたのだろう

「すごい こんなに立って」

私の乳首を指で弄りながら 彼が言っていた

乳房の小さい私は 乳房を温かい手で包まれることは無い

胸が無くても 感覚はあるから 胸のある人同様に

揉まれたい欲望はある

でも 乳首を攻めるのが 世の男性

その気のときは 乳首が感じるから それでもいいけど





下半身にも やはりシャワーは沁みる

かなり 擦れたようだ

久しぶりのセックスは 痛みだけが残る





急に 【テル】のセックスを思い出す

今思えば彼は スローセックスを実践していたのだ

私の一言で勉強し 常に私に対して臨んでいたのか

今さら気づいたところで・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


【面白そうな人】は 怒らない

私が待ち合わせに遅刻しても

私に待たせられても

待たせられた時間 パチンコでお金をすっても

それでも 夕飯代もホテル代も 彼が持つ





どうして?

彼は 今まで性欲があったわけじゃない

私が時折メールしても 会ってはくれなかった

突然の性欲って そんなに余裕に構えられるもの?

何が彼をそうさせたのか 気になる

決して私に欲情したわけじゃない

それでも私を選んだのは

お金を要求しないから

すぐに会えるから

何もかも話し もはやサイト友達ではなく

リアル友達の仲だから

相手の素性や 行動がわかると 安心する

神秘性や 魅惑性も ときめきがあっていいけど

安心は 信頼関係を生み リラックスさせ

素直に体を預けられる





「背中 洗って」

「え? 無理!」

「何? 今更」

「そうなんだけど」

過去3回ホテルに行って 今まで言われたこともなかった行為に

嫌な気持ちはなく ちょっと冷静な笑いが響く

「久しぶりだから やり方忘れてるかもww」

「何だよそれww」

「できるかな・・・」

「アホか」

だって 話してるだけで楽しいから まだその気になってない

もう少し その気にさせて欲しいのに・・・





「勃たせて」

「うん・・・」

彼の好きなフェラを要求され

私はいつしか 彼を咥えながら 濡れていく

彼からのキスはない

「フェラだけで こんなに濡れる?」

「・・・・・」

彼の指を奥まで感じながら 悶え苦しむ私




なかなか その気になれないのは

彼から キスがないせい?




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「来月 そっちに帰るよ」

800km先の【遠距離のメル友】のメールの文字に

何の感情も湧いてこない私

以前の会ってみたいという気持ちは どこへやら

あまりにも 遠慮なく さらけ出し過ぎて

彼に魅力を感じなくなってる

慎重なのか 経験不足なのか 私が欲しい若い強引さは皆無

文章のセンスや 写メの撮り方のセンス

髪型や服のセンスが 私の理想と違っているのも要因

知り合って間もなくの頃なら 私からアピールしていたのに

今では 諸々の感じから 体の相性も期待できなくなっている

普段の行動や言葉のセンスって その人のセックスセンスに繋がってる

まだ遠慮があって 頭が良ければ 上手くもないセックスも

それなりに我慢し 育てていく気にもなれるが

出会い系サイトで 結婚相手や恋人を探すような人に

私との行為は 不要だとも思うし・・・





「メル友のままで いいや」

「なんか フラレた気分」

「大丈夫 悪いところも全部 温かく見守れる情は沸いたから」

「そ」

それから 2週間 彼からのメールは無い

毎日交わしていたメールも 冷めてしまえば 興味も無くなり

着信が鳴らなくても 寂しくもない

あまり馴れ馴れしくなるのも 考えものといったとこ





入れ替わるように 【面白そうな人】からの誘い

「今日早番で 会えそうだけど 会う?」

これは 食事の誘いではない

ホテルの誘い!





セックスって・・・どうするんだったかしら?www

その気になるかな・・・?

濡れるかな・・・?

何よりも・・・

キスがしたい





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


【面白そうな人】からのメールが時折

この間の ドライブ・ランチデートで終わりかと思いきや

意外にも その後にもメール

いつものように 他愛ないサイトの話

私としては 彼と会ってから ちょっとムラムラ気味

背も低く ぽっちゃり系で 鼻毛も出てるような男性

街で見かけたら 目にも止まらないのに

一度、二度体を重ね 彼の会話の心地よさを知ってるから

全く知らない男性に体を預けるよりも 安心して擦り寄れる体に

単純に 欲情したのだろう





彼も同じ気持ちだったのか それとも何か他に理由があるのか

私と全く同じタイミングで ホテルに行きたいと口にしてしまう

私の場合 梅雨の湿気で気持ち悪いのが むしろホテルへと誘い

3ヶ月ご無沙汰という新記録更新に慣れる前に

食い留めたいのが一番の原因





「珍しいね 性欲」

以前 それほど性欲は無いと言っていた彼に

理由が知りたくて 問いかける

「俺にしては 珍しいな いつまで持つかわからんがww」

彼は 職を変えた

夜勤ばかりで安い職場から 2交代の給料のいい職へと

きっと 金銭的に余裕が出来たことで 性欲が出てきたのだろう

男ってそうだ

偉くなって 羽振りが良くなると 必ずと言っていいほど

【愛人】をつくる

女は そんな金銭に余裕があって 地位のある 堂々とした男性の

【愛人】でいることを 誇りに思う

たとえ 見栄えがどうであろうと ブランド物に身を包んでいれば

そこら辺の 安い男とは比べ物にならないほど 素敵に見える





若い頃は たとえお金がなくても

好きなら それで良かった

今は・・・色々と人生経験を積んでしまった分 欲が出て

やはり お金がない人よりは お金がある人の方が 魅力的に思える

お金が欲しいのではなく

態度や行動に 余裕を見たいから

彼は あんなに私の誘いを断っていたのに

ホテル代を稼げるようになったら 彼の方から誘ってくる

どんな理由であれ 求められるのは悪い気がしない

嬉しい・・・





セカンドバージンになる前に 今一番近い男として

彼に期待したい





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「まず 各問題の回答例ねww」

800km先の【遠距離のメル友】の オロオロさ加減に

ゆっくりメールできる時間になってから 返信をする

キツい意見しか思いつかないから

彼の仕事中にメールするのは控えると伝える

彼女のことで動揺して 職場でミスや怪我でもしそうだし・・・





デートしてホテルまで行ったのに 3時間終始いちゃいちゃして終わり?

はぁ・・・

ホテルまで許したら 女はOKなの!

きっと彼女はムラムラして帰ったのね

チキン、頼りない、物足りない・・・

そんなイメージを持たれていないことを祈るわ

出会い系で知り合ったのなら 最初からエッチで良かったのに

エッチを先延ばしにすると それまでがずっと体目的になるから

むしろ次のデートで エッチなしのドライブに持っていけば

体目的じゃないことをアピールできて ポイント高かったんじゃない?

遠距離の彼女に会いたいと思わせるには?・・・じゃなくて

君が会いに行けばいいこと

彼女のメールが素っ気無いなら 面倒くさがりも考えられるし

仕事中のメールは 控えること

おはようメールも要らない

のんびりできる夜のメールだけで十分

自分のために 時間もお金も労力も惜しまないと気づかせれば

結婚相手として視野に入るんじゃない?

それが エッチ目的だと勘違いされるような行動は禁物





彼の好みは年下 それもロリ系

でも彼は 可愛い顔だから 年上に好かれてる

年上は好きじゃないみたいだけど

彼の不器用さ加減は 年上が似合う

彼女は3つ下

年下が好きなら もっと堂々と行けばよかったのに・・・

相手の出方を見すぎて 勝手な思い違い





一度は返ってきた彼女からのメールに喜ぶも

すぐにメールが途絶えることに 不安を覚える彼





「私にソックリで いやな予感がする」

「いやな予感て・・・?」

「自分から興味があってタイプの男だったら 返信は早いし
 つまらなそうな態度は取らない

 そういうときに 興味のない人からメールが来ると
 素っ気無い返信をする

 顔じゃないからね~
 イケメンでも ピンとこなければ ブサメンと同じだから

 彼女も まだ半信半疑なんだろうね

 男性の言葉は信用できないし
 少し様子見なんじゃない?」

「返す言葉が無い

 メールの件数を減らすのが正解?
 素っ気無くしてみるのが正解?
 ペースを変えないのが正解?」

そこまで私に聞く?

私にとっては くだらないことのように思える

他人事だから?

違う 彼の思考に 情けなさや呆れが湧き上がる

彼は盲目になってるのか 慣れてないのか

聞いていて いちいち イライラする





「返信は返ってくる日は早いし 楽しそうではあるけど
 会いたいオーラが感じられない

 望み薄かな・・・」

「気持ちはストレートに伝えた?

 もしかして 彼女が自分を好きになってくれないと 好きになれない?」

「よく言う気持ちをストレートに伝えるってどういう意味?

 会いたいとか 君のことが気になるとか言えばいいの?」





あぁ・・・ほんと くだらない

若い時って こんなもんだったのかな~私も

今の私は 経験から冷静に見れるだけか

若い時だったら きっと同じく オロオロしてたのかな・・・

そしてイラっとするのが 彼は私の言う通りにはできないこと

返信が無いからといって メールの連投はしないでねって

あれほど言ったのに・・・

しかも内容が 私でも嫌になる





私がメールしてる男性って こんなに頼りなさ気だった?

どSメールを送るとか言ってなかった?

メールだけで ムラムラ 気持ちよくさせてくれるとか

全然じゃん・・・

ま そういうところを知ってしまうと むしろ安心するけど





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


800km先の【遠距離のメル友】

相変わらず 毎晩のようにメール

休みの日は 日中にも・・・

仕事に対しては真面目らしく 上司や同僚とぶつかること多々

でもアパートに帰れば暇人で 寂しがり

出身は同郷でも 就職で遥か遠くに行った彼は

それでも 親とそりが合わないらしく

こちらより 800km先の地が居心地良さそうだ





一日メールが無かったと思ったら

「僕 恋してしまったんです」

あら・・・

それじゃ こちらに帰省したときは会えないかな・・・

「恋のアドバイスをもらおうかと思って」

はいはい どうぞ 何なりと・・・もう野次馬でしかないわ

すると 彼は箇条書きで19項目 彼女との出会いから 特徴 状況を並べる

出勤前の私は そのギッシリと並んだ文字に 嫌気が差し・・・

というのも 1項目目に

『・きっかけは出会い系』

ここで 呆れたのが本音

だから

「帰ったら メールする」

と メールしたきり 放っといた





「仕事終わった?」

私の終業時間を知ってる彼は 時刻と共にメール

可愛いというか 本当に息子みたいになってくる・・・

他人の色恋にまで構っていられるほど 私は暇じゃない

実の息子のほうで 忙しいのに

「メールが返ってこないんだよ~不安」

意外と恋愛下手に 私の相手として不安www

今時の若者に オバサンの私は どう指南しろと?





出会い系で 結婚相手を探すって・・・

オバサンには 意味がわからないよ




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


私を避けてたように思えてた【面白そうな人】

私が誘うと 忙しい お金がない の返信ばかり

さすがの私も 空気を読み サイト以外ではメールを控える

それが どうしたことか 珍しくメール





彼とは 【テル】に振られる頃に出会い

失恋の痛手を 癒してもらった仲

彼もまた 別れた彼女に未練タラタラの イジケ者

彼女のことには触れずにきたが どうやら やっと切れた様子

共通の話題は いつもサイトの話

頭のいい彼は 敵も多いが 密かに仲間も多い

彼の良さをわかる人は 常識人と思える





心理学を学んだ彼は 人を怒らせることも

怒らせないように話すことも 自由自在

だからか 彼の話し方が とても好き

彼との出会いは サイトの中での絡み

チャットのように文字をいくつも交わしているうちに

彼が 行動に出る

直メにとどまらずに 電話攻撃

写メをもらうも タイプじゃなくても もう私の興味は止まらなかった

このテンポのいい会話を もっと味わいたい

電話もそこそこに すぐに会い ドライブ

彼は期待を裏切らず 居心地のいい時間をくれた





その後 二度目はホテルで 生理中の私を疼かせるだけ疼かせて帰す

三度目は 失恋に泣きたくない私を 深夜のドライブに連れ出す

そして 心だけならずも 体ごと癒してもらった四度目

それからは ほとんど体を重ねることはなく

電話やメールで 楽しい時間を求めてた

そのうち 彼も忙しくなり サイトで存在を確認したり

たまに絡んだり その程度の絡みでも お互いを認め合える存在でいる





そんな彼が 飯でもどう? なんて・・・

なんの気まぐれ? と茶化したくなる

せっかくの誘い 無理してでも会いたい

久しぶりの彼に 決してイケメンではないはずなのに

自然と顔がほころぶ

周りを気にしながらの私の反応も 知ってか知らずか

サイトネタを 大きな声で話してる

彼には 隠し事の必要がない むしろ私を知って欲しい気持ちで

出身や 家族構成 子供の悩みまで打ち明ける

気心が知れれば こんなにも話せるものなのだと

今まで知り合った誰よりも 私を知った彼

体の相性は そう何度も確認していないのに

会話の相性は ほどよくいい感じ





これで 身長と私好みの顔だったら

私はもっと気取って 自分を良く見せようと

違う意味での無理をしていただろうし

彼を掴まえていたくて しょうがなかっただろうな





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
[ジャンルランキング]
恋愛
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
55位
アクセスランキングを見る>>
QR