FC2ブログ
≪ 2011 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2011 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

「一緒に入ろう」

そう言って 私をバスルームに招き入れる【ワル】

彼がひとしきり体を洗い湯船に浸かってから 私を呼んだのには訳がある

後からシャワーを浴びる 私の姿を見るため?

一緒にお風呂に入るのは 初めてじゃないのに

4ヶ月半ぶりの裸体は・・・恥ずかしい

湯船に足を踏み入れ 向き合って浸かろうとすると

彼の手が伸びてきて 私の体の向きを変え 後ろから抱きしめる

彼の肩に顔を乗せ ガラス張りの浴室に ベッドルームからの明かりに照らされた

私の顔を見つめる彼 その顔が近づいてくると

私は 彼の唇へと視線を落とし 静かに目を閉じ 彼の唇を受け入れる

会いたかった・・・抱きしめられたかった・・・その想いを腕に込め

彼にしがみつくように強く抱きしめる

その力に応えてくれる私を抱きしめる彼の腕が嬉しい





ベッドルームに戻り 私の身を包んでいたバスタオルを剥ぎ取り

彼は私を 胸のほうへと抱き上げる

私の重みを感じながら彼は オレンジ色の照明にマジックを掛けられた私に

「アイは 童顔だよな」

嬉しい・・・そういう表現で言われたのは初めて

使い方 間違ってないかなww

頑張ってお手入れしてきて 良かった・・・(〃▽〃)




「お風呂だと気付かなかったけど 濡れてる・・・」

彼の指が 音を立てて 私の秘部をかき回す

「あn・・・」

「乳首舐めて・・・」

彼の小さな乳首を舌で転がし 舐め 吸い 噛みつく

「あぁ・・・」

男性の漏らす吐息が好き

硬く隆起した彼の乳首を置き去りにし 私の舌は乳輪から

脇 首筋 耳 彼の唇へ そして 下半身へと這って行く




まだ そんなに彼のモノを愛撫していないのに

彼は 私の頭を押し避け 起き上がり

私に覆い被さりながら 私を見下ろす

早く来て・・・目で訴える私

彼の唇が 私の唇から乳首へと移動し始めると

私の吐息と愛液は漏れ始め 彼を欲しさに私の手は

彼の背中から 彼の腰へと 曲線をなぞり お尻を掴む




「欲しい?」

「うん」




にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
[ジャンルランキング]
恋愛
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
46位
アクセスランキングを見る>>
QR