≪ 2012 05   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2012 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

何かと理由を付けて 誰とも会わない

会えない・・・

タイプじゃないから?

本当は 面倒なとこ半分

なぜなら 期待通りの人などいないから

慣れ過ぎたのかもしれない

緊張感ゼロ ときめきゼロ テンションがなかなか上がらない

そもそも 元カレと比べるのが 間違い

別のタイプを開拓して欲しい自分

そして 残りの半分は恐怖




裏サイトで暴かれる 車種、色、名前、家族、職場・・・

常連の女性は 情報が漏れやすい

怖い・・・

裏サイトで晒された女性は 誰に見られてるかも知らずに

いつもの場所で 待ち合わせ

いつもの場所に 車がある

そして 情報交換され 男たちに次々と・・・

得たいものがあると むしろ それを望むのか



怖いと思いながらも 男性の胸が欲しい欲求は抑えられない

私が こんなことを卒業する日は いつ・・・



にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


不意の寂しさに

自分をリセットして 本能のまま【調教師】に会おうか

そんなことを思うと

急に気持ちが晴れ晴れする




深夜にサイトに居ることを確認し メールしてみる

また 無視されるだろうか

「起きてる?」

次の日の朝 返信が届く

「ちょうど 寝たところだった(笑)」

(笑)・・・?

受け入れられてる

でも その瞬間

傷つけられた逢瀬を思い出す




「ニーハイ 履いて来て~」

この歳で 履けるか!

ミニスカートがやっとだった

そして 駆けつけ 抱かれた後に見せられた写メ

ニーハイに 彼好みの黒縁メガネの女の子が

手足を縛られ 携帯に向かって足を広げていた

喉の奥と こめかみが苦しくなり 寂しさと怒りが込み上げる

彼は・・・私など見ていない

自分好みの女性に仕立て上げ 興奮することで喜びを得ている

ノーマルな私に飽き 彼を興奮させられない私は不要

彼と私の 逢瀬の目的がずれ始める

彼は やはり男なのだ

会うだけで 心満たされる女の私とは 違う

彼にとっては 性処理

私には 恋人でも




そんな気持ちが甦り

彼には それ以上メールできずに 放置した

そう言えば

「もう 他の女の話はしない」

そんな約束をしたことも あったっけ・・・

私に言われたからじゃなくて 彼の口から

もう一度 聞きたい

そうしたら・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


偏頭痛が ひどい

きっと パソコン業務のせいなのだろう

独身の時も 仕事柄 酷かった

脳神経外科に行って CTをとるほどだったのを思い出す

仕事を始めたことで

短い時間ながらパソコンに集中することで

目や脳の疲れが半端無い

優雅にジムに通い 汗していた時より疲れる

帰宅してからも 時間は たっぷりあるにもかかわらず

頭痛の酷さに

パソコンに向かう気力を持ち合わせていない




楽しみが ひとつ消えたような寂しさ

そしてさらに 出会いの時間も無くなったw




仕事を始めた後悔と

これで出会いを辞め 全うな生活に戻れるかもという期待




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


別サイトに 【調教師】にそっくりな人

まさか・・・ね

少しばかりの不安から 絡まずに ただ眺めている

すると その人からのメール

彼なのか? 人違いか?

もしも彼なら 見覚えのあるメアドを教えた時点で バレる

からかわれるかもしれない・・・

何度か交わすメールが 好みの短文で 目的が的確な文面

メアド要求へのタイミングも 丁度イイ加減での切り出し

そして 送られてきた彼のメアドは 見知らぬアドレス

しかも 本名が入ったメアド・・・

彼じゃないことを確信

ネームが入ったメアドは スマフォ・・・かな

最近 このタイプのアドレスが目立つ

この間の人には 教えてあげたけど この人には・・・

会った時にでも 教えてあげよう




「どんなセフレを探してますか?」

「会話も無く すぐ帰るような関係なら要らない
 たまにはメールも出来るような メールしたくなるような人がいいな」

「俺と どうですか?」

久しぶりに 期待で胸が高鳴る




「どんなセックスがしたい? 俺はアブノーマルがいい」

いきなり ストレートだなぁ・・・

「何がしたいの?ww
 セックスには あまり依存してない 遊べるだけでも満足だけど
 淫乱な中年主婦が良かった?」

彼を彷彿とさせるメールの内容から

やっぱり彼なのでは・・・という期待と不安

何より彼に似てる写メが気になってしょうがない




お互いの予定の確認

仕事時間 休日 都合の良い日を狭めていき

確定しようとするその瞬間・・・

「金曜の夜は どう? フェラとか上手い?」




あっけなく終了

どうしても男性には 体目的じゃないことが伝わらない

「いきなり その話?
 援目的の女なら たくさんいるから
 そちらに行けばいいわ」


 

テンションが上がっていた分 落ち込みは激しく

それでも 心を改めてまた誘われるかと期待している

でも 彼は二度と私のところへ 訪れることは無い

逃すには惜しい好みのルックスだったのに・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


【調教師】に会わなかったことは 私にダメージを与え

私を 腑抜けにする




私が好きになった男性に会いたい

【隣県のメル友】は その人じゃない

メールを整理してるとき 不意に目が行くネーム

誘ったら・・・返信は来るかな

アドレスが変わってるかな

なんだか あの頃よりも軽い気持ちでメールできそう





「元気?」

いきなりのメール

すると 返信が返ってきた

「うん アイは?」

「元気ないからメールしてみたww」

「元気ないの?」

「ん~むしゃくしゃ?w アドレス変わってないね 忙しい?」

「今は 〇〇県 (^3^)-☆Chu!」




え・・・喜んでる?

「超長距離だね 気を付けてね」

「帰ってる途中」

メールを締めくくったつもりなのに わざわざ帰宅をにおわす文字

誘ってる・・・




数時間後

「これから 風呂」

明らかに 誘ってる・・・

「帰ってきたの?」

「うん」

「きれいな体で ゆっくり休んでね」




ここでも メールを途切れさせる内容の文字で 締めくくる私

でも・・・

元【彼】からは ハートマークが届く

準備万端 おいで・・・という意味

何も変わってない

そして なぜ私が 彼から離れて行ったのかも 未だにわかってない彼




「ごめん もうカーセックスはしない だから ゆっくり休んで」




彼が休んでるサービスエリアに わざわざ高速に乗り 駆けつける

そんな恋愛をしていた

彼の唇と 彼の胸板が好きだった

そして 何度も思い出すほど それは今でも好き

彼の腕は 私の理想

でも もうその腕に ホテルでゆっくり抱かれることは無いのかな

彼の忙しさは わかってる

その邪魔をしないように 彼に抱かれてた

でもそのうち 私はただの都合のイイ女と思われるのが嫌で

高速を降りてくることを要求した

彼には その意味がわからない




女なんて 面倒な性格と紙一重なのが 単純さなのに

愛されてる・・・錯覚

求められてる・・・勘違い

それだけで 男の元へ帰るのに

ホント 男って不器用なんだから




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「元気ないから」

サイトの中での私を見 【隣県のメル友】が心配する

それは 私が彼のことで落ち込んでると思ってるから・・・

違うのに




「アイが元気が無い理由って?」

「元カレの件だから いいの そのうち また忘れるよ
 会わなかったし・・・当分 連絡も来ないでしょう」

「元カレが 忘れられないの?」

「まぁね メールし始めてた頃に話したでしょう
 エッチは良くないし 人を傷つけるんだけど
 シチュエーションの持っていき方が好きで
 カラダも慣れてたからね」

「自分が未熟だから仕方ないけど 妬ける
 アイの心が そいつにあるって」

「サイズを気にしてるあなたと 同じサイズだよ

 エッチも 女性に対するマナーも ドS
 他の女との自慢話もするし 平気で私に飽きたって言うし
 私から連絡すると無視するし だからって 離れると
 連絡してきて 振り回すし それが嫌で 会わないって
 前に言ったの

 彼は納得してなかったけど
 私がそれまで傷ついてたのを知らなかったから」

「最近 そいつから連絡来たから また悩んでるの?
 また会いたいし エッチしたいけど
 嫌な気持ちにされたり 振り回されたりするのは嫌だから?」




何で・・・反復するの




「会いたかったくせに 我慢して会わなかったことで悶々としてる
 時間が解決するでしょう いつものことだし
 毎回毎回 流されて会う訳には いかない」

「会いたかったら会えばいいのに
 俺に会った時みたいに 自分で時間作って会うように連絡すればいいのに

 その結果 俺が捨てられても
 そいつでアイの心と身体が満たされるのなら 俺だって諦めなきゃいけないし」

「彼にも 私と同じ年くらいの彼女が出来たし 結婚の話もしてた
 そんな人と会い続けて これ以上ボロボロに傷つけられるのは 嫌だから
 ここは 切れないと・・・」

「彼女いようが 結婚してようが その男は何も変わらないままでしょ?
 悪い男のままだけど アイには都合の良い忘れられない彼なわけだし
 アイも割り切って 悪女になれば?
 だって 会いたいんでしょ?
 会えなくて寂しくて 落ち込んでたんでしょ?
 俺じゃ 埋められないんじゃ」




彼に関しては 当たってるけど

・・・あなたに 埋めてもらおうなんて 思えないし

まさかの・・・

期待していなかった




「会った後が 落ちるんだって 思い切り傷つけられて
 だから 会いたくないの
 いつものことだから そのうち落ち着くよ」

「会った後 ひとりになった時の心と身体の寂しさが嫌って?」

「寂しさどころの話じゃないの
 傷つけられて帰ってくるんだから 会わない方がマシなの
 今まで それでもノコノコ会いに行ってた私が馬鹿なのよ」

「会えなくて悶々としてたってのは
 それでも彼に会いたいってことじゃないの?」

「そうなんだけど
 初めて会った頃に戻れるわけじゃないし
 何も考えたくなかったから サイトではバカやってたし
 あなたには しばらく放っといてもらったじゃない」

「じゃあ 彼とは会う気が無いの? 連絡も取らないで完全に切るの?」




それは・・・ない

彼から 会いたいと言われたら 嬉しいし

改心してくれたら 会いたい




「そのつもりで あなたと会ってたわけだし
 しかも 同じ彼女持ちの人とww
 ほぼ怒り気味だったけど」

「彼には会わないつもりだけど 俺には会うの?
 彼よりヘタクソで ろくなエッチも出来ないのに?」

「いい加減にしないと 怒るよ
 その卑屈なセリフ やめて!

 本当は何も問題ないのに 自分で卑屈になってダメにしてる
 言っとくけど 彼は私をイカせられないからね エッチも良くないし
 もう寝る」




やっぱり 話さなきゃ良かったのか・・・

これで 私から離れて行ってくれたらいいなって どこかで思ってる

どうして 彼と比べるのか

別物なのに

関係ないのに

これは 私の問題

彼女が居るのに 浮気して私と会ってるあなたに どうこう言われて

私が 素直に聞くとでも?

少し 立場を考えて 話さないと・・・

私は自分をそう思って 積極的に行動できずにいるのに

他の人は そうじゃないのね




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「用事終わり! 本当に会うの?」

「じゃ やめとく」

「わかった」

約束の時間より1時間も早く用事が終り

【調教師】との時間が長く取れたことに嬉しさもあった

でも どうしても私と会いたいと 彼に言わせてみたくて

ちょっと冷めたメールの文字を打つことで あっけなく終了

私の冷めた態度に 彼も冷めたのか

それとも 女と居たか・・・

可愛くない私が悪い?

会いたいのに・・・傷つけられるのが怖くて

素っ気なく 突き放す物言い

彼の怒りを買うのは 当たり前

それでも 追いかけて欲しかったり・・・

女って 面倒な生き物




自分から 突き放しておいて 悶々とする

彼は その程度の気持ちだったのか・・・

私が 会わなくなった理由を言っても

それを解消してくれることも 癒してくれることもない

私だけが我慢すれば済むことだったのね




そんな 寂しさに打ちひしがれてる時に

いつもらしからぬ 真面目なメールを寄越す絶妙なタイミングの人がいた

以前から しつこくない距離感に好意はあった男性

でも 私の苦手なオジサマ

どうして このタイミングでメールなのか・・・

いっそ 落ちてしまおうか

悩みながらも 素直に本当の気持ちを吐露

それは 彼との待ち合わせ場所で 途方に暮れながらの返信




そして 数日意気消沈してしまう私




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


お気に入りのブロガーさんに コメント




それは 【調教師】からの誘いを どこかで待ちわび

でも 連絡が来たところで 会ったら同じことの繰り返しと

わかってるからこそ会わない方が良いことも

でも まだ彼に抱かれたい気も残り・・・

そして そんなことを考える必要などない

来もしない携帯着信を考えてる自分の愚かさ




そう思ってコメントしたのに その日の夜 まさかの通話着信

気晴らしに携帯を弄ってた私は 嬉しさで舞い上がり

すぐに出てしまう

そして 驚きテンションが上がってる空気のまま 彼と話す

それでも 無意味にも必死に突き放す振り

心の中では 切れたくない・・・

会いたい・・・

抱きしめられたい・・・

キスしたい・・・

そんな想いが 溢れてるくせに




「会いたいの? 会いたくないの? どっち?」

グダグダと 言い訳がましいことを言っても 彼にはお見通し

そして 彼もまた 求められて会いたいタイプ

「会う・・・」

会ったら 何かが変わる?

気持ちがスッキリする?

今までの気持ちをリセットして 割り切ればいい?




彼に会うまでの時間 楽しい

その 予定の6時間前

「仕事終わったから 今からどう?」

「水曜はダメだって・・・」

「ダメなの? しょうがないな」

あれほど何度も 決まった曜日でしか会えなかった日々

無理して自分の予定を削ってまで会った日々が

彼には どうでもいい時間だったんだろうな

「暇なら探せば キャンセルは受け付けるよ」

どうせ 他の女とやってから会うなら キャンセルされた方がマシ

女と会うのに 自慰してくるような奴・・・

「会わないよ そんな女いません」

嘘つき・・・




「じゃ 予定通り夜に」

「はい」




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「男の人の弱音って どうしても強く責めちゃうから私 ごめんね」


次の日 メールで【隣県のメル友】に謝罪


「女性一人ひとりにHの仕方があるって 勉強になるよ
 ワンパターンじゃなくその女性に会ったHの仕方がね
 次また会えるなら 昨日のメールは忘れずにいる」


「私が言い過ぎて怒ってるかと思った」


「気にしなくていいよ アイの言う通りだから
 でも一つ聞いていい? 何度も入れないの?って聞いたじゃん?
 やっぱり入れて欲しいのに しないから?」


入れて欲しいからじゃない・・・普通じゃないからでしょ


「私をイかせないと入れないのかな?って
 一番いいタイミングの時だったから
 あれ以上 愛撫をしつこくされても 冷めるところだった」


「勃ちが良かったら してたんだけど
 話した通り 勃ちが悪かったのが本音 ごめんな」





セックスできないのに・・・

彼女が居るのに・・・

何が楽しくて 他の女性との出会いを求めてるんだろう?

女性と同じく 求められたいからと 彼は言った




彼が 私と同じように ただ相手に求められたい

男性として 女性に求められる男性で居続けたい

その気持ちは確かにわかる

でも 男性としての機能が働かないとなると

女性は誰も 男性としては見ない

セックスアピールが消える

ただの友達など 本当は欲しいわけがない




この先 会う気が失せるのが 本音

それを どう彼に伝えよう

近くに住んでいたなら 簡単にドライブも飲みもデートも出来ようが

わざわざ 隣県の遠くから来て プラトニックなセックスをして帰る

そんな逢瀬 すぐに冷めてしまうに決まってる




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「妊娠のリスクも 病気のリスクも無い 健全なプラトニック
 あなたにとっての メリットは?」


そう 【隣県のメル友】に聞くと


「アイにデメリットはある?」


彼は 質問に質問で返し 私の怒りを買う


「私を満足させられないと勘違いし それを補おうと試みる執拗な愛撫」


「愛撫 イヤなの? 愛撫は俺の定番
 気持ち良くない 痛いっていうなら やめる
 俺のメリットは アイに愛撫できる楽しい時間
 アイを攻められるゾクゾクな時間 運が良ければ本番」


「愛撫も 最高潮に盛り上がった瞬間を逃すと
 しつこさで冷めて痛くなったり イライラしたり・・・
 仕舞いには 勘違いの押さえに入ったよね?
 あれはダメ! 旦那を思い出して カラダが男を拒むから」


「ごめん 本番してやれないから卑屈になって
 愛撫たくさんしようと勘違いしてるかもしれない
 やっぱり自分勝手じゃなく アイの反応見ながらやるよ」


「クンニで無理矢理イかせるのは 旦那の定番だからイヤだって・・・
 誰もわかってくれない
 女なら誰でもクンニを悦ぶと思って その思い込みを押し付けてくる
 だから オジサンて嫌い」


「クンニは気持ちいいけど イかされるのは嫌いか
 じゃあ 手マンでイかせたのは?
 たまには アイに褒められたいなぁ」


やっぱり わかってない・・・


「イク イかないは どうでもいい
 イきたければイクし 男性本位でイクのはイヤ
 あまりしつこいと そのうち演技でやり過ごして ココロが無くなる
 どうして イかせることにこだわるの?」


「イク=気持ちいい
 気持ち良くすると 女は満足すると思うから
 イかせた達成感もあるし
 イかせられないと 出来ない男 下手な男と思われるのが嫌だから
 俺は本番がイマイチだし 短小だから中でイかせられないし
 余計そう思う」


あぁ・・・イライラしてくる


「中に男性のモノが入ってる気持ち良さはあるけど
 イクときは 恥骨部分が男性と当たって気持ちいいの
 騎乗位の時も 女性が恥骨を擦りつけて痛がる男性もいるって聞く
 ピストンは そんなに気持ち良くない
 よっぽど太かったら別だろうけど
 みんなAVの見過ぎ・・・」


「私 前の人と手マンでも 挿入でも
 一度もイカなくても 気持ち良かったよ
 その人も イカせたがってたけど
 私の体質なんだと どこかで諦めてくれてたから 楽だった
 しつこいより 焦れったいくらいが 女は濡れる」




メールが 途絶える

怒ったかな・・・

私の方が しつこい?

こだわり過ぎ?

他人のことオジサン呼ばわりしてる場合じゃない

私も 立派な・・・オバ・・・




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
[ジャンルランキング]
恋愛
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
55位
アクセスランキングを見る>>
QR