FC2ブログ
≪ 2012 10   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2012 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【彼】と いつ振りに会うのだろう と

何気に携帯の受信BOXを開き 確認する

携帯の中に 彼からのメールが 1件もないことに 私自身が驚く

いつ・・・消した?

もう会うこともないと思い 消したのか・・・

自分から会いに行くことは無いと 熱が冷めて消したのか・・・

あの頃は 【調教師】のメールアドレスも携番も消したっけ・・・

それなのに また会えるなんて




【彼】は 待ち合わせ場所に先に着いていた私の車に

ニコニコしながら 乗り込んでくる

私の車でホテルに行くことは メールで確認していたから

不快には思っても 久しぶりの彼の 口元が緩んでる笑顔に

私までつられて 笑顔になる

何も変わっていない・・・

私は? 変わった?

化粧もしなくなり 素肌美人を目指してるけど

やっぱり唇くらいは 彼のためにピンクに染めたかった

艶を持たせ 雄を惹きつけるようにプルプルに・・・




突然の逢瀬に 時間配分が行き渡らず 実際にホテルにいられるのは

1時間ちょっと・・・

そんな出会いは 一番嫌ってきたのに 彼の腕の中に収まるなら

たとえ1時間でも 家庭に無理のない範囲で 許せると思えた

一番近いホテルに 車を滑り込ませ 早々にお風呂にお湯を張り

それでも 久しぶり過ぎて 遠慮がちに隣に座る

落ち着かない私は 手元のホテルのパンフ 雑誌を広げるような素振り

彼に腕を捕まれ ベッドに誘導されると 懐かしさも蘇る

彼の懐に収まると すぐにキスしてくれる彼に

やはり この唇が好き・・・この腕が好き・・・彼が 好きだと

彼の行為に委ねながら 分泌される愛液とともに感じる




言葉は 要らないのに・・・私が言葉足らずだから

彼が 私の気持ちを確かめる

「会いたかった?」

「うん」




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


夏に 「生きてる?」と突然メールし

「生きてるよ」と返信が来た 元【彼】





ゲーム主体のSNSで出会った理想的な男性

何度か会いながらも 彼の環境に変化が起こったことに気づかず

一人相撲で 彼から離れていった私

半年ほど経ち 彼から環境の変化を聞き

彼の忙しさに邪魔にならないよう 私から会いに行く形に落ち着こうと

甲斐甲斐しく通うも・・・

典型的な都合のいい女 デリのような私の光景に 彼への熱も冷め

賭けに出たのも虚しく 彼自身から私に会いに来ることもなく 再びの別れ

それから1年ほど経っただろうか

【テル】と別れ 【調教師】と上手くいかず ふと【彼】に連絡を取った私

彼の忙しさと 私のタイミングの悪さで 会うことは叶わず

その連絡から さらに半年ぶりにメールしたのが 夏

相変わらず忙しく 高速を降りて会いに来る気配のない長距離運転の彼

悶々と疼く体を持て余す私を 宥めるかのように

「秋になったら 少し落ち着くから」

「会える?」

「抱いてやるから 待ってろ」




嬉しい半面 そんなやり取り 本気にしてなかった

男なんて 「忙しい」で 全てカタがつく

わかってる・・・

「メールくらい できるでしょ」と言う女ほど 面倒なものはない

嫌いなわけじゃないのも わかってる

長く続くメールのやり取りを考えると 面倒なのよね

だから最近の私は 自分からは滅多にメールしない




音沙汰もなく秋が終わり やはり その場限りの言葉だったんだと

期待も希望も無く 忘れていた夜 深夜に・・・突然 

「仕事頑張ってるか?」

彼からのメール

すでに寝ていた私は バイブの振動で 反射的に携帯を開いたものの

夢見心地で 寝ぼけながら返信

「仕事続いてるよw 忙しさは落ち着いた?」

「いくらか落ち着いてきたよ ふと アイ元気にしてるかなぁと思って」

「30分前まで生誕の日だったよ(苦笑
 ビックリした!! このタイミングでメール来たから」

花嫁と腕を組んで にやけてる彼の顔の写メが 送られてくる

綺麗な人・・・

「親戚の結婚式に 行ってきたよ 妹みたいなもんだ」

「新婦の友人に 好みの女性はいなかったの?」

「いなかったよww 色気付いてるオバハン連中はいたけどww」

それ・・・私と変わらないじゃん

それきり 私は睡魔に勝てず 開いた携帯を握り締めたまま 寝落ち





次の朝 謝罪のメールをするも 返信がないことから

いつもの気紛れと思い 忘れていた

その次の日 舞う雪とともに 積雪の写メが送られてくる

「大丈夫? タイヤ交換した?」

淡々と返信しながらも どうしたんだろう最近

結婚式参列で感化されたのかしら?www




以前のような 誘いとも取れるエロメールでやり取りしていると

何故か 会うことに・・・

本気?

会いに来るの?

半信半疑になりながら 待ち合わせの場所へと車を走らせる




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


会ってみたいのに会えない人

彼は 車の免許がない

私が運転して会いに行けば済むこと

でも 最初が肝心とばかりに 私も強気でいる

ノコノコ出向くほど 欲求不満のオバサンと思われるのもシャク

男のために身も心も削る時は 好きな相手だけ

そうは言っても 写メの胸板が気になり メールだけは続ける

1週間も音沙汰無しの時だってあるのに ただ待つ身の女

肉体労働の毎日に 晩酌の日々

若いのに・・・どんな一人暮らしをしてるのか




「会えないね~」

「俺は会いたいっすよ~」

会えない可能性のほうが高いと 言いたいことを言える

文字だけなら たとえ年下だろうが 甘えたい

「私も大事にして~ いっぱい可愛がって~ 文字操作だけじゃいやだ~」

「可愛がりたいっすよ~ 隣にいたら絡みつきて~っすよ」

嘘つき・・・




やっぱり 若いだけじゃ・・・無理なのかな




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


会ってからも・・・

体を重ねてからも・・・

メールは続く

毎日何通も 短文で まるで会話のように




「この前 アイの下着見なかった 普段は どんな下着を履いてるの?」

「普通・・・じゃない 底上げwww」

「見せてくれれば良かったのに」

「脱がしてくれれば良かったのにww」

「履いてなかった(泣)」

「いいえ 一枚一枚 キスしながら服を脱がせ ブラの紐を肩から外し
 抱きしめたかと思ったら すかさず後ろのホックを外し
 乳房を愛撫しながら ショーツの上から湿り具合を確かめて
 おっと 台本はこれくらいでwwwww」

「そんなシチュエーション好きなんですけど・・・」

「私 言ったよね? ベッドで裸からするのは嫌だって」

「聞いてたけど~ 何もつけてなかったじゃん 脱がすときドキドキだったのに」

「風呂上がりに着けないよ普通 部屋に入った瞬間から前戯が始まってるからね~
 そこで決まっちゃうと思うよ」

「二度目以降ならともかく 最初から野獣にはなれないよ」

「でも 独身の時のお付き合いじゃないし
 どうせ一度で終わるかもしれない出会い系だもん
 そのたった一度が肝心wwww」

「犯せばよかったwww」

「そうよ そういうの大好きなんだからww
 女を酔わせてなんぼよ 嫌なら最初から嫌なんだから 拒否っておしまい」

「お尻叩かれたり?」

「それは 男の独り善がりwww」

「叩いてって言う女子もいるんだよ」

「イヤ~ そういうMっ気は持ち合わせてない~」

「犯されたいのに?」

「痛みとか羞恥とか言葉とか 興味ない
 蛇に睨まれた蛙状態は好きだけどwww」

「蛇に睨まれた蛙?」

「クールに見下ろされたり 力ずくで押さえ込まれたりww」

「じゃあ もっと強引でも良かったのか・・・」

「でも 下半身だけ集中的に責められるセックスは嫌いなの わがままでしょ?」

「ホントだねwww」




こんなメールが ずっと続くと思っていた

次の日のメールを最後に 1週間メールがない

何かの 誤解?

それとも 事件?

それとも・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


止まらない・・・止まれない

押し寄せる波に 抵抗はなく

そのまま 波に乗り おかしくなるくらい狂いたいと

そのまま上り詰めてしまう

初めて味わう 興奮




騎乗位




いつもなら 肩を強く握り 抱きついたまま 強ばりながら果てるのに

隣県のメル友既婚者とは まるでAVのように仰け反り

彼に見られてる恥ずかしさもお構いなしに

声を押し殺すことも忘れてしまう

初めての形




勘違いするほど 気持ちのいい相性

彼の容姿は 写メの中の男性の 弟といった雰囲気

写メの感じと 声の感じから 落ち着いたイメージを抱いていた私の

勝手な見解

可もなく不可もない トキメキがないのは やはり寂しい

絶頂に向かう時だけ 何もかも預けられる人

緊張感がないということは 多少の羽目も外せる

恥ずかしさの抵抗なく 体も心も解放される

これが ベストなのかもしれない




それでも 何か物足りない

私から 会いたいと思える気持ち・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


ドキドキがなくても 安心感な安定感が欲しい

会えなくても 気長に待てる自信

メールが無くても イライラせずにいられる時間

気持ちをストレートにぶつけてくる 心地よさ

たまには声を聞き 携帯を握り締め

見えない相手に 恋する瞳を輝かせ 声を上ずらせ

女度を上げたい

そんな関係は 既婚者にこそあるのではないか・・・

独身相手に 独身気分でドキドキし そわそわし

来ないメールに不安を募らせるのも 最後がハッピーエンドなら

悪くも無い

でも それは長く続かない関係

それなら・・・




毎日何通ものメール

時には自由に時間を使い分ける自営業

さらに 別宅があるとなれば 遊び人の可能性もある

「今まで 彼女いた?」

「正直に言うよ いました」

いないよりか いたほうがいい

彼女もいないとなれば 体の相性にも不安を感じる




このまま メールだけのほうが長続きするかもよ

意地悪な文字を載せて送る可愛気の無い私

「今 話せる?」

突然の電話の誘い

今までのメールから 携番を教えてもいいかなと思え

丁度 出先の私は すぐに携番をメールに載せるも

「声で惹かれる人もいるけど 声で嫌いになる人もいるわよ」

すると すぐに着信のバイブを感じる

「一瞬 ためらったけど 電話しました」

本当に一瞬 瞬きくらいの時間じゃないのwww




彼の声は優しく 声のトーン 話すスピード 内容が

耳に心地いいもの

逆に私は 例の如く ギャップ有り過ぎな か細い声

淫乱を彷彿させるメール内容とは別世界の主婦そのもの

この電話は 会うきっかけになる?

それとも 躊躇させることになる?




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「ちょっと冒険・・・」

そう言って 写メに心を許し 既婚者で33歳とわかっていながら

メールを続ける

前から 漠然と 長く続けられるのは やはり既婚者ではないかと

感じ始めていた

同じ気持ち 同じ環境 同じ目線

その中でも 奥様からお小遣いを貰ってる人は

たまのホテル代が関の山だから

ある程度 自由になるくらいのお金を持ってる人でないと

恋人気分は 味わえないだろうと予想

そして もしもフィーリングが合い 長く続き

メールもマメな人なら 遠くても 心の拠り所として

上手くいくような予感

その人が 他に出会える人がいなければ

大事にしてくれるかもという予測




せめて 同じ気持ちなら・・・

成立する 予定 なのに・・・




天候の話から 同県ではないことが判明し

メールを続けるかという 判断のとき

距離は写メに勝つ

会うのが難しそうな隣県だと言うと 近いほうだと返ってくる

脈あり・・・

メールは 淡々と日常を切り取りして送る

「メールから・・・メル友希望」という

隠れ下心を匂わせた募集で始めたのだから

最初から飛ばしすぎないように・・・

そう言っても すぐに私の本性が現れ始める

男性は 少なからず 色気のある話のほうが好き

女は どうしても エロトークが苦手なのにね・・・

そんな中で 女であって女でないメール内容が多い私

相手から振られると萎えるようなエロトークも

自分からは アリなんて 気まぐれな私

最初から メル友のみの関係なんて望んでいない

そして彼は ノリの良すぎる私に興味を抱き始め 展開の速さに驚く

いつもの調子の私は これが通常の展開

メールの文字だけで 人柄がわかれば すぐにでも会いたい




セックスレス夫婦の理由が

奥さんの拒否ではなく

彼自身が抱きたくないという理由にも

私の興味が沸き

「これは 最後の賭け 既婚男性には苦い思いしかしてないから

 今回が最後なの これで失敗したら既婚男性は二度とごめん」




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


長いメール期間を経て 会うときになって斬っていく

どこまでも高飛車な私

セフレを探してる・・・そんな同じ気持ちの男性たち





その時は メールで盛り上がりを見せるも

しばらくメールが途絶える

そう言う人は 大概 仕事が忙しくて・・・という

実際には 他にアプローチしてる女性がいたのだろうという予想

何度も出会う日を交渉しているうちに

どうして私なんかに そこまでして会いたいのだろうと冷めていく

ヤ・リ・タ・イ・ダ・ケ・・・

どの男も 熟女好きを公言

それも 嘘っぽい




朝から待つこと 1時間

昨夜 メールをもらった時は すでに寝ていた私

深夜に返信するも 音沙汰無し

朝 メールしても返事がない

寝てる・・・?

「明日 大丈夫? 会える?」

「今 電話できない?」

彼からのメールは それきり

そして お店も開かない早朝から1時間 ぶらぶら車を走らせてる私

今からじゃ・・・もう時間が無いな

ガソリンも無いや・・・

そんなことを思っていると

「着いてる?」

約束の時間を30分過ぎてる

遅れた上 今から のこのこ出向いてくるという

飛ばして来ないと 時間が無いのに・・・

会うだけなら 来なくていいし

今からホテルなら 短い時間しかない

そんな行為は 嫌だ

いちいちメールしてるうちに 時間はすぎる

いつも いきなり電話してくるくせに 肝心な時にはメール

バカにも程がある

「帰るわ」

しつこい彼に 『今度』はもう無いことを告げる

結局 1時間半待った挙句 せっかくの休みを棒に振る





独身だと思ってメールしていた相手は 若き既婚者だった

驚き メールをやめようとする私に

離婚調停中だとか やっぱり結婚してるとダメなのかとか

離婚するからとか

三流の不倫ドラマみたいなことを言い出す

誰もそんなこと望んでいないし 聞きたくもない

まるで それを餌に 釣られるようだ

そもそも 結婚してることが嫌なのではない

結婚してる人の 行為が嫌いなのに

旦那と同じ行為で抱かれるくらいなら 自慰の方がまし

それに 夜にはメールできない不信感が ここに来て露見

寂しい関係も 私には無理・・・

そのことを告げるも 癒し合える恋人を求めてることを聞き

同じ気持ちなら 確かめるだけでもいいかと保留にする

でも 彼は次から次とボロを出す

毎日 いきなり会えないかと言う

既婚者ゆえの 空き時間に会ってしまえ的な発想

時間がないのに 会う?

さらに お金がないのに 会う?

「車でFは 嫌よ」

そんなことしないとか ホテルに行くとか

「矛盾してて 怖いんだけど?ww」

問い詰めると 私からお金を借りてまで会うという

もう 見解の余地がない




「何度も会っている中で 今日は私が払うわとか

 今日は私が そっちに行くわとかあるけど

 最初から お金や行き来の心配をさせる人は無理です

 そういうこと微塵も感じさせない人がいいから・・・

 ごめん」



既婚の熟女は やるためなら お金も出し 車も飛ばし

男のために尽くすとか 思われてる?

それは 愛されてると勘違いさせてからの話




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


滅多に コメントをいただけるブログではないのですが

コメントをくださる方は いつも 私の心に何かしらの重石を乗せて行きます

悪い意味ではありません

むしろ 私を元のリアルな世界に引き戻してくれる 大切な存在です

出会い系や 不倫ブログを徘徊していると 道徳的な感覚が麻痺していき

その中だけの常識を作り出し その中だけで生き その中でしか楽しめなくなります

ネット依存症、携帯依存症、男性依存症・・・

表向きは 良い母親 良い妻 良い嫁を繕っても

中身は 見られないほど醜くなった悪女です

表だけでは どうにもこうにも苦しくなり もがき 冷静でいられなくなる自分に

敢えて罪を着せることで 日常を頑張れるような気がする

【後ろめたさ】

それがないと 我が強くなり 謙虚さを失い いつか爆発しそうな爆弾を抱えている

ま 多かれ少なかれ 同居していたり しがらみの多い家であったり

家庭を顧みない旦那だと こういう話はよく聞きますが

そんな理由で ビッチになることが許されるのかって話でもありますがね

いつか 本当の罰が当たらないと 治らないのかな・・・





コメントのあった記事
本当は私が悪いの・・・


コメント・・・【気になったので】

旦那さんに不満があるのは仕方が無いことです

でも、言葉できちんと伝えないで諦めるのは勿体無いのではと思いました

口で伝えようとすると相手が感情的になって拗れてしまうことを心配しているようですが、

メールや手紙で誤解されない様、相手を必要以上に傷つけないよう気遣って伝えることも

出来るのではないでしょうか?

旦那さんが聞く耳を持っていないような性格の方なら諦めても仕方がないかと思いますが、

コミュニケーションの取れる人なら改善の可能性は0ではないのではと思います

今更言い出しにくいってのもあるのかもしれないですし、

いろんな人とエッチをしてスリルや背徳感、

旦那さんでは感じられない愛情など楽しんでいる部分もあるから

現状をそんなに不満に思ってもいないのかもしれませんが・・・





ありがとうございます

数年前 まだ浮気をしていない頃ですが

まだまだこれから長い夫婦生活 もう少しどうにかならないかと

涙で枕を濡らすほど悩み始めました(大げさでもなんでもなく)

もう少し早い段階なら 少しずつ不満を言えたのかもしれませんが

若い時は そんなこと言えませんでした

そして 今となっては 今更開花したなんて言えないし

どこで誰に開拓されたのかって話にもなります(笑)

今の環境では 2年もご無沙汰 会ってもいない状態で

見知らぬ人に触られるかのような嫌悪感を抱くくらいにまでなってしまいました

怖いものです 旦那には 何の落ち度も無いのですから

最近は 出会い系の中にいても 精神的に年をとるのだと感じています

新たな人に出会うのが 面倒な上 恐怖感の方が多くなりました

以前のような 気持ちの昂ぶりや 心地よい緊張感 スリルはありません

それと引換にする 落ち込みのほうが はるかに大きいからでしょうね

慣れた肌と いつでも重なっていたい・・・

今まで出会った人にこそ 触られたい・・・

そんなところです






コメントのあった記事
雑・・・


コメント・・・【心臓を鷲掴みされたかのような・・・】

ひんやりした読後感に思わず初コメントしてます。

たまに覗かせてもらってました既婚男です

何回も肌を合わせる関係になっても

油断しないこと、また会いたいって思ってもらえること

なんか いろいろ 考えました。

うまく まとまりませんが 

一読者のとっちらかった感想です。





ありがとうございます

男性のコメントは 大概 辛口なんですが この内容だと どうなんでしょう

立場的に やはり また会ってもらえるように尽くすのは私も同じです

それでも 言葉少なさや 魅力的なボディではないこと 既婚であることが

ホテル代を払ってまで会いたいか?ってことに繋がるんでしょうね

若ければ 色んな女を抱きたいという欲求もあるみたいですし

恋人関係のうちは セックスは御座成りになりませんね

夫婦になればこそ 義務的に下半身だけを責め さっさと終わらせる

自分だけイったわけじゃないし 相手も気持ちよさそうにしてる

だから 自分たちは上手くいってる・・・自分は 良き旦那だ

そして 演技してる自分も 良き妻だと思っている

傍から見たら なんて滑稽なんでしょう

本人たちは 本気で悩んでるのに・・・

たかが性 されど性

解き放たれた体は 性無しではいられなくなる

快楽の地獄に落ちたことのない人には ただの淫乱にしか見えない

それならば 最初から快楽など知らない新婚当初のままでいられたら





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


夫婦生活を思い出しながら 静かに口を開く




「旦那のね エッチの仕方が嫌なの

 キスも無く 見つめることも もちろん会話もなく

 いきなり股間に手が伸びてくるのが その気になれないまま

 エッチを進めていくことになるから 嫌なの

 せめて 手を握るとか

 できれば 腕枕がいいけど

 で その気になっていないのに いきなり胸を触って 乳首を吸うから

 気持ち悪いのと 痛いので 体が拒否反応を起こすの

 なぜか そこにしつこく時間をかけるから

 耐え切れなくて そこで拒んだこともある

 したくないわけじゃない むしろ したい

 だけど そのちょっとの 『イヤ』って態度が

 全否定に受け取られて 背中を向けられる

 そこを我慢しても 今度は無理矢理クンニでイかせて

 あとは 自分本位で動いて5分も掛からずに 終了

 ちゃんとイかせてるから正しいと 夫婦生活が上手くいってると思ってる

 私は イかなくてもいいから 体の満足よりも 心の満足を得たい

 本当は 私が旦那に言葉で伝えないから悪いのよ

 でも たぶん うまく伝えられないと思うけど

 むしろ こじれそうだから・・・

 素直に聞く人で 改める人なら とっくに言ってるし・・・

 普段から 会話しながらエッチしてたら もう少し色々話せたのに・・・

 あなたも 奥さんに拒まれてる理由は

 子供が小さいからだけじゃないかもよ」





「自分本位か・・・確かに でも 雑って・・・」

「ごめん ごめん 気にしないで 私だけかもしれないし

 他の淫乱女なら 激しくされて悦ぶかもしれないし」

「でも 雑って・・・」





あぁ なんて酷いことを 言ってしまったんだろう

でも その反省は すぐに覆る




私の本音を聞いたことで 彼の動きに多少の軟らかさが出

タイミングをずらさなければ 私も気持ちよくなれそうな時間

それでも彼は やはり 強引に入ってくる

痛い・・・

どれだけ 女性の仕組みを知らない人なんだろう

これじゃ・・・奥さんも 嫌がるわけだ

拒む私に 彼は 不思議そうな顔をする

濡れてるのに どうして?

なぜ それが わからない・・・

彼は イきかける度に 抜き挿しを繰り返し

こちらの タイミングなど無視

そのうち 何度も抜かれる度に 乾いた秘部は・・・痛みを伴い

私は 彼を突き放す




「あぁ・・・ゴムが裏返しだ~」

そう言って ゴムを外し 付け直そうとする彼に驚愕

ダメだ・・・最低の男だ

ゴムの正しい付け方を知らない

裏返しどころの話じゃない

一度装着したゴムを 裏返すなんて・・・

避妊の意味がない

動画でさえ載ってる 正しいコンドームの付け方を 彼に見て欲しい





中学から やり直して・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
[ジャンルランキング]
恋愛
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
60位
アクセスランキングを見る>>
QR