FC2ブログ
≪ 2011 09   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2011 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【調教師】とは もう終わりなのかと不安に襲われ

その不安から逃げるように 闇雲に代わりを探し

奇跡的速さで タイプを絵にかいたような男性が現れ

一目で気に入った【ガテン系】




「毎日メールする人とかって 嫌ですか?」

「嫌じゃないよ」

その言葉のとおり 毎日メールをくれる彼

謙虚さは 若さと経験不足からくるのか

その飛び込んで来ない消極さが むしろそそられる

年配の人には無い 慎重さ?

それとも その落ち着きは

私に興味が沸いてこないということかな・・・




「こんばんは」

彼は 挨拶のみの文字を打つ

会話のキャッチボールは いつも私から

「今日は寒かったね もうヒーターとかつけてる?」

「まだですね」

「私も でも車のヒーターはつけてるかな」

「俺もです 車はさすがに」

彼からの私への問いかけは 無い




若いということは

社交性に欠ける・・・

今は 私が彼に興味があるから 会話を振るけど

もしも 興味が無い人なら つまらない男でしかない




にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


忙しさに 度が過ぎると

寂しさが込み上げてくる

そんなこと考える暇すら無いのに

フッと 見てるようで見ていない遠い目で 物思いに更ける




声が聞きたい・・・




こんにちはの 絵文字だけのメールを打つ

「友達と遊んでるよ」

返信が来る

「ごめんごめん コンビニ弁当を一人で食べてたら
 急に寂しくなっちゃってww・・・ごめんね」

「誘えばよかったね またあとで」

「うん」

声は聞けなかったけど コミュニケーションがとれただけで

私の不安は一蹴 安心感が胸いっぱいに広がり

食欲が増すww




私らしくもない

弱音を吐くなんて

でも 弱音を吐けるのは【調教師】にだけ・・・




にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


生理前の疼きは 尋常ではない

「あ・・・待って・・・」

【テル】が我慢できずに発してる言葉も

聞き入れずに 自ら揺れようとする私

「あ・・・」

「・・・?」

「・・・ごめん」

彼の動きが 完全に止まる




絞め付け過ぎに 私が我慢できずに揺れたせいで

あっけなく果てた彼

女性からしたら 好きな人を いとも簡単にイかせられたら

ちょっとした幸福感

でも彼は しきりに自分を責め 謝ってばかり・・・

私がわざと そうしたのに

「ごめん・・・本当にごめん」

「謝らなくてもいいよ」

落ち込んでる彼の前で 笑ってばかりの私




「二人とも 汗も掻いていないのに」

そうね 汗どころか 汗ばみもしないほど 早かった

でも その気持ちだけで十分

生理直前まで 体を重ねられるなんて こんな幸せ無いから




謝りながらも 彼は時間の無い中 2ラウンド目に挑戦

「時間大丈夫?」

「・・・うん・・・あ・・・はn・・・」

もう一度だけ あと一回だけ もっと・・・

欲しくて欲しくて たまらなかったの

たとえイケなくても 彼の肌の温もり 彼の大きさ

彼の存在を抱きしめたい




彼は 深くイキ

私は満足し

ほどなく 生理が来た




にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「今日って たしか・・・」

【テル】は 私の予定日を覚えていた

「うん・・・遅れてるから 会ってもいいかなと」

「大丈夫なの?」

「たぶん ストレスから遅れてる 前にもあったの」

彼に言ってるようで 自分に言い聞かせてる私




1時間しかない逢瀬にも 彼は私との会話を優先し

なかなか手を出さない

生理の遅れが気になりながらも 疼きを抑えられない私は

彼が手を出しやすいように 対面で座るのをやめ

彼と並んで座る

トイレから部屋に戻ってきた彼は すぐに私の頬に手を伸ばし

視線を私の唇に落とし 顔を近づけてきた

「時間 無いけど・・・いい?」

「うん・・・」

エッチ無しでもいいなんて お互い嘘よね

何度も重ねた体が目の前にあったら 我慢なんてできない




最近は 少しばかりの不安がよぎる

そろそろ マンネリになって 濡れなくなるんじゃないか・・・

以前のように 上手くできずに終了するんじゃないか

でも 彼の何かが弾け 少しばかりの強引さが

今の私には新鮮

そして 胸の愛撫だけで濡れていく・・・

それを確かめる彼の指

「生理が近いと 血の匂いがするんだね」

「え・・・」

彼の言葉に驚き 彼の指に触れる

やだ・・・

まだ 色は付いていないけど 彼に匂いを感じさせてしまった

恥ずかしい・・・

ということは 今にも 始まるのかな




「あn・・・あ・・・はn」

その時

ドンッ!!

壁を叩く音

「ごめん 隣の人に うるさいよね」

「いいよ いつもは逆に うるさくされてるから」

「でも・・・」

「聞かせてやればいい」

もう・・・




にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


規則正しく訪れていたものが 1日遅れる

すぐに焦りを感じ 自分に言い聞かせる

「大丈夫 1日くらい」

2日目

夕方まで待っても気配すらない

あまりの焦りに 神経があそこに集中し

何度も流れるような感触を味わうが 無色透明なもの

3日目

危険日にカラダを重ねたのは 誰だったかしら?

記憶を呼び覚ます

危険日を伝えても 膣外射精で避妊できると思ってる馬鹿ばかり

やはり これからは 危険日には装着してもらおう

大丈夫 ストレスのせいよ

考えれば考えるほど ストレスになるから

考えないようにしよう




「会える?」

【テル】からのメールに 不安を感じながらも

「土曜に」

直前に 生理が来たら それはそれでいいわ




にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「忙しい・・・?」

【調教師】からのメールを 待ち疲れ

新しい子を見つけた様子が伺えるやり取りを目にし

それを どうこう言えない立場に落ち込み

それでも 諦めきれず 悶々とした日々を送っていたある日

連絡しても たとえ返信があったとしても

会えない忙しさと 生理予定の中

彼が恋しくて恋しくて

なんて打っていいのかも わからないまま

文字を並べる・・・




「割とね」

返信があった・・・

「そう・・・」

素っ気ない返事をしてみる

「ツッコミなしか・・・もしかして最近の心境って・・・金曜は?」

「生理なの・・・
 会いたかったら もっと早くメールすれば良かったのよね私」

「じゃ 再来週とか」

「うん・・・」

「それまで 悶々とした日々を過ごすんだなww」




キ―――――ッ(怒)

ムカつくムカつくムカつく




嬉しい・・・(泣)




やっぱり

彼がいい

素直になって良かった




ホテル代・・・

また 私もちなのかな(泣)




にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


私の火遊びで

【テル】との 久しぶりの快楽の余韻が

薄れてしまう

全く バカなことを・・・




【テル】が どんなに優しく 紳士な男か

他の男性に抱かれなきゃ気付かなかったのか

本当に馬鹿な私




これほど 続けて嫌な思いをすると

本当に あるボーダーラインから上の年齢は

受け付けないカラダになってしまいそう

年齢を重ねていたら 落ち着き 余裕で スマートに

且つ真摯に 紳士らしく テクニックも華麗に・・・

そんな理想は 全く吹き飛ばされる

どうして? たまたま? 本当に?

重ねた人生経験は 時として邪魔なのでは?

それは 女性である私にもあること

無駄ではないはずの経験と知識が

相手の未熟さと無知を 否が応でも目立たせる

初心(うぶ)で可愛らしい女でいたいと思っても

ついつい 男性を下に見てしまう経験の豊富さ

これが無ければ きっと どんな男性も

頼もしく 魅力的で 素敵な人に見えるのに・・・




久しぶりの【テル】との激しくも刺激的な逢瀬が

記憶から弾き飛ばされてる

少しずつ 記憶をたどって上書きしなきゃ・・・




ごめんね・・・




にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


すっかり【テル】のサイズに馴染み

他の人では 物足りなくなってるのが実感できる

私の中いっぱいに広がる彼・・・

ローション無しでも受け入れられるほど この日は

私のカラダが 彼を欲している

いつもは キツイ思いをするか 彼が完全体にならずに

中途半端に終わる行為が なぜか 触れれば触れるほど

彼は激しさを増し 私は潤いを増す

これを待っていた・・・望んでいた




素敵なものを持ってる人ほど テクニックは無い

その大きさに苦労してるか もしくは

大きさにだけ頼り 精進しないか

この日の彼は イクと決めていたらしく

躊躇なく揺れ 気持ちのままに高まり

イケない私を 気持ちで満足させるほど 激しい・・・

我慢していた叫びが 部屋いっぱいに広がる

そして 彼がイク瞬間

最大にして最強の感触を味わう

これが 本来の彼・・・




「この間メールした時 久しぶりに自分で したんだ」

「え? 珍しい・・・」

だから 持久力が違うのか・・・

いつもなら 私の中にいると動けずに堪えてる彼

物足りなさで 私の方が揺れるほどなのに

「アイさん どんどん激しくなってない?」

「だって 気持ちいい・・・」

2ラウンド、3ラウンド・・・

彼に触れられるたび高まる 火照ったカラダ

徐々に渇いていくどころか いくらでも溢れる愛液




どれだけ 待ち焦がれていたのだろう

・・・違う

彼の行為に冷め始めていたタイミングでの

彼の激しさに驚き 新鮮さを見出したから・・・




にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


アパートに独り暮らしの【テル】が

私との逢瀬を いつもアパートで済まさずに

ホテルと半々にしてくれる優しさに

私は甘えている

こんなに 優しくしてくれる男性が他にいるだろうか




「おにぎりの匂い してない?」

「しないよ」

キスをしながら 彼に母性本能が芽生える

駐車場に先に到着していた彼は 私を待ってる間

ひとり コンビニのおにぎりを食べていたかと思うと

可哀想で 愛惜しい・・・

ランチもディナーも なかなか一緒に取れない関係

それでも彼は たった2時間の私との逢瀬のために

時間とお金を費やし 寂しさに目を閉じる




「隣の部屋から喘ぎ声が聞こえると 寂しくなって・・・」

「・・・・・」

「好きな人に傍に居てもらいたくなるんだよ」

「・・・・・」

「だから この間 傍に居て欲しいってメールしたんだよ」

「・・・・・」

好きなの?私を?どうして?・・・なんて 聞けない

「好きな人となら 早くイってしまいそうになるよ」

「・・・・・ふぅぅん」

そんなに 「好き」「好き」 言わないで・・・

恥ずかしさと 後ろめたさで 顔が見られなくなる




「あ・・・や・・・」

「いや? 一番感じるところだよね」

「でも・・・嫌なの」

「もしかして 気持ち良くなかった?」

「痛いの・・・」

「ごめん・・・じゃ 噛まないよ」

噛んでたのか・・・

良かった・・・彼に言えて

彼の愛撫が いつにも増して気持ち良く感じられる

この日の彼は いつものソフトタッチに加え

珍しく 激しさのある揺れ・・・




聞いてみて♪と彼が薦めてくれた曲

彼が薦めてくれる曲は いつも切ないもの・・・

彼の 想いなのか・・・




にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ



主婦は・・・平日の日中が蜜の時間

曜日も指定し 自分の時間に支障のない程度で

楽しみがあったらいいな・・・と

そう 最初に言っていたのに・・・

やはり 日中に会える人となると

仕事もしてない得体の知れない人が現れるのではないかと

気持ち悪さと怖さが入り混じり

普通に仕事をしてる人が 一番だと気付く

交代勤務 土日出勤の仕事だと なおいい・・・w




普通に仕事をしてる たまに私のために有休を使ってくれる【テル】

最近は 土日の逢瀬が当たり前に・・・

危険すぎる 主婦の火遊び

ショッピングモール大駐車場

日曜日の昼 満車に近い混雑

知らない人などいない地元

自然にしていないと むしろ不審

「こんにちは」

「久しぶり」

この場所での待ち合わせは 初めてじゃない

いつものように 彼の車に乗り込む

ただ いつもと違って 明るい昼間

二人の時間を長くとるために 彼は私に合わせて

私の場所へと少しでも歩み寄ってくれる

近くのホテルを調べ 私を一番に考えたホテルは・・・

元【彼】と通い詰めた場所




「来たことある?」

「・・・ううん」

咄嗟にでる嘘

見覚えのある場所に 可笑しな感覚

不思議と【彼】を思い出さない・・・

今の私を脅かしているのは そんなことじゃない

【テル】の・・・彼の愛撫が 私を不安にさせる

先日のような しつこい甘かじりの行為をされたら

旦那の時のように 殴りたい衝動に駆られそうww




バスタオルを巻いて 彼の待つベッドに歩み寄る

ねぇ テルは 私のカラダに 飽きてないの?




にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
[ジャンルランキング]
恋愛
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
71位
アクセスランキングを見る>>
QR