FC2ブログ
≪ 2021 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2021 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

若いころ・・・とりわけ独身のころは

こんなに穏やかに 男性を想うことはなかった




その頃なら

自分一人の時間や 友達との時間を優先したくて

恋人を煩わしく思う時はあっても

恋人からの誘いを のんびり待ってるなんてことはなく

むしろ 相手との熱量の温度差やズレを感じることが多々

だからか

今のこの程度の間隔で会うのが

私には ちょうどよく感じる時もあれば

少し物足りなく感じる時もある




正当な(?)ラブラブ恋人関係を築けた人が

少なかったことで

今更この年齢になってから

恋人ごっこをしたくて しょうがない




付き合ってる男性と

ブラブラと 買い物したり

映画を見たり

ドライブしたり

スーパーで食料品を買い出ししたり

そんなことを

じっくり ゆっくり 静かに

もっと経験したかったんだろうな きっと




平静を装いながらも

大きな体の【公務員】の彼と二人 買い物をしながら

涙が出るほどの嬉しさを感じてる




人前で 堂々と

”恋人同士”を行動にしてくれる

ただそれだけなのに




勘違いしちゃいけない

思い上がっちゃいけない

望んじゃいけない

欲張りになっちゃいけない




でも

夢見てしまう

もはや 年齢も環境も忘れて

妄想に暴走してしまう




幸せの絶頂期に 果てたいと思った

小説「愛の流刑地」の冬香の気持ちは

こんな感じかしら・・・

と 思わずにはいられない




手に入らないものほど

羨望し 貴重に思え 満足を感じる

そして

そういうことが幸福だと信じて 疑わない




それでも私は

一人の時間も好きなのだ




矛盾してるような

でも それを叶えるなら

二人でいても気にならず

居心地のいい人

だからといって

異性としても感じない訳じゃなく

愛おしい気持ちも持てる相手

そんなパートナーに出会えた人は

世界に いったい何人いるのかしら





にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


目を閉じてる女なんて

魅力がない




最中は恥ずかしくて目を閉じていたのに

そんなAVを見ていたら

その女優に魅力を感じないことがわかった

そうなると・・・目を開けてる私を見て欲しい

唐突に そんなことを考える




いつも部屋を暗くしてくれる 【公務員】

それなら 隠したい部分も見えづらいもの

自信をもって 彼を見つめたらいいじゃない

そして 彼を見つめてる私を 見てもらったらいい




彼の私を見つめる目も

キス顔も

イキ顔も

私のほうからだって 見つめたらいい




と 意気込んでも

うっかり目を閉じてしまうのが私

たとえ 彼が背後にいても

彼の厚い体を抱きしめ

彼の顔が私の耳元にあったとしても

彼の顔を上から見下ろすタイミングでも

私は 目を閉じてしまう

ダメダメだ・・・




彼の腕の中で目を覚まし

彼が再び 私を愛するとき

彼のその手を払い

私は目を見開いて

彼の全身を 愛する




愛おしく

丁寧に

まんべんなく

舌を這わせる




今日は スペシャルコースで

貴方を食したい




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


男は目的を果たし満足すると

暫く連絡しない




女は?

別れた後でもすぐに連絡が欲しい生き物

男からのアフターのメールは 女の気持ちを左右する




先日会った男からは 暫くラインが途絶えた

こちらとしては 願ってもない結果

あちらも 良くなかったと後悔してるのかもしれない




そう思っていると 突然夜に電話

「どうしたの? いきなり電話なんて珍しい」

「飲みの帰り」

「酔ってるの?」

「突然電話されたら困る状況だから言っとこうと思って」

「え?」




彼は 妻帯者なこと

車は 自分の車だったけど 私を乗せたくなかったこと

私から 突然電話をすることは禁止なこと

妻は物分かりのいい女で

処理目的の浮気は許すけど 愛人や不倫は許さないと

普段から言ってること




所謂 関係を続けたいから踏み込まれたくない部分を

カミングアウト?

どうして男は 独身と嘘をつくのかしら

そりゃあ 独身好きを公言してる私の手前

嘘をついてまで やりたい気持ちはわかる

でも 独身じゃなくても 相手に

会いたいと思えるほどのコミュニケーション能力があれば

どんな条件も関係ないのに・・・




「随分 理解のある奥さんね」

「うん」

「携帯を見られたりしないの?」

「お互いのためにも見ないほうがいいと思ってる二人だから」




常に一緒にいる女には 欲情しなくなる男たち

たまに会う恋人の時期は 会うたび愛し合い

同棲すると いつでも出来る事に慣れ 欲情しなくなり

女から求められると 義務的にこなす

そして 他の味を食したくなる生き物




女は・・・肌が馴染めば馴染むほど

甘え 抱きしめられ 愛されたいと思う生き物

どうして 同じ人間で 夫婦で生きていくのに

同じ本能じゃないのかしらね




「今度 いつ会える?」

何度も会う関係は 許されないんじゃないの?

隠したい関係にするつもりなのね

「忙しいから ムリ」




貴方が思うほど やりたいオバサンじゃないのよ

やりたくて会ったわけじゃないのよ

心の拠りどころになる人なら・・・と

だから もう会わない




本当に会いたい人は・・・

いるのにね




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


テンポのいいLINEのやり取り

電話をすれば声もいい

そうなると

会ってみてもいいかなとなる




単純な声フェチ 笑




声から想像する顔立ち

姿かたち

立ち居振る舞い

グッとくる仕草の男であってほしい




期待しないようにしていても

ついつい期待してしまう

それが人間の本性




3年半越しのLINEの末に初めて会う男




待ち合わせ場所に現われたのは

遠い地から転勤で5年もこちらにいると聞いたからか

地元民にしか見えないほどこの地に馴染んでる人




「車は?」

「ごめん」

「え? 私の車?」

「嫌?」

「嫌よ」




たとえ年下でも リードしない男は嫌

女に任せる男なら 会いたくはなかった

どうしよ 帰りたい・・・




男を助手席に乗せる慣れない運転

行き慣れないホテル

馴染みのない肌

慣れない初めての人




何度後悔しても やめない私




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


特に性欲がある訳でもないのに

他の男を物色したくなるのは

何故だろう




突然 以前やり取りしてる人からLINEが来ても

誰なのか わからない 笑

慌てて 過去のLINE履歴をスクロールすること数分

それでも わからない

いったいこの人は サイトでは なんていうハンドルネームだった?

サイトのメール履歴を検索すること さらに数分

もう いいや 正直に聞こう





「どなたでしたっけ?」

失礼極まりない高飛車な中年女

いくつか話を聞いても 一向に記憶が蘇えらない

同じようなやり取りを いくつもしていた結果だ





で? 何の用?

と 聞きたいところだけど その言葉は飲み込み

何気ない世間話でつなげる

「会いたいな」

「なぜ?」

「嫌ですか?」

「嫌っていうか・・・会って・・・誰得なのかなぁって」

「俺得 笑」

いやぁ・・・中年女に会って 得するわけがない

変な期待されて 勝手にガッカリされるのは本望じゃない




それから 数か月置きに 時々LINE

この人は いったい何を考えて つかず離れず繋がってるのかしら

相手が見つからないから?

拒絶されていない中年女でもいいから 会ってみるか

みたいな?




そこなんだよね 男と女の違い・・・

男は性処理の相手として見てる

それに対して女は・・・

”愛”を求めてる

別に 男女間の”愛”じゃなくてもいい

人を思いやる気持ちの”愛”でいい

もしくは その時限りの 一瞬の”愛”でもいい

贅沢を言えば 好きになってもらいたい欲求はある




この人は

果たして 長く愛し合える人なのか




私が

ひとり寂しい男であってほしいと期待するのは

何度でも 私を求めて欲しいからなのかもしれない
 



にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


私を優先順位のトップにされたら

そりゃあ女は 勘違いする




「”休日”ってことは 家族には内緒で」

このまま 私とだけ会って 職場に戻るの?

休みなのに 家に帰らずに?

【公務員】の彼の言動が

嬉しいのに 複雑な心境




別に 私を喜ばせようと思って

言ってるわけじゃないのかもしれないし

リアクションに困る・・・




本当は その前日から会いたかった?

一晩 ネットカフェで過ごしてまで

私に合わせてくれる 彼の気持ちが嬉しい




きっと 職場の禁欲生活にしびれを切らしたのよね

いつも 2度愛されることに慣れ過ぎて

私は どっぷり貴方に甘え

どこかで 未来の不安よりも 安心感に包まれてる

貴方に いつまでも性欲がありますように・・・笑




常に鍛えてる彼の太い腕に抱え上げられて

今日も私は 潤う女になる




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


こんな世の中になろうとは

誰が予測できたろう

そして

大切で大事な人を失う悲しみが

こんなに多い年になるなんて

想像もしていなかった




その影響力は大きい

ともすれば 引き寄せられ

吸い込まれそうになる

悲壮感・・・

絶望感・・・

空虚感・・・

亡くなった彼等に同調すると

同じ世界に迷い込みそうになる




彼等に想いを馳せると

とめどなく溢れる涙に

失った彼らの尊大さがわかる




彼等に引き寄せられて

自分を見失いそうになっても

どこかで思いとどまる支えになっていたのは

【公務員】のおかげかもしれない




でも

そんな彼に対してでも 内緒にしてる秘密がある

いつ打ち明けようか

いや このまま打ち明けずに

隠していようか




打ち明けたところで

どうなるわけでもない

でも

秘密は あったほうがいい

隠しているという どこか神秘的要素が

色気を醸し出す場合もある




なんてね

ただ 打ち明けて 私を重荷に感じられるのが

恐いだけ

かな




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


会ってから また1週間後に会ったり

そうかと思えば 1ヶ月も空いたり

それでも 平常心で待っていられるのは

「女としての自信」 なのかしら




「元気ですか?」

「うん 忙しくて動けないタイミングで連絡が来ないから

以心伝心かしらってw」

「お待たせしましたw」

待ってた・・・少しばかり不安だった・・・

【公務員】からのラインに

ホッとしてる自分がいる




何となく 2週間ほど経つと

そろそろかな・・・と 身だしなみを気にする私

仕事終わりの急な呼び出しに応じたいという下心から




「自由」と「不自由」を 手に入れた 今の環境に

不自由な中にも 自由な時間に対応すべく

好きなことをしようと 気持ちの切り替えをして

ネガティブ思考から ポジティブシンキングへ




ネイルとペディキュアで 気分を上げよう

また以前のように髪を伸ばして

女性らしさの演出に 一役買ってもらおう

ショートヘアでカモフラージュしてたイメージも

もう気にする必要がない




未来が楽しいと思えれば 気分は晴れる

目標や計画があれば ワクワクする

その時が近付けば キラキラしてくる




・・・て

たかだか 彼に会うのに

壮大な計画を立てたくなるって

そんなに 彼が恋しかったのかしら私




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


「産毛処理しないとか・・・そういうのが・・・」

そういうのが?

前に 【調教師】に言われ

ドキッとした




確かに 彼に会うのに 自分のメンテを怠ってた

全てをさらけ出してた彼に もう

そんな面倒なことしなくても いいか

って 油断してた

どうせ 彼だって 最初の頃のように

身だしなみを整えて 紳士的に会ってくれる訳でもないし

どんどん太っていく彼が

私に甘えてると思い込んでたし




でも 男の人は 自分のことは棚上げして

女には いつまでも綺麗でいて欲しいらしい

逆に 女だって 同じなんだけどね




あの時は

はぁ!?って ムカついてたけど

あの言葉に 今は感謝してる

常に 初めて会う気もちで 身だしなみに

気を遣うようになったから

それでなくても この年齢

ちょっとでも 身だしなみが疎かに見えると

やっぱ 「オバサン」って 思われるから




オバサンに 変わりはなくても

せめて いつまでも綺麗にしてるオバサンでいたい

「ありだな」って 言われるような・・・




自分から 「オバサン」という言葉は

絶対口にしないけど

そんな謙虚さも忘れず

若さの替わりに 可愛い気で勝負だ!笑




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ



「仕事が通常業務に戻って 忙しくなりました」

「そうなんだ・・・」

「今度 いつ会えますか?」

「私のほうは シフトが変わって 時間が取れなくなったの」




【6年ぶりの既婚者】からの 深夜のラインは

傍らに子供を寝かせての状態と

以前 聞いた




会いたい・・・

この年齢は 1分1秒でも間を空けたら

劣化が進む気がして 焦る




自意識過剰の 気のせい?

違う

相手を思う胸の躍り

抱かれるときの安心感と

下腹部の緊張

満たされた瞬間の締まりが

女を 劣化から妨げる




なんてね

いかにもなことを 論じてみても

根拠がない

そんなこと あるのかしら

恋してる女は 劣化しないとか




劣化しない女優さんは 恋してると

本気で思ってたけど

単に 整形でアンチエイジングしてただけ

それでも その若さを鏡で見て

自分に ときめくのかもしれない




イイ男は 年を取ると渋みが増すから

いいわよね

女は どうだろう

年上ならではの 落ち着きと 優しさと 余裕

そんなことを 年上好きの若い男に求められて

その言葉を 本気にしてる




今 世間の環境が目まぐるしく変わっている

日本は 「問題」を 封じ込めをせずに

共に暮らすことを選び

会社も お店も それに準じて

大きく変わりつつある




恋人たちも 出会いも 恋愛も

変わっていくのだろうか




一緒にいることが 苦痛になる関係

それとは逆に

一緒にいたくなり 結婚する関係

人間は 苦境に立たされると

選択を迫られる精神的な試練が 訪れるようだ




願わくば

現実から逃げ出した人の後を追うような

病みの中に 吸い込まれないように

しなくては




にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ


現在の閲覧者数:

アイ

Author:アイ

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
[ジャンルランキング]
恋愛
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
93位
アクセスランキングを見る>>
QR